デキタスの評判はどう?無料体験から入会した小学生ママの口コミ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、家事や育児、お仕事でがんばる女性を応援する女性のための情報サイトを配信しています、ふわりー編集部です。

今回紹介するのは小学中学生向けのWEB学習システム「デキタス」について。

通信教育のデキタスは、塾よりも格段に安い料金で良質の教材を提供してくれるといった声も多く、口コミだけで利用者も年々増え続けているんだとか。

そこで今回ふわりーでは、実際に無料体験からデキタスに入会してみた小学6年生ママにお話を伺ってみました。

  • デキタスってどんな通信教育なの?
  • 料金はどれくらい?
  • 教材はわかりやすい?
  • インターネットが苦手なママでも大丈夫??
  • などなど、お子さんの通信教育にデキタスを検討中というママは是非参考にしてみてくださいね。


    WEB学習システム「デキタス」とは?

    デキタスとは
    デキタスを運営しているのは、成績保証の個別指導塾「城南コベッツ」や難関大志望者も多く利用する「城南予備校」などで有名な(株)城南進学研究社で、教育現場では30年以上の実績を持つ会社です。

    WEB学習システムのデキタスは、学校の勉強を確実に理解していく事を目指して開発された小中学生向けの通信教育で、教材は城南進研グループの講師陣が監修したオリジナルの教材を使用。

    ポイントを押さえたわかりやすい授業と質の高い良問で、おうちにいながら学校での学習内容の定着をサポートしてくれます。

    デキタスの口コミ!選ばれる理由とは?

    口コミ
    実際にデキタスを利用しているという人の口コミから、デキタスを選んだ理由や評価されている点、メリットなどをまとめてみると、

  • 塾に行かせるより格段に月々の負担が軽い
  • 近くに塾がなく、送迎もできないから
  • 専用の機器が不要なので初期費用がかからない
  • 子どもが嫌がらずに勉強してくれるから
  • 高学年になってから学校の勉強に遅れがち
  • 学校で習うことを短時間の授業にまとめてある
  • 紙の教材ではないのでかさばらない、散らからない
  • 子どもにとってデキタスの授業はわかりやすいようだ
  • その場で採点してくれるので、問題がサクサク解ける
  • 間違いの傾向を把握して、自分の子どもに合った問題を出題してくれるオリジナル性
  • 親が学習の進捗や習熟度を把握できるので、効果的な声掛けができる

  • などなど、実際にデキタスを利用しているママからは評価が高い様子です。

    公式サイトで詳しく見る

    無料体験からデキタスに入会した小学生ママに聞きました

    ここからはデキタスを利用しているママに、実際の学習の様子や教材について詳しくお聞きしました。

    体を動かすことが好きな息子は、土日もサッカーの少年団に入っていて、平日もサッカースクールに通っているため高学年になっても家庭学習が身についてなくて(;^_^A

    4年生くらいまでは成績も普通よりは上だったので特に気にしてなかったんですが、5年生になる急に難しくなったみたい。

    特に5年生の2学期以降は行事も多く、委員会もあったりで、宿題させるのが精いっぱい(笑)

    送迎の事やスケジュール、金銭的な事を考えると塾に通うのは無理だと思い、通信教育を探してました。


    お子さんにデキタスをさせてみようと思った理由・きっかけは?


    ゲームみたいでとっつきやすい教材
    デキタス授業画面
    インターネットで小学生向けの通信教育を探している時に偶然見つけたのがデキタスです。

    実は個人的にはイラストが好みじゃなかったんですが、今時の子ってキャラクターとか好きなのでこういうタッチの画面の方がゲームぽくてとっつきやすいのかな?と。

    他の通信教育にはあんまりない感じで目を惹きました。

    見た目にカラフルな画面なので、あんまり真面目な印象じゃなかったんですが、教材は結構本格的で、有名な塾の講師が監修してるらしいので意外といいかもしれないって思いました。


    入会金・専用タブレット不要で受講料もリーズナブル

    習い事を始めるときって、だいたい入会金が必要だったりするんですが、デキタスは月々の受講料以外に一切お金がかからない、というのが気に入りました。

    他のWEB学習システムでは専用のタブレットを購入しないといけなかったり、故障したときの保険料とか?

