さくらメンテナンス工房訪問レポ!戸建てマイホーム安全快適を維持するには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!”働く女性、家事や育児に奮闘するママに、たまには「ふわっ」と肩の力を抜いてほしい”をコンセプトに、お役立ち情報をお届けしています「ふわりー」です。

今回は、マイホームの寿命をググっと伸ばすホームメンテナンス&リフォームの「株式会社さくらメンテナンス工房」さんにお邪魔してきました!

一戸建てマイホームのお手入れについて、こんな悩みはありませんか?

  • 修繕したい所はいくつかあるのに全然できていない
  • 忙しくて庭や玄関まで手入れが間に合わない
  • 家の維持費ってこれからどれくらいかかるのか心配
  • 経年や自然災害で見えない場所の家のダメージが気になる

  • 一生に一度のお買い物ともいわれるマイホームですが、5年、10年と住み続けていると家のあちこちに不具合が、、、なんてことありますよね。集合住宅の場合では月々の管理費から賄うことができますが、マイホームの場合はその都度急な出費に悩まされることも。

    そこで今回は、ホームメンテナンスのプロから大切なマイホームの管理に必要なメンテナンスについてや、さくらメンテナンス工房さんが提供しているサービスなどを詳しくお聞きしてきました。



    ホームメンテナンスのさくらメンテナンス工房さんにお邪魔しました!


    関東と関西を中心に支店があり、地域密着型でホームメンテナンスサービスを提供しているさくらメンテナンス工房さん。

    今回は、現場でも活躍されておりホームメンテナンスのプロともいえる及川さんと企画担当の佐﨑さんにお話しを伺いました。


    マイホームは、購入する人にとっては一生に一度買うか買わないか?ぐらいの大きなお買い物。

    そんなマイホームを、購入した時のままいつまでもキレイで快適に過ごすためにはそれなりの管理も必要ですが、実はどんな管理が必要なのか学ぶ機会ってなかなかありませんよね?

    とある試算によれば、“戸建てのマイホームの維持費は30年間で約800万円以上かかる”とも言われており、いざ購入してみると意外と維持費がかかることに驚いている人も多いのでは?

    今回のインタビューでは、お住まいのマイホームを快適な状態で維持するためにどんな事が必要なのか?またできるだけお金をかけずにおうちを長持ちさせるには?そんなマイホームの管理法について伺いました!

    マイホームの寿命ってどれくらい?

    及川さん
    日本の住宅寿命は欧米に比べて短い
    全く手をかけずに過ごした場合、日本の住宅寿命は約30年と言われています。

    こちらの資料でアメリカやイギリスの方が日本よりも長くなっているのが分かります?

    一戸建ての寿命
    ふわりー
    これはなぜなんですか?
    及川さん

    これは車にも同じことが言えるんですが、日本ではおうちを買われても自分で整備できない事が多いんです。

    映画のシーンにあるみたいに、欧米では壁を塗りなおしたりして“ご自身で”おうちのメンテナンスをするんですよね。

    傷んでいる所に気づいたら、その都度直していくことで寿命が長くなっているんです。
    ふわりー
    日本ではそういう文化は根付いていないのでしょうか?
    及川さん
    少しずつですが今やっと根付いてきて、DIYとか流行ってますよね。DIYもメンテナンスの一部になりますよ。

    メンテナンスとリフォームって何が違うの?

    及川さん
    メンテナンスは「今あるものをそのままの状態で長く使うために維持・管理すること」です。
    マンションの場合には月々の管理費を支払っていると清掃してくれたり、その都度外壁を塗りなおしたりしてくれますよね。

    メンテナンスは健康診断のように定期的にみて、その都度手をかけて修理したりして現状を維持する。

    及川さん
    定期的に診た時に、このままではダメ、例えば風呂釜など、古いものを取り除く必要がある時や、新しいものと交換する必要がある場合、物を新しくしてその性能を上げるのが“リフォーム”になります。

    ふわりー
    なるほど。リフォームする事もメンテナンスの一部だということですね。

    おうちを長持ちさせるには、修繕修理、リフォームなどを行って「その都度手をかける」事が大切なんですね!

