子供の肌にも優しい日焼け止め7選~紫外線吸収剤不使用で敏感肌ママにも~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サングラスをかけた女の子

こんにちは、輝く女性を応援する情報サイト「ふわりー」編集部です。

ママ自身が紫外線が気になる季節には、子供の紫外線対策も気になるという人も多いのではないでしょうか?

適度な日光浴は骨を作るためにも必要ですが、レジャーなどで長時間紫外線を浴びすぎてしまうのは子供の肌にもよくありません。

帽子や衣類での紫外線対策も有効ですが、夏は露出度も高まるので日焼け止めを使ってしっかりケアしてあげたいですよね。
そこで今回は、子供の肌に優しい紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを紹介します。

  • 子供には安全安心な日焼け止めを使いたい
  • 自分自身が敏感肌なので、子供にも低刺激な日焼け止めを使いたい
  • できれば親子で使える日やけ止めがいいな

  • 今回紹介するのは、子供にも安心して使えて、敏感肌ママにもおすすめできる日焼け止め。
    ママが実際に使っているものって子供にとっても安心感がありますよね!親子で使ってハッピーになれる!そんな肌に優しい日焼け止めを厳選して紹介していきます!





    どうして子供の日焼け止めは紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)がいいの?


    ベビー用や子供用、敏感肌向けなど日焼け止めにもたくさん種類がありますが、まずは紫外線吸収剤不使用の日焼け止めがどうして子供にはおすすめなのか?をご説明したいと思います。

    大人の皮膚と子供の皮膚の違い

    一般的に、子供の肌は大人の肌に比べるとデリケートで刺激に弱いと言われています。

    その理由は大きく分けて2つ。

    ①体の様々な機能が成長過程にあり、外敵に対する免疫を獲得していない事

    ②皮膚の厚さが、大人の約半分しかない事

    このため、外気はもちろん紫外線、ダニ・ハウスダストなどの外部刺激の影響をとても受けやすい肌なのです。

    また子供の皮膚は成長過程においても違いがあり、生後4週間まではホルモンの影響で皮脂の分泌量が多く、乳幼児期は皮脂の分泌が人生で最も少なくなる時期なので乾燥しやすくなります。

    紫外線吸収剤って危険なの?

    そんな子供の肌への影響って気になりますよね?

    実は紫外線吸収剤自体がすごく危険な成分、というわけではないんです。

    紫外線吸収剤はごく一般的な日焼け止め成分で、ドラッグストアやマツキヨなどで販売されている日焼け止めのほとんどに配合されています。

    ですが、紫外線吸収剤の紫外線をカットする仕組みが皮膚の薄い子供の肌へ刺激となることがあるんです。

    《紫外線吸収剤が紫外線をカットする仕組み》
    紫外線吸収剤はその名の通り紫外線を吸収することができる化学物質です。

    この化学物質は紫外線を吸収すると化学変化を起こし、熱に変えることで紫外線が肌に侵入するのを防いでくれるというもの。

    [画像引用元:花王]


    ふわりー美容部員
    紫外線吸収剤が肌に刺激となる一番の理由は、この肌の上で起こる化学変化なんです。


    紫外線を熱に変える際に別の物質に変化してしまうこと、また肌の上で熱が放出されるときには、肌の水分が奪われて乾燥してしてしまうので、敏感な人であれば大人の肌にも刺激となってしまう場合がある成分なんです。

    また、成分自体が発がん性物質を含んでいたり、細胞を傷つけてしまう成分もあるため安全性が高い成分とは言えませんよね。

    また、日焼け止めはその効果を維持するために2.3時間おきに塗りなおす必要があります。

    朝塗っておけばそれで終わり、という訳にはいかないので海水浴やキャンプなどでは1日中肌を紫外線から守るために何度も塗り足す事に。

    そうすると肌への負担は増すばかりで、紫外線から肌を守ることができたとしても、日焼け止めによる炎症を引き起こす可能性が出てきます。

    特にSPF値・PA値の高い強力な日焼け止めにはこの紫外線吸収剤が多く配合されており、その分肌への刺激も強くなるので使い方にも注意が必要です。

    紫外線吸収剤不使用日焼け止めのメリット


    ふわりー美容部員
    紫外線吸収剤不使用の日焼け止めはこのような化学変化を起こさないため、肌へ負担をかけずに紫外線からもお肌を守ってくれます♪


  • 極力肌に負担をかけずにUVケアできる
  • クレンジングなどの強い洗浄成分で落とす必要がないので、落とすときにも肌に優しい
  • 成分自体の安全性が高いため、敏感肌でも使える

  • 紫外線吸収剤不使用の日焼け止めは、化学的でなものという意味から「ノンケミカル」や省略して「ノンケミ」とも呼ばれています。

    紫外線吸収剤不使用の日焼け止めってどんなもの?