    通信教育を始めるにあたっての初期費用や煩雑な手続きがないのが助かります。

    また、受講料が1ヵ月で3,000円(税抜)というのも魅力的だと思います。

    《デキタスの受講料》
    【小学生】3,000円(税抜)
    【中学生】4,000円(税抜)
    ※初期費用・専用タブレット不要

    学年が上がるたびに値段が上がっていく通信教育もありますが、わかりやすい料金体系ですね。

    中学生になっても月々4,000円なので、子ども合っていればずっと続けられる金額だと思いました。

    ちなみ補足しておくと、小学生一律3,000円となっていますが、1.2年生と3~6年生で受講できる科目が異なっています。

    デキタス受講料・受講科目一覧表
    ※デキタスの教材は、はインターネット(Wi-fi )境環があれば、自宅にあるパソコンやタブレット、スマートフォンなどで受講できるシステムです。
    デキタスを受講するための環境については、事前に公式サイトを確認してくださいね。

    公式サイトで詳しく見る

    無料体験でお試しできる

    親が良さそうだと思ってもやるのは子供なので、無料体験があるのが助かりました。

    最初は興味なさそうでしたが、公式サイトの授業サンプル(アニメ動画)を見せてみると結構その気になってきて(笑)無料体験を申し込む事に。

    パソコンとかそんなに得意な方ではないんですが、サイトも見やすくて入力していくだけなので簡単でした。


    体験に必要な項目は以下の4つ。
  • 「アカウント名」の設定
  • 「パスワード」の設定
  • 「メールアドレス」
  • 「体験希望学年」

  • 5日間でデキタスを使いこなせるようになる無料体験の内容

    デキタスの無料体験では、メールで届く「デイリーミッション」を通じて実際のデキタスの教材で学習を進めていくうちに、5日間でお子さんがデキタスの機能を使いこなせるようにしてくれます。

    最初に届いた「デイリーミッション1」には、デキタスのログイン画面へのアドレスを教えてもらえるのでまずは手順通りに子どもが使っている教科書の出版会社を設定します。


    教科書の出版会社を設定することによって、学校の授業と同じ内容で学習を進めていくことができるんですね。

    ログイン画面はお気に入り登録しておくと、子どもでも簡単にログインできるようになりました。

    毎日届くメールには、その日のミッションをクリアするための手順がわかりやすく書いてあるので、子どもでも画面を操作しながら身につけることができます。

    この5日間のミッションをこなすことで、デキタスでの学習の流れをバッチリ理解することができるようになっています。


    《1日目:授業動画を見よう》
    1日目は授業を見る、というのがミッション。

    受けたい授業の科目と単元を選び、授業動画を見てみます。

    デキタス受講画面
    操作はとても簡単なので、一度見ることができれば、次々と見たい授業が受けられます。
    また、一単元ごとの授業は子ども集中力が途切れないように5分前後で終わるように工夫されています。

    デキタスの授業動画をみる子ども
    授業を見終わった後には、内容の理解度を○×方式の問題チェック。授業動画がわかりやすいので、スラスラ解けてやる気もUPさせてくれます。

    〇Xチェック
    キャラクターが、驚くほどゆっくり淡々と説明している授業なので、最初は子どもが楽しめてるのか疑問でしたが、意外と受け入れていてビックリでした。ゆっくり淡々と話すほうが耳に入りやすくてわかりやすいのかな?と思います。


    授業動画は何度でも見ることができるので予習・復習にもぴったり。自分のペースで勉強を進めたいという子供さんにもおすすめです。

    《2日目:基本問題を解いてみよう》
    授業動画を見ることができるようになったら、次は基本問題を解いてみる。
    デキタスには基本問題・チャレンジ問題・キミ問ピックアップの3種類があり、2日目は基本問題を解いてみようというミッション。

    デキタス基本問題画面
    基本問題では基礎的な問題が10問出題され、1問10点の100点満点。
    チャレンジ問題はこの基本問題で100点を取るまでロックされているため解くことができなくなっています。

    基礎をきちんとクリアしなければ応用問題に進むことができないので、基礎力を鍛えることができます。
    ちなみに基本問題はやるたびに問題がランダムに変わり、一つの基本問題でも2,8000通りの組み合わせが存在しているので、何度挑戦しても、新しい問題に出会えるので基礎力を定着させるにはぴったり。

