子供が謝らない…悪いことをしたときに謝ることができる子に育てるには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、家事や育児、お仕事でがんばる女性を応援する女性のための情報サイトを配信しています、ふわりー編集部です。今回は、育児に関するお悩みを当サイトでライターもしてくれている大隅千明先生に聞いてもらおうという企画第8弾です。

今回の相談は、お友達にいけない事をしてしまった時に謝ることを嫌がって逃げてしまう、というお悩み。今は無理でも大きくなったらできるようになるものなのでしょうか?

今回も、子供の教育に携わっている大隅千明先生からアドバイスをいただきました。

《相談者のママ》
ママのペンネーム:ちゃいろいろ
お子様の性別&年齢:3歳 女の子

友達にいけないことをした時に、謝ろうと諭しても「謝るのイヤ」と逃げてしまいます。
そこまで悪くない事にはすぐ謝るのに…。
親が謝るところを見せるようにしていますが、もう少し大きくなれば謝ることを自分からできるのでしょうか?


大隅千明先生からのアドバイス

大隅千明
こんにちは!12年間の幼稚園教諭をしておりました、大隅千明です。


ちゃいろいろさんはじめまして!

謝れなくて困っているということですね!

3歳なので、悪いことをしているのは分かっているけど、認めたくないということがあると思います。

だから、悪いことをしてないときは、素直になれる^_^

大人でもそうですよね!

図星のときほど認めたくなくて素直に謝れなかったりする。

逆に言えば、謝れないということは、〝自分が悪いことをしてるという意識がある〟ということなんです!

そこまで成長したんです。悪いことをしていることさえ、わからなかったら、きっといやとも言いませんし、謝ることも知りません。

大隅千明
だから、お子様は、ちゃんと気づくようになったという事(*^^)v

仲直りの握手
お母様は、しっかり謝るところを見せてあげていらっしゃるなんて素晴らしいですね^ ^

そうです。お母様の姿を見て、まだ本人は、ちゃんと実践できないかもしれませんが

“謝り方を確実に”学んでいます!

だから、もう少し大きくなったら、おなじようなことをして、謝れない小さい子が目の前に現れたとき、きっとお母様と同じ謝り方を教えてあげるのだと思います^ ^

すぐには、素直に謝れないかもしれませんが、着実に成長をしている。

大隅千明
全てのことにではないとしても、自分のしたことに対して良いか悪いかを判断できるようになった発達段階まで来たということを忘れないでくださいね^ ^


※ふわりー編集部では、2~6歳(就学前)のお子様をお持ちのママ100人に育児に関するお悩みをお聞きしました。その中から、順にお悩みと元幼稚園教諭の大隅千明先生からアドバイスをいただいています。ママのお名前はニックネームで公開しています。

幼稚園教諭として12年間働き、子どもにとって1番の環境であるママや先生の支援がしたいと独立。
絆フェスティバル♥イベントや、脳科学、心理学、コーチングを組み合わせた、育児個人コーチング、保育園、放課後デーサービスなどのマネジメントをしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。