    きれい&快適を保つ!戸建て住宅に必要なメンテナンスとは?


    ふわりー
    では一戸建て住宅ってどんなメンテナンスが必要なんでしょうか?

    私は集合住宅なので排水管の高圧洗浄は2年に1回のペースでしてもらえるんですが、そういうのもメンテナンスですよね。

    実家は一戸建てでしたが子供のころから排水管を洗浄した経験がなくて(;^_^A 大人になってビックリしたんですよ(笑)
    及川さん
    そうですよね、戸建てマイホームの方はなかなか定期的なメンテナンスってできないと思います。
    どんな頻度で何をやっていいか?基準が分からないという人も多いと思います。

    こちらのリストは財団法人の住宅金融普及協会の「住まいの管理手帳」に掲載されている戸建て住宅の標準的な点検項目です。

    住まいの点検項目
    及川さん
    こういうものがあったらわかりやすくて便利ですよね。

    ふわりー
    日常的なものから、随時、2.3年、5年10年間隔のものまであって、やっぱり住宅のメンテナンスって幅広いんですね(゚д゚)!

    戸建て住宅の点検項目
    ふわりー
    日常的なお掃除の延長上にあるというか、年末の大掃除よりも長いスパンで行う清掃作業という感じのものもありますね。

    及川さん
    あくまでも一部の目安です。車も持ち主の乗り方や走行距離によって変わるのと同じで。家の傷み方も過ごし方や家族構成でもずいぶん変わってきますので。
    ふわりー
    なるほど。小さなお子さんがいると壁紙とか障子とかもよく破れたりしちゃったりしますよね。
    及川さん
    こちらの点検周期も目安なんですけど、見て頂くとおうちのメンテナンスってこんなに?と驚かれる方多いですね。

    ふわりー
    そうですね。おうち購入する時にここまで考えてる方いらっしゃらないと思います!ましてやこれを個人で管理するとなると、、、難しいですよね(;^_^A

    さくらメンテナンス工房では家屋の点検もされていますが、どれくらいの頻度でするものなんでしょうか?

    及川さん
    弊社では年に1回を目安に家屋点検を行ってます。会員様ですと無料のサービスになります。

    ふわりー
    意外と多いですね。2.3年に1回くらいだと思っていましたが、家屋点検のポイントってありますか?頻繁に見ておいた方がいい所とか?

    及川さん
    特に気になるのは排水管です。
    排水管って人間の血管のようなものなんです。だから詰まってしまったり、そういう所は見ていきますね。

    後は壁なんかも。地震や災害に遭われた時は年1回に限らず行かせて頂く事もありますね。


    佐﨑さん
    こちらは弊社のホームページにも載せて頂いている排水管の高圧洗浄の事例になるんですけど。

    集合住宅では2年に1回とおっしゃっていましたが、意外と油汚れとか固まったものが溜まっておりまして(;^_^A ちょっと開けるとびっくりしてしまう状態になっているんですね。それを高圧をかけてこそぎおとすして、キレイにしていきます。

    さくらメンテナンス工房の排水管洗浄
    ふわりー
    こんなにキレイになるものなんですね。
    及川さん
    実際作業に訪れると、皆さん同じような反応してくださいます。とても喜んでくださいます!

    我が家は集合住宅なので必ず2年に1回来てもらえますが、一軒家のマイホームは自身で管理しないと行けないのがネック。
    排水管などは特に普段は目に見えないからトラブルが起きて初めて気づく、なんてこともありそうです。
    一軒家に水廻りのトラブルが多いのもうなずけますね。

    建て替え?リフォーム?メンテナンスのメリットとは?