    ふわりー美容部員
    ではここからは、ノンケミカルの日焼け止めに使われている成分や安全面について解説していきますね。

    《ノンケミカルの日焼け止めが紫外線をカットする仕組み》

    ノンケミカルの日焼け止めに使われているのは、紫外線散乱剤と呼ばれるパウダー状の物質。

    [画像引用元:花王]


    この紫外線散乱剤は、肌の表面を均一に覆うことで紫外線を散乱、反射させることで紫外線の侵入を防いでくれます。

    紫外線吸収剤のように化学的な仕組みではないので、肌に刺激となることがなく極力肌に負担をかけることなくUVケアすることができるんですね。
    この紫外線散乱剤として使われる成分は主に2種類。

  • 酸化チタン
  • 酸化亜鉛

  • どちらも紫外線も散乱させる効果がありますが、

    酸化チタンはUVAに効果的な成分です。
    UVAは雲やガラスも通り抜け、真皮層まで到達できてしまう紫外線なので肌の老化に影響を及ぼす紫外線です。

    酸化亜鉛は肌表面を赤くしたり炎症を起こすUVBに効果的に散乱させる成分。

    これら二つの成分をうまく配合することで、紫外線A波もB波もしっかりとケアすることができます。
    ちなみに、紫外線吸収剤配合の日焼け止めの中には、これら散乱剤も同時に配合されている場合もあります。

    紫外線吸収剤不使用日焼け止めの見分け方

    日焼け止め
    大人の場合もそうですが、日焼け止めってたくさんあるし、紫外線吸収剤不使用だからといってそのすべてに表示があるわけではありません。

    では、紫外線吸収剤不使用を見分けるにはどうしたらいいのでしょうか?

    まずわかりやすいところでいうと、パッケージのどこかに以下のような表示があるもの。

  • 紫外線吸収剤不使用
  • ノンケミカル処方
  • ノンケミ
  • など。

    ふわりー美容部員
    また、自分が選んだ日焼け止めがノンケミカルかどうかを調べたいという場合には、成分表示をチェックしてみましょう。


    と、言っても何が紫外線吸収剤なの?という人のために、
    ここでは紫外線吸収剤として使われる代表的な成分名を一覧にまとめました。
    《紫外線吸収剤に使われる成分の一覧表》
  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル(別名:パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル)
  • メトキシケイヒ酸オクチル
  • オキシベンゾン-3(2-ヒドロキシ-4-メトキシベンゾフェノン)
  • t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン(4-tert-ブチル-4′-メトキシジベンゾイルメタン)
  • オクトクリレン
  • ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル
  • ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
  • オクチルトリアゾン

  • ふわりー美容部員
    日焼け止めの成分表示にこれらが記載されている場合はノンケミカルではない、ということ。
    気になる人は是非参考にしてみてくださいね。

    子供の日焼け止め選びにママがこだわりたい事ってどんな事?


    ここからは、ノンケミカル以外にもママが子供の日やけ止めを選ぶ時にこだわってほしいポイントもまとめてみましたよ。

    ①水(お湯)、もしくは石けんだけで落とせる
    いくら肌に優しい日焼け止めを使っているとはいえ、塗りっぱなしは肌に負担をかけてしまいます。

    子供の場合、顔を洗うのが苦手だったり、疲れて寝てしまったなんてことは多々あること。
    水やお湯で簡単に落とせる日焼け止めなら濡れたタオルでふき取ってあげることもできますよね。

    落ちにくいものは強い洗浄力が必要となって、それもまた肌に負担をかけてしまうので、子供に使う日焼け止めは落としやすさにもこだわってみてくださいね。
    ②こまめに塗りなおしても肌に負担をかけない
    ノンケミカル処方といっても、その他に使われる成分も安心して使えるものでなければ意味がありません。
    子供の日焼け止めには無香料・無着色など塗り直ししても負担が増えることがないものを選んであげたいですよね。