    《3日目:キミ問を解いてみよう》

    キミ問とは?
    キミ問は、基本問題・チャレンジ問題を解いた正答率をデータ解析して、間違いやすい問題をピックアップ。
    子どもそれぞれに合わせた最適な問題を出題してくれます。

    基本問題とチャレンジ問題が混ざって出題されるので「まとめ学習」として活用でき、また間違いやすい問題を優先的に出題してくれるので復習や苦手克服にもおすすめです。

    《4日目:ニックネームを登録しよう》
    4日目は学習以外の機能について学びます。

    デキタスは、「授業を見る」「問題を解く」だけではなく、システム内でのランキングやイベントを開催しており、デキタスで学習する仲間と競い合うことができるのも大きな特徴。

    ニックネームを登録しておくと、全国得点ランキングなどにも表示されたり、イベントへの参加など、ゲーム感覚で学習へのやる気を引き出す仕掛けが満載です。

    《5日目:テストモードを活用する》
    テストモードは定期テスト対策にぴったりの学習です。

    科目を選び、学校で学習した単元を複数選択して「問題を作成」をクリックするだけで、広い範囲から問題が出題されるため各学期ごとのまとめテスト対策におすすめ。

    また、夏休みや冬休みなどに活用すると、学期ごとの広範囲を効率的に復習することができます。

    これがデキタス5日間の無料体験の内容。
    毎日少しずつ取り組むうちに、ゲームの操作を覚えるようにデキタスの機能や特徴を身につけることができます。

    実は6日目が「デキタスに入会しよう」というミッションなんですが、それは5日間の無料体験で子どもが気に入るかどうかもあるので、、、
    我が家では、5日間の無料体験では子どもも楽しんで取り組めたようで、やる気のあるうちにと、入会してみました(笑)

    デキタス公式サイト

    家庭学習を徹底サポート!デキタスの学習法


    デキタスの学習の進め方

    5日間の無料体験で経験したように、デキタスの基本的な学習の進め方は、毎日ログイン後に科目を選び、単元一覧から単元を選んで始めます。

    ①授業動画を見る
    ②基本問題を解く
    ③チャレンジ問題を解く
    ④キミ問を解く
    ⑤テストモードを活用する

    学習する時間や科目、単元を自由に選ぶことができるというのはデキタスのメリットでもありますが、自由過ぎると逆に学習計画を立てづらいというデメリットもありますよね。

    そこでデキタスでは、入会後も計画的かつ効率的に学習が進められるように徹底サポートしてくれます。

    毎月届く情報誌&学習カレンダー

    デキタス会員情報誌
    こちらは入会後毎月送られるデキタスの情報誌。
    学習をサポートするママへの情報はもちろん、お子さんと一緒に楽しめる読み物となっています。
    デキタス会員情報誌
    さらに計画的な学習をサポートしてくれる学習カレンダー付き。

    学習カレンダー
    毎月1回学習計画を立てることで、得意科目や苦手科目の偏りをなくして効率的に学習を取り組めるようになっています。

    毎月1回カレンダーが届くので、お休みの日を利用して親子で計画を立ててますね。中学に入った時には自分で計画を立てられるようになってほしいと思っているので。
    上の子は中学生ですが、テスト前の学習計画がめちゃくちゃなので、下の子には今から仕込むのにぴったりです(笑)

    「がんばった」が一目でわかる

    「やってると思っていたら、白紙の教材が山積み!」
    というのは、通信教育の“あるある”ではないでしょうか?

    デキタスでは、お子さんのがんばりが一目でわかるように、学習した単元がどこまで進んでいるのか?どれくらいの時間取り組んだのか?など学習の進捗状況や習熟度一目でわかるようになっているのもポイント。
    ママが効率的に声掛けすることでお子さんの学習ペースをコントロールし、学習への取り組みをバックアップしてくれます。

    やる気を継続せる工夫がいっぱい

    デキタスが目指しているのは以下の2つ。
    ①教科書内容の確実な理解(基礎・基本の定着)
    ②学習習慣を身につける
    そのため、デキタスでは《楽しい》《わかる》《できる》そして《つづく》工夫がいっぱい。