    ふわりー
    近所では世代の入れ替わり時期が来てまして、ご両親が亡くなられた後にお子さんが新しく家を建て直して住んでいたりもするんですが、メンテナンスしてリフォームしながら住み続けることもできますよね。
    及川さん
    ホームメンテナンスの一番のメリットはやっぱりコストの削減!
    建て直しとなると、今あるものを取り除いて新しく作る事になるのでコスト的にみてもかなりかかります。

    私たちは、お客様のお財布の中から大きい金額を出さずに済むように、定期的に見て、必要であれば手をかける。

    10年以上健康診断をせずに何かみつかった場合と、1年ごとに健康診断を受けていて何かみつかった場合とでは、治療にかかる金額ってやっぱり違いますよね。

    私たちはメンテナンスをさせて頂いているので、せっかくあるおうちを大切にできるだけ長持ちさせましょうというお話はさせて頂きます。思い出もありますしね。でもそこは本当に、お客様と相談しながら二人三脚でやっていきます。

    欠陥住宅ってどんなもの?


    ふわりー
    欠陥住宅という言葉が数年前にTVでも話題になっていました。
    おうちを建てて、いざ住み始めたら不具合が見つかった、でも法律的な見解では欠陥住宅に当たらないとかで問題となっていました。実際にはどういったものが欠陥住宅と呼ばれるのでしょうか?


    及川さん
    明確に欠陥住宅とわかるのが、“本来あるべき場所にものがない”場合。
    家の構造上、絶対にないといけない場所ってあるんですよ。

    特に重要なのは、“構造躯体”(こうぞうくたい)と呼ばれる「床下の基礎」「土台」「小屋裏の柱」「梁(はり)」など。



    及川さん

    梁(はり)は”部屋裏(へやうら)“という場所で普段は見えない所にございます。

    だから欠陥住宅というのは、目が届かない事も多いです。

    本来あるべき場所にものがなかったり、ゆるんでいたりとか。

    ふわりー
    なるほど。欠陥住宅は主に“構造躯体”の問題が多いんですね。もっと目に見えるわかりやすい症状なのかと思っていました!

    及川さん
    見えない場所も徹底的に見極めます!

    もちろん目に見える不具合の場合においても原因があります。それが欠陥住宅だからなのか?別の理由なのか?そういう事を調べるのも私たちの仕事。

    実際私たちは家が作られる所は見ていないので明確でない所もあるんですが、おうちを支えるための躯体構造で柱や梁(はり)って見れないですよね。
    でも人間の骨と同じように、とても大事な部分だと思うので。メンテナンスの際にはそういった所をしっかり見ていきます。

    さくらメンテナンス工房のホームメンテナンスサービスについて


    さくらメンテナンス工房人気NO.1のサービスとは?

    及川さん
    エアコン・レンジフードクリーニングが人気NO.1
    エアコン洗浄とかレンジフードなどのクリーニングサービスは特に主婦の方多く利用されてますね。。

    ふわりー
    洗浄やクリーニングってダ●キンさんとか清掃業者に依頼するものって勝手に思い込んでいました。こういったサービスもホームメンテナンスになるんですね(゚д゚)!

    及川さん
    おうちの事は全般的に任せてください。
    最近は普段お仕事されてる主婦の方も多いので、お掃除もなかなか手が届ない事ありますね。私たちは基本的におうちの事は色々させて頂いてます(*^^)v

    さくらメンテナンス工房のハウスクリーニング

    さくらメンテナンス工房の得意分野は?

    及川さん
    やはり「見えない所」でしょうか。
    メンテナンス全般させて頂きますが、特に見えない場所をメンテナンスすることでおうちを長生きさせます。

    例えば、水廻りのトラブルってよく聞きませんか?

    ふわりー
    ありますね。よくポストにマグネットが入ってますけど。実際いくら請求されるか怖くて呼べないんですよ(笑)

    及川さん
    水のトラブルは本当に結構多いんです。
    弊社では会員様向けにレスキューサービスも無料でさせて頂いてます。

    やっぱり排水管は油で詰まってしまうと人間で言う所の動脈硬化みたいなもので。

    ちょっと気持ち悪い画像ですが、こういった感じになってしまうです。

    タメマス
    及川さん
    正直2年くらいでもこういった状態なります(;^_^A

    ふわりー
    すごいキレイですね!