    「アルコールフリー」「アレルギーテスト済み」などの表示も参考にしてみましょう。
    ③目的に合った日焼け止めを使い分けよう
    日焼け止めに表示されているSPFやPAの数値は高ければ高いほど紫外線カット効果が高くなりますが、その分肌への刺激も強くなるので、シーンに合わせて使い分けるようにしましょう。


    ちなみに環境省ホームページには「生活シーンに合わせた日焼け止めの選び方」が掲載されていましたので参考までに載せておきますね。
    《赤ちゃんの日焼け止めを選ぶ時のポイント》
    生後3か月未満の赤ちゃんに使う場合は「新生児用」「新生児から使える」と表示のあるものがおすすめ。
    4ヵ月以降の赤ちゃんであれば、赤ちゃん用、ベビー用でOKですが、不安がある場合にはパッチテストをおすすめします。

    【ノンケミカル処方】親子で使える肌に優しい日焼け止め7選


    2e(ドゥーエ)ベビープラス UVプロテクトミルク

    UVプロテクトミルク
    [画像引用元:資生堂公式サイト]


    2eベビーは、医療機関でも取り扱われるほど安全面を最優先に考えて作られた資生堂ドゥーエの赤ちゃんシリーズ。
    スキンケアは育児の一部である、との考えから肌機能が未熟な赤ちゃんのために開発されたシリーズで、成分の安全性はもちろん、テクスチャーや容器に至るまでママの使いやすさも追及しています。
    白浮きしやすいと言われるノンケミながら全く白浮きしないのびやかな塗り心地でデリケートな肌を守ります。
    《UVプロテクトミルクの特長》
  • SPF20・PA++
  • 石鹸で落とせる
  • 新生児から使用可能
  • 無香料・無着色・パラベン(防腐剤)無添加・アルコール無添加・鉱物油無添加
  • 敏感肌の方(成人)によるパッチテスト済み
  • アレルギーテスト済み(すべての人にアレルギーが起きないというわけではありません。)
  • 敏感肌の方(成人・乳幼児)による仕様テスト実施済み

  • 《UVプロテクトミルクの口コミ》
  • 子供に使ってみたらすごく良かった!
    のびがよくて、全然白くなりません。じっとしていない子供にササっと塗れるので使いやすい♪ べたつかないので子供も嫌かがらず塗らせてくれます。
  • 子供が肌が弱いので購入しました。SPF20ですが、小さな子どもの日常の日焼けは十分にカバーできます。日焼けによる肌荒れもなくなりました。
    自分自身でも日常使いで使っていて、買い物やベランダでの作業に十分。塗った肌で子供に触れても安心できるので気に入っています。
    石鹸で落とせるのも◎
  • 伸びが良くて、肌に優しいし、ほかの日焼け止めに比べて白浮きしにくく、乾燥もしないです。石けんで落とせるところも気に入っていて子供と共有して使っています。
  • 《UVプロテクトミルクの商品情報》
  • [内容量]30mL
  • [通常価格]1,404円(税込)
  • 資生堂公式サイトワタシプラス
    [UVプロテクトミルクの全成分]シクロメチコン、水、酸化亜鉛、グリセリン、BG、トリエチルヘキサノイン、ポリメタクリル酸メチル、酸化チタン、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ジメチコン、セスキイソステアリン酸ソルビタン、ポリメチルシルセスキオキサン、キシリトール、トリメチルシロキシケイ酸、トリエトキシカプリリルシラン、イソステアリン酸、ジステアルジモニウムヘクトライト、(アクリロイルジメチルタウリンNa/メタクリルアミドラウリン酸)コポリマー、アルミナ、メタリン酸Na、トコフェロール、フェノキシエタノール

    ふわりー美容部員
    現在資生堂オンラインショップ「ワタシプラス」では、ドゥーエベビープラス夏のギフトセットを限定販売しています。

    日焼け止めギフトセット
    [ドゥーエベビープラス 日焼け止めギフトセットの内容]
  • UVプロテクトミルク(30mL)
  • 泡シャンプー(300mL)
  • 泡ソープ(300mL)
  • [販売価格]4,212円(税込)送料無料


