プレ幼稚園行くべき?泣いている子供を見るとかわいそう…いつかは慣れる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、家事や育児、お仕事でがんばる女性を応援する女性のための情報サイトを配信しています、ふわりー編集部です。今回は、育児に関するお悩みを当サイトでライターもしてくれている大隅千明先生に聞いてもらおうという企画第3弾です。

※ふわりー編集部では、2~6歳(就学前)のお子様をお持ちのママ100人に育児に関するお悩みをお聞きしました。その中から、順にお悩みと元幼稚園教諭の大隅千明先生からアドバイスをいただいています。ママのお名前はニックネームで公開しています。


今回は、幼稚園に通う前に、その環境に慣れるようにと通う「プレ幼稚園」に関するお悩みです。

最初から楽しく幼稚園に通ってほしいけど、泣きながらでも「プレ幼稚園」に通わせるべき??

とお悩みのママにおすすめの記事です。

泣いている子供…プレ幼稚園に行かせるべき?


《相談者のママ》
ママのペンネーム:pandaQT
お子様の性別&年齢:2歳 女の子

pandaQTさん
来年から幼稚園に通う予定です。少しでも環境になれるようにと、プレ幼稚園に通っています。

週に1回、1時間半の母子分離の教室なのですが、お迎えに行くたびに泣いています。

先生の話では、泣いているのは最初と最後だけで、工作やリズム遊びなどはやっているようなのです。しかし、他の子は楽しそうにしているのに、一人だけ泣いているのを見ると心配です。

娘は甘えたで、普段から私にべったりなので、その1時間半も彼女なりに頑張っているとは思うのですが…泣いている姿を見ると、プレ幼稚園に行かせるのもかわいそうに感じてしまいます。

でも、離れる環境にも慣れてほしいという思いもあったりして、私の思いも揺れ動いてしまっています。このまま頑張って通い続ければいつかは慣れて、楽しく行ってくれるのでしょうか?


大隅千明先生からのアドバイス

大隅千明
こんにちは!12年間の幼稚園教諭を経て、子どもにとって1番の環境であるママや先生のサポートをしたく、現在は、絆フェスティバル開催や育児個人コーチング、保育園、放課後デーサービスなどにマネジメントやイベント提供をしています、大隅千明です。


プレ幼稚園は行っても行かなくてもOK!

子育て・育児
pandaQTさん、こんにちは^ ^

プレ幼稚園に行くか迷っているということですね。

結論は、どちらでも大丈夫です◯

え?って思いましたか?

よーーーく考えてみてください。pandaQTさんが、海外旅行に行ったとします。

行った場所は、何語か分からない場所。何をするかも知らされてない場所。そして、誰も知らない場所。

これを見ただけでも、結構なチャレンジをしてると思いませんか?これに加えて、大人なら、何か起きた時に対処できる能力がありますが、2歳の年齢には、まだその能力が備わっていません。

これは極端な例ですが、まさにお子様は、同じようなお気持ちをされてると思います。

子供の不安を受け止めてあげる

子育て・育児
「他のお友達は、泣かずに初めから楽しく溶けこんでるのに。。なんで?」

はい、確かに、新しい場所にすぐに溶けこめる子もいます。

でも、お子様に関しては、今の時点では、そうではありません。泣いてしまうということで、少なからず、不安があるのだと思います。

子どもにとっての1時間半を結論長いと思います。しかし、泣くのは、最初と最後だけだということで、活動があれば、楽しめるお子様だと思うのです。

なので、泣いたときは、「少し不安を感じてるのか!」と、それをただ受け入れて、

「でも、今日はこんなことできるって!」と、期待を持たせた後、初めと帰りは、寂しくなっちゃうといけないから、ママがおまじないかけてあげるね!と2人だけのおまじないをかけてあげて、良い意味で、気を紛らわせても良いと思います^ ^

今通えなくても、年少でも、1学期いっぱいは、泣く子もいますが、必ず、楽しくいけるようになります。だから、まだまだ2歳のお子様だから、泣いて当たり前!

「幼稚園に行く?」と子供に聞いてみる

子育て・育児
毎回、お子様に聞いてみてください。

「今日、◯◯で遊べるみたいだけど、幼稚園行く?」と。

どうしても連れていきたいなぁということであれば、具体的な目的を伝えて、ママから誘うのもいいかもしれません。

「幼稚園でどんなことするのか見に行きたいから、ママと一緒に行ってくれない?」などと^ ^

どのタイミングであれ、子どもは必ず、泣かずに楽しく通えるようになりますよ!

幼稚園教諭として12年間働き、子どもにとって1番の環境であるママや先生の支援がしたいと独立。
絆フェスティバル♥イベントや、脳科学、心理学、コーチングを組み合わせた、育児個人コーチング、保育園、放課後デーサービスなどのマネジメントをしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。