    及川さん
    ありがとうございます。私たちもこうやって写真撮るんですけど、皆さん感動されます。お客様に喜んでいただけると本当に嬉しいですね。

    ふわりー
    そうですよね。エアコンやレンジフードもそうですけど、やっぱりプロの手は違いますね。


    排水管はどうして詰まる?

    及川さん
    油は排水管で固まりやすい

    先ほどの白い固まりは油なんですけど、皆さん洗剤を使って洗うと界面活性剤で分解されて流れていくと思っていませんか?

    実は排水管の下までいく温度が下がってしまうので、たとえ分解された油でもまた固まりとなって詰まりの原因になってしまうんです。
    洗う時には洗剤に混ざっていても流されていくうちにその効果が薄れてしまって、、、

    この写真の部分は“タメマス”と言って一旦水が貯まる所なんですが、水より重い物は下に沈んで、水より軽いものは浮かせる。その間に管があるので水だけが流れる造りになっているんです。

    ふわりー
    油は軽いからここに貯まってしまうんですね。では油が貯まり過ぎたらいつかあふれてしまうことも?

    及川さん
    そうなんですよ。油の固まりで中が詰まってしまわないよう清掃して、持ち帰って、処理させていただいています。

    目が届きにくい雨どい洗浄もプロの手で

    及川さん
    同じ見えない所でいうと、“雨どい”とかもそうです。

    及川さん
    屋根の上に登ってふちにある雨どいの中を見るってなかなかできない作業なので、こういう部分もプロの手でさせて頂きます。

    最近は家の高さ自体が高くなってきているので、自分でメンテナンスするのは難しくなっているんです。




    実際にお話しを聞いてみると、ホームメンテナンスという言葉が本当に幅広い意味があってびっくり。
    清掃作業から修理まで、家の建物維持にかかるほとんどが、さくらメンテナンス工房さんのサービスに含まれています。

    安全快適を維持するために行っている家屋点検とは?


    こちらがさくらメンテナンス工房さんが行っている家屋点検サービスの内容を一覧にしたもの。

    ふわりー
    6項目に渡ってかなり細かく、いろいろな項目をチェックしてもらえるんですね(゚д゚)!

    《屋根検査》《壁検査》
    及川さん
    屋根の上ってなかなか見ませんよね。雨どい、瓦などに割れ、ズレ、そういったものがないかを見ていきます。
    壁検査では、家の内と外が繋がってる外壁や、家の壁は床下とも繋がっているので下の方から順にみていきますね。

    ふわりー
    壁検査に記載されている“白亜化検査(はくあかけんさ)”とはどのようなものですか?

    及川さん
    これは“チョーキング”ともいわれるんですが、壁を触ると手に白いチョークの粉のようなものがついてしまう現象です。


    チョーキング現象
    及川さん
    壁の防水効果が切れてくるとこのような現象が起こります。

    ふわりー
    なるほど。チョーキング現象というのは劣化症状の一つということなんですね。

    その他「壁の検査」には床下からの雨漏れ検査も入っているんですね。

    及川さん
    はい、床下にも入らせていただいて見させて頂きます。おうちの健康診断なので見えない所までしっかりと(笑)

    お客様にとっては一生に一度、買うか買わないかの大事なおうちですのでね、点検ではしっかりとチェックさせていただきます。

    《躯体構造検査》
    ふわりー
    躯体構造検査というのは、欠陥住宅についてのご説明でもあったように、床下の基礎や土台、小屋裏の柱・梁(はり)などを見てもらえるんですね。すごいですよね、年に1回ここまで診てもらえるというのは。

    《給排水管の検査》《水廻りの検査》
    及川さん
    排水管についてはお掃除しながら検査もするといった感じで(笑)水廻りの検査も排水管とも繋がっていますので、床下からすべて見させて検査させて頂きます。

    ふわりー
    水回りでいうと、キッチンってすごく複雑ですよね?こういうのも中まで診るんですか?