    アロベビー UV&Outdoor Mist

    アロベビー
    ベビースキンケア部門でも数々のベストコスメを受賞しているUV&Outdoor Mist。ミストタイプなので動き回る子供にも使いやすく、UVケア&虫よけのダブル効果が人気です。100%天然由来、国産オーガニックで新生児から使え、お湯でも落とせる日焼け止めです。

    《UV&Outdoor Mistの特長》
  • SPF15・PA++
  • お湯で落とせる
  • 新生児から使用可能
  • オーガニック認証「エコサート」取得済み
  • UVケア&虫よけ効果
  • 100%天然由来
  • アルコール・合成ポリマー・シリコン・鉱物油・石油系界面活性剤不使用・香料・着色料不使用
  • 《UV&Outdoor Mistの口コミ》
  • 息子のために購入。夏は紫外線と虫刺されがこわいので、一本で二役は嬉しい。天然由来なので安心して使えて◎。お出かけ前にシュッシュッとスプレーし伸ばします。子供にも使いやすいし、私も。親子で使えるアイテムって便利ですねー。
  • 夏はあせもひどく、低刺激のものをさがしていました。ミストタイプの日焼け止めは初めてでしたが使いやすく、確かに肌あれしないです。
    他の日焼け止めに比べると少し高めですが、結構持つのでコスパもいいかも。
  • お湯で落とせるし、成分も優しいのがいいですね。赤ちゃんにも使いやすいし、肌荒れもしません。透明の液体だと思ってたので、初めはビックリしましたが、手で伸ばすと色は全く気になりません。私も肌が敏感なのでお湯で落とせる日焼け止めって便利です。

  • 《UV&Outdoor Mistの商品情報》
    [内容量] 80g
    [通常価格]2,350円(税別)+送料
    ※15日間返金保証
    ※まとめ買い割引有り/2本以上購入で送料無料
    [UV&Outdoor Mist全成分表示]水、BG、酸化チタン、含水シリカ、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、レモングラス油、ローズマリー精油


    キャメロン&ガブリエル ヘヴンヴェール

    ヘヴンヴェール

    安全性や機能性に優れた美容オイルに着目したコスメブランド、キャメロン&ガブリエルの日焼け止め。
    ヘヴンヴェールには、敏感肌が日焼け止めに求める要素を全て網羅しており、ノンケミカルながら高い紫外線防御、ウォータープルーフ機能を持ちながら無添加処方で石けんでも落とせるという革新的な日焼け止めを実現しています。

    《ヘヴンヴェールの特長》
  • SPF45・PA++++
  • 石けんで落とせる
  • ウォータープルーフ
  • 85%が美容液成分
  • ナノ粒子散乱剤・合成界面活性剤・エタノール・鉱物油・合成着色料・合成香料・シリコン・パラベン・タルク不使用
  • 《ヘヴンヴェールの口コミ》
  • お肌が荒れてる時って日焼け止めすら躊躇してしまうのですが、これはお肌にとても優しいです!吹き出物が悪化しないし、しみたり痛みもないので安心して使えます。化粧下地にも使えるので夏場は欠かせません。腕にも使ってますが、しっとりツヤツヤでキレイに見えます。
  • 多少荒れてる肌でも刺激なく使える日やけ止めですね。
    色が薄いベージュですが、肌に乗せてお色目は全然でないので、全身に使えます。伸ばしやすいしべたつかないし、日焼け止め独特に嫌なにおいがないので使いやすい。肌にも全然負担がないので、子供と一緒に使ってます!
  • 潤いがちゃんとあるから長時間のメイクでも大丈夫。日焼け止めのSPF値は45なので、高すぎずお肌に負担がかかりにくいから毎日愛用しています!
    お肌がきしきししないし、保湿状態は問題なし。軽めの乳液の様な感じなので、下地として使いやすいのもいいですね。
  • 《ヘヴンヴェールの商品情報》
    [内容量] 30g
    [通常価格]3,456円(税込)+送料600円
    ※合計金額5,400円(税込)以上で送料無料
    [ヘヴンヴェールの全成分] 水、ラウリン酸メチルヘプチル、酸化亜鉛、BG、グリセリン、スクワラン、アルガニアスピノサ核油、ホホバ種子油、酸化チタン、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、セラミドNP、クリスマムマリチマムカルス培養液、エリンギウムマリチムムカルス培養液、フランスカイガンショウ樹皮エキス、トコフェロール、ニオイテンジクアオイ油、アーチチョーク葉エキス、オレンジ油、水酸化Al、ペンチレングリコール、ホホバエステル、イソステアリン酸、ステアロキシヒドロキシプロピルメチルセルロース、酸化鉄、t-ブタノール、ポリヒドロキシステアリン酸、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、フェノキシエタノール


