子供が部屋を散らかしてぐちゃぐちゃに!物を置かないようにするのは正解?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、家事や育児、お仕事でがんばる女性を応援する女性のための情報サイトを配信しています、ふわりー編集部です。今回は、育児に関するお悩みを当サイトでライターもしてくれている大隅千明先生に聞いてもらおうという企画第6弾です。

今回は、お子様がお片付けができないという相談です。「散らかすから物は置かない」これでいいのかな?と疑問に思っているとのこと。

今回も、子供の教育に携わっている大隅千明先生からアドバイスをいただきました。

《相談者のママ》
ママのペンネーム:ひめ
お子様の性別&年齢:”2歳 男の子/2歳 女の子”

ひめさん
いつも、部屋の中をぐちゃぐちゃにして、片付けても片付けても、すぐにまたちらかすので、なるべく部屋に物を置かないようにしているんですが、この方法でも大丈夫ですか?

おもちゃがない環境ではなく片付けを遊びに

大隅千明
こんにちは!12年間の幼稚園教諭をしておりました、大隅千明です。

ひめさん初めまして!

部屋の中をぐちゃぐちゃにしてしまうので、物を置かないようにしているとのことですね^ ^

2歳児はまささく興味の塊!〝今まさになんでもやってみたい!〟時期。

なのに、彼らの頭には片付けるという概念はまだないのです。

大隅千明
しかし、おもちゃがない環境を作るのではなく、片付けを遊びにしてしまいましょう??


楽しみながら片付ける方法を見つけよう


大隅千明
具体的には、まず、〝片付け=元のあった場所に整理整頓されている綺麗な状態にすること〟という固定概念を取っ払いましょう!

それを初めからしようとすると、イライラしてしまうことか多くなります。

初めは、大きなボックスに入れるところからスタートしましょう^ ^どんなものも、まずそのボックスに入れたらOK!

それができるようになったら、「ぬいぐるみさんは、おもちゃの中に一緒にいると固いものばかりで痛いといけないから、ぬいぐるみコーナーにしまってあげようか!」と分類していきましょう。

こうした片付けないといけない理由があると、こどもは頑張ります!

「ママに片付けの仕方教えてくれないかな?」と頼ってみてもいいと思います。

必ず段階を踏んで、まずは一個ずつ、できるようにしていきましょう。

今は、物がないというようですので、1つずつおもちゃを出していって、片付けは、必ずこの箱にしまうという習慣を徹底してみてください。

箱は、お子様の好きなキャラクターをつけて、〇〇ボックスと名付けても良いと思います。ただ「片付けよう」という声かけでは、年齢的になかなか難しいので、いかに、ゲーム感覚での片付けに結びつけられるかが、ポイントです。

お子様の好奇心をくすぐるような、方法を見つけていきたいですね^ ^

収納用品充実の無印良品やニトリ・100均グッズを使った収納例

収納用品の品揃えが充実している無印良品やニトリ、そして、ホームセンターで売られている収納用品、100均グッズを使った「おもちゃの収納例」まとめてみました。

無印の収納ボックスにおもちゃの写真を貼って収納



お手頃価格のカラーボックスや100均グッズで作ったおもちゃ収納




ホームセンターも収納用品が充実

https://twitter.com/mamalaugh4/status/1006512735738195968

オシャレ度アップIKEAの収納用品

https://twitter.com/asaasakotw/status/982799761005723648



半透明の収納用品ならすぐにおもちゃの場所も分かる



ダイソーの500円コンテナが優秀!


ひとまずおもちゃを放り込むのにおすすめ!インテリアとしてもgood



プレイマットとおもちゃ収納バッグが一つに!

https://twitter.com/Yodobashi_X/status/1007912605162221568


※ふわりー編集部では、2~6歳(就学前)のお子様をお持ちのママ100人に育児に関するお悩みをお聞きしました。その中から、順にお悩みと元幼稚園教諭の大隅千明先生からアドバイスをいただいています。ママのお名前はニックネームで公開しています。



幼稚園教諭として12年間働き、子どもにとって1番の環境であるママや先生の支援がしたいと独立。
絆フェスティバル♥イベントや、脳科学、心理学、コーチングを組み合わせた、育児個人コーチング、保育園、放課後デーサービスなどのマネジメントをしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。