    及川さん
    蛇腹ですね。やっていきます。あそこ見たことありますか?衝撃的ですよ。

    佐﨑さん
    こちらの画像、あまりにも衝撃的なので、ホームページに載せてないんですよ(;^_^A

    ふわりー
    これはスゴイですね(゚д゚)!確かに衝撃的です(;^_^A
    こういうところまで徹底的にしてもらえる、という事なんですね。

    《内装の検査》
    及川さん
    あとは内装の検査です。壁紙のはがれやシミ、浮き、フローリングの傷などがないかを見させていただきます。

    ふわりー
    壁紙やフローリングも気になったらチョコチョコ直したりすることもあるんですが、やっぱりプロのの人がやると仕上がりが違いますもんね。

    清掃や検査に簡単な修繕まで付いている!充実の家屋点検サービス

    及川さん
    簡単な修繕もサービスでやります!

    弊社の家屋点検サービスには簡単な修繕もサービスでさせて頂いています。傷み具合にもよりますが、その場で直せるものはできる範囲で修繕させて頂いています。

    壁の高圧洗浄
    佐﨑さん
    例えばこちら壁を清掃してる所なんですけど。壁も高圧で洗浄していきますとちっちゃなひび割れとかもあります。

    及川さん
    壁は汚れているとどこにひびが入っているか分からないんですよ。なので一応汚れを取ってみて。

    さくらメンテナンス工房のリペアサービス
    ふわりー
    清掃・検査に加えて簡単な修理も兼ねてやってもらえるなんてすごくお得感があり過ぎます(笑)

    佐﨑さん
    ありがとうございます。おかげさまで皆様に喜んでいただいています。

    清掃や簡単な修繕までサービスでしてくれるというさくらメンテナンス工房さんの家屋点検サービス。とってもお得感がありますね。
    実際、ちょっとした傷みを見つけていても忙しかったりすると、自分ではメンテナンスできなくて放置しがち。
    「これくらいいいか」という小さなあきらめが積み重なると、おうちもボロくなっちゃうし、傷みもだんだんと大きくなって、修繕に予想以上にお金がかかってしまうことも。
    なので、定期的にこまめに点検することでメンテンナンス費用も抑えられてコストダウンにも繋がります。

    マンション管理を戸建てでも実現!さくらクラブとは


    さくらクラブは、さくらメンテナンス工房さんが行っている“地域密着型の会員制ホームメンテナンス”です。

    さくらクラブは、月々一定額を管理費として支払う集合住宅型のホームメンテナンスを戸建てのマイホームに置き換えたもので、独自のノウハウで地域を集中して管理することでローコストで集合住宅と同じようなメンテナンスを提供してくれています。

    月々わずかな会員費で、年1回の家屋点検や水廻りのトラブルへの対応はもちろん、エアコンやレンジフードなどのクリーニングなどマイホーム管理に必要な様々なサービスを受けることができる画期的なサービスとなっています。

    さくらクラブのメリットを教えてください

    及川さん
    突然のトラブルも無料サービスで対応

    弊社はまず、年に1回おうちの健康診断をさせて頂きます。
    普通はおうちに不具合が見つかった場合、その都度大工さんや工務店さんを呼ぶことになち、その都度出張費や点検費、修繕費等がかかってしまいますよね。

    水廻りのトラブルとかもどこに電話したらいいかと困ると思うんです。
    エアコンやレンジフードのお掃除も、どこに頼むかによって1回1回電話しないといけないですよね。

    私たちは電話1本で、これらの事すべてがまかなえます。しかも月々定額の中からまかなうのでその都度代金を頂く事はありません。

    ふわりー
    予測できない出費が抑えられるっていうのはいいですよね。安心感があります。


    格安でサービスを体感!初回限定【さくらモニター】がお得な理由

    ふわりー
    さくらメンテナンス工房さんがマイホーム管理に必要なサービスをさまざまな形で提供してくれていることが、とても良く分かりました。これらのサービスが、すごく安くしてもらえるモニター制度があるんですよね?

    及川さん
    モニター価格でサービスを体感していただけます!