    《イベント開催で“楽しい”》
    デキタスでは随時更新されるランキング以外にも、年に数回開催される全国イベントを開催。

    デキタスのイベント
    WEB上で仲間と一緒に競い合い、楽しみながら基礎学力を定着させる遊びの要素も取り入れています。

    《教科書に対応した授業で“わかる”》
    実際に学校で使っている教科書に沿って学習を進められるので予習・復習にもぴったり。
    学校で学ぶ内容を5分前後のコンパクトな授業動画で、集中力を途切れさせず楽しみながら学習できます。

    《スモールステップで“できる”を実感》
    「授業動画」→ 「〇×チェック」で基本をクリアしたら、基本問題で教科書の内容を確実にマスター。

    さらにチャレンジ問題で応用にも挑戦。細かいステップをクリアしていくことで、知らない間に負担なく「デキタ」を増やしてくれます。

    《がんばりを形に変えるデキタポイント》
    ログインポイントや学習ポイントなど、デキタスではがんばりに応じてデキタポイントがたまります。

    デキタポイント
    たまったポイントは自身のアバターや景品に交換することができます。

    デキタス景品一覧 デキタス公式サイト


    デキタスに入会した小学生ママの口コミ

    デキタス会員情報誌
    家庭学習の習慣がなく、高学年ながら宿題以外の勉強をしたことがなかったわが子でしたが、無料体験が楽しかったようで入会後も嫌がらず取り組んでくれています。

    まだ自分から取り組む、というよりは声掛けは必要ですが、やり始めると“ハマる”らしく、次々と問題を解いています。

    デキタスの問題を解く子ども
    〇×がすぐにわかるのが、次々取り組めるポイントかも?

    ゲームみたいなので、間違いによる挫折感を感じにくいように思います。

    授業動画では理科と社会がお気に入り。学校で習うよりも先に見ているので、“学校での授業が楽しくなった”と言っていたのでビックリ。

    知らず知らずのうちに予習もできるようになり、歴史に興味を持つようなりました。

    毎月計画通り、というわけではありませんが勉強がおもしろい、楽しいと思えるようなってきたのは一つの収穫。

    デキタス学習カレンダー
    勉強以外の習い事も忙しいので、今の所の目標は「毎日ログイン」(笑)ですが、高学年のうちに勉強を楽しいと感じてもらえると今後中学、高校での過ごし方も変わってくると思うので、まずはデキタスで家庭学習の習慣づけ、基礎力の定着を目指したいと思っています。
    デキタス公式サイト

    デキタスはこんな親子におすすめ

    デキタス学習画面
    うちの子のようにゲーム好きで、おうちで勉強する習慣のない子には合ってるんじゃないでしょうか(笑)?

    我が家は中学受験を考えているわけではないので、とにかく中学になった時に困らない程度に小学生の間に習ったことは最低限身につけてもらいたいなって思っています。

    苦手科目なら基礎だけでも、得意で好きな科目なら応用問題で学力を伸ばせたらいいなって。

    チャレンジ問題は、親が見てても結構レベル高いです。遊び感覚ならうちの子でもこんな問題にも取り組めるんだ!ってびっくりしますよ。


  • 学校で習ったことは最低限身につけてほしい
  • 塾に通わずに家庭学習だけでしっかり基礎を身につけたい
  • お子さんに勉強に対して少しでも興味を持ってもらいたい
  • うちの子は机に向かうのは苦手だけど、通信機器には興味がある
  • お子さんに勉強の楽しさを知ってもらいたい

  • また、デキタスは教科書に沿った教材で、さかのぼり学習も可能。
    お子さんの不登校など学習の遅れが気になるという人にもおすすめです。
    デキタス公式サイト

    まとめ

    いかがでしたか?

    今回はWEB型通信教育「デキタス」の学習方法やどんな教材なのか?など、体験者の口コミも交えてレポートさせて頂きました。

    初期費用が不要で、リーズナブルな価格ながら教材が良質であるだけでなく、学習を楽しめる工夫がいっぱい。
    まずは5日間の無料体験で体感してみてはいかがでしょうか?

    働く女性、家事や育児に奮闘するママを応援する情報サイトです。美容、健康、子育て、女性だけのデリケートなお話など、役立つ情報をお届けできればと、女性ライターのみで運営しています。商品や企業様の広告掲載に関しては、メールでお問い合わせ承っております。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。