    ママバター UVケアクリーム

    ママバター UVケアクリーム


    天然由来の保湿成分、シアバターをメインに使用し、敏感な赤ちゃんとママのために高品質で続けやすい価格を実現しているママバター。
    UVケアクリームにもシアバターが5%配合されているので、紫外線はもちろん冷暖房による日中の乾燥からもお肌を守ります。

    《ママバター UVケアクリームの特長》
  • SPF25・PA++
  • 石けんで落とせる
  • アレルギーテスト済
  • シリコン・合成香料・合成着色料・鉱物油・パラベン不使用
  • 《ママバター UVケアクリームの口コミ》
  • ボディ用に使っています。日焼け止めというよりクリームそのもの!!塗った後の乾燥や独特のにおいが無く、石けんですっきり落とせる所が気に入っています。塗っている時の方が肌がしっとり(笑)
  • 軽いアトピー体質なのでスキンケア製品には結構気を使います。UVケアクリームは全身に使っても全くトラブルがなく、夕方までしっとり感が続き、高い保湿効果も実感しています。
  • 肌が弱い私でも安心して使えてます!白浮きもせず良く伸びて、しっとりとしながらもべたつかない使用感が気に入っています。石けんや普段の洗顔料でも落とせるもとってもラクチン。オールシーズン手放せません。

  • 《ママバター UVケアクリームの商品情報》
    [内容量] 45g
    [通常価格]1,200円(税別)+送料
    [UVケアクリームの全成分水]水、DPG、酸化チタン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、イソステアリン酸エチル、シア脂、ジカプリン酸PG、 グリセリン、ステアリン酸ソルビタン、ペンチレングリコール、イソステアリン酸PEG-20、水酸化AI、ヒドロキシプロピルデンプンリン酸、酸化亜鉛、ステアロイルグルタミン酸2Na、ベヘニルアルコール、オクテニルコハク酸デンプンAI、 (アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、 t-ブタノール、ステアレス-2、ヤシ脂肪酸スクロース、イソステアリルグリセリル、トコフェロール、水酸化Ca、 フェノキシエタノール


    チャントアチャーム UVフェイス&ボディプロテクター



    100%自然成分から生まれたオーガニックコスメの日焼け止め。UVフェイス&ボディプロテクターはオーガニックながら乳液のようなみずみずしい使用感で白浮き、きしみ感がゼロ。赤ちゃんにも使える優しい処方ながら高いUVカット効果を実現しています。
    植物由来のボタニカルセラミド配合で、デリケートな肌を乾燥からも守ってくれます。

    《UVフェイス&ボディプロテクターの特長》
  • SPF43・PA++
  • 石けんで落とせる
  • 100%自然成分
  • 乳幼児使用テスト済み
  • 敏感肌の人のみ対象のパッチテスト済み
  • 無香料・無着色
  • 石油系界面活性剤・鉱物油・アルコールパラベン・合成香料・シリコン不使用
  • 《UVフェイス&ボディプロテクターの口コミ》
  • 白浮きしないし、ちょっと出しすぎたかなと思っても、肌につけるとなじみます。ファンデーションののりも良いし、顔、首、腕とこれ1本で大丈夫です。
    香りがほとんどないのも個人的に気に入っています。

  • ポンプ形が使いやすく、子どもにも塗りやすい。
    よく伸ばさないと白くなりますが、着け心地はケミカルなものと比べても劣らない気がします。
    良くも悪くもしっとり。皮膚の薄い子どもや乾燥肌の私には、乾燥しやすい秋口にも重宝しそうです。

  • アトピーで超敏感肌ですが、これを使い始めて肌の調子がすごく良くなりました!
    サラッとしたテクスチャーで伸びやすく、保湿力も高い。もうほかの日焼け止めは怖くて使えません。

  • 《UVフェイス&ボディプロテクターの商品情報》
    [内容量] 80mL
    [通常価格]3,024円(税込)
    【配合成分】水、酸化チタン、プロパンジオール、オリーブ果実油、マカデミアナッツ油、ラウリン酸メチルヘプチル、イソステアリン酸エチル、野菜油、ゲットウ花/葉/茎水、セスキイソステアリン酸ソルビタン、カプリン酸ポリグリセル?3、コンフリー葉エキス、オウゴン根エキス、コメヌカスフィンゴ糖脂質、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、グリセリン、パルチミン酸デキストリン、コメヌカ油、レシチン、水添レシチン、キサンタンガム、クエン酸、アニス酸、アニス酸Na、レプリン酸Na、ヒドロキシステアリルアルコール、ヒドロキシステアリルグリコシド、オレイン酸ポリグリセル?10、BG、アルミナ、ステアリン酸、ラウロイルリシン


    パックスベビー パックスベビーUVクリーム

    パックスベビーUVクリーム
    《パックスベビーUVクリームの特長》
  • SPF17・PA+
  • 新生児から使用可能
  • 石けんで落とせる
  • 合成化学成分不使用・無香料・無着色
  • 《パックスベビーUVクリームの口コミ》
  • 肌が弱いのでこのベビー用ばかり使っています。無香料で、ヒリヒリしたりせず使い心地は◎。マカダミアナッツ油が使われているせいかしっとり潤って肌が守らてる感じ。
  • 子供と一緒に使える日やけ止めを探していました。伸びは良いほうではないけれど、成分が安全そうなので気に入ってます。
    なじむと肌もきれいに見える気がするのでとても満足しています。
  • 赤ちゃんに使いたくて購入。パックスさんは成分が安心できて気に入りました。
    自分用に化粧下地として使っても肌が明るくキレイに見えます♪洗顔後も肌がツルツルなので親子で愛用しています。

  • 《パックスベビーUVクリームの商品情報》
    [内容量] 30g
    [通常価格]600円(税別)
    [パックスベビーUVクリーム全成分]水、グリセリン、カリ石ケン素地、酸化チタン、スクワラン、マカデミアナッツ油、ホホバ油、シリカ、ローズマリー葉エキス、カミツレ花エキス、トコフェロール、キサンタンガム、ヒノキチオール、エタノール


    草花木果 おでかけ楽しい日やけ止め

    おでかけ楽しい日やけ止め
    自然派コスメブランド草花木果のベビー用日やけ止め。敏感肌を考え、アルコール不使用の「精製よもぎ葉エキス」を使用し、よもぎの潤いヴェールで紫外線、乾燥から肌を守ります。伸びがよく、さっと塗れるので動き回る子供にも使いやすくなっています。

    《おでかけ楽しい日やけ止めの特長》
  • SPF20・PA+++
  • 石けんで落とせる
  • 生後1ヵ月健診以降の赤ちゃんに使用可能
  • 二層式
  • アレルギーテスト済み
  • 香料・鉱物油・アルコール・パラベン・着色料無配合

  • 《おでかけ楽しい日やけ止めの口コミ》
  • 敏感肌の母のために購入。毎年夏になると日光湿疹で大変でしたが、刺激のないやさしい日焼け止めのおかげで綺麗な肌をキープできています!
    私も使ってみましたが、スーッと伸びて塗りやすい。膜が貼った様な感じもなく、ホントにやさしい感じです。石けんで落とせるのも手軽でいいですね。
  • お散歩に行くとどうしても日が当たるので、肌に優しいということで子供のために購入。
    伸びも良くて、ボディーソープで落とせるのがいいですね。べたつかず、サラッとした使用感なので子供に使ってもいい感じ。
  • 日焼け止めでも赤みや痒みが出てしまう娘のために購入。
    塗ったことで刺激されるのか、多少痒みはあったようですが、赤みや湿疹はでませんでした。

  • 《おでかけ楽しい日やけ止めの商品情報》
    [内容量] 30mL
    [通常価格]1,620円(税込)
    [おでかけ楽しい日やけ止め全成分]シクロペンタシロキサン ジメチコン 水 酸化亜鉛 メタクリル酸メチルクロスポリマー BG グリセリン 酸化チタン