    そうなんです。初回限定ですが「さくらモニター」という形で、弊社のクリーニングサービスを7,000円で提供させて頂いております。

    どういう事をしてもらえるかも分からない状態で、いきなり会員になるというのは難しいですよね。なのでお試し洗浄という形で。

    佐﨑さん
    本当に7,000円でやってくれるんですか?というお問い合わせを結構頂きます(笑)

    及川さん
    なぜ7,000円なのか?という一番の理由は、「弊社のお仕事を知っていただきたい」という所。

    清掃が終わった後に、弊社はこんなサービスもやってますよ、とちょっとしたさくらクラブの紹介も含めてこちらのお値段にさせて頂いてます。


    【初回限定】さくらモニターの内容&詳細


    【対応可能エリア】東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・兵庫県・大阪府
    【条件】戸建て住宅(賃貸住宅を除く)
    【金額】7,000円(税込)
    【内容】排水管洗浄 or 雨どい洗浄[防虫防除・家屋点検サービス・リペアサービ付き]
    ※クーリングオフ対象
    ※大阪府・兵庫県限定メニュー有り(1,000円~)


    ふわりー
    家屋点検サービスやリペアサービスもセットになっていてかなりお得ですね
    大阪と兵庫県では限定メニューもあるみたいですが、さくらモニターで一番利用が多いサービスは何ですか?

    及川さん
    やはり排水管洗浄ですね。ビフォーアフターの写真を見て頂きますと、皆さん感動されます(笑)

    ふわりー
    やっぱりそうなんですね!さくらクラブも月々の管理費としてはお手頃だと思うので、実際に体感してもらって検討してみるのもいいかもしれませんね。


    月々2,500円から選べる「さくらクラブ」のメニュー一覧

    地域密着型の会員制ホームメンテナスサービス「さくらクラブ」には現在3つのプランがあります。
    参考までに基本のサービスをご紹介していますが、その他割引サービスもあるそうです。
    ■さくらハッピーコース/【月会費】5,000円(税抜)
    《基本サービス》
    ①リペアサービス(年1回)
    ②家屋点検サービス(年1回)
    ③水廻りのトラブルレスキュー(年2回)
    ④テレフォンサービス
    【オールクリー二ングサービス(年1回)】または【セレクトクリーニングサービス2カ所】
    ■さくらフレッシュコース/【月会費】3,000円(税抜)
    《基本サービス》
    ①リペアサービス(年1回)
    ②家屋点検サービス(年1回)
    ③水廻りのトラブルレスキュー(年2回)
    ④テレフォンサービス
    【セレクトクリーニングサービス】
    ■さくらクラブ シロアリバスターコース/【月会費】2,500円(税抜)
    5年に一度、シロアリ防除施工をおこなうサービスです。
    《基本サービス》
    ①リペアサービス(年1回)
    ②家屋点検サービス(年1回)
    ③水廻りのトラブルレスキュー(年2回)
    【シロアリ防除サービス】
    さくらクラブについて詳しく知りたいという方は、まずは格安でサービスを体感できる「さくらモニター」を利用してみてくださいね。



    まとめ

    今回は、地域密着型で戸建てマイホームを管理してくれるさくらメンテナンス工房さんにお邪魔しました。

    実際にお話を伺ってみると、一軒家のホームメンテナンスには日常的に行うものから5年、10年のスパンで行うものなど管理する項目がとても多いことに驚かされました。
    ましてや最近は共働き家庭も多いので、個人管理で一軒家を安全で快適な状態に維持管理する事ってとても大変な事ですね。

    なので、マンション管理を一戸建て住宅に置き換えたという会員制のホームメンテナンス「さくらクラブ」はとても画期的なサービスだと思いました。

    管理費としては月々も少額で良心的。急な出費が抑えられるだけでなく、エアコンなどのクリーニングサービスなども受けられるって主婦にとってはとてもありがたいサービスも付いています。

    維持費がかかるからマイホームを手放したい、一人で管理するのは難しい、家のあちこちが気になり始めたけど、、、、
    そんな人は是非一度、さくらクラブのサービスをお得に試せる「さくらモニター」を利用してみてはいかがでしょうか?

    SNSでもご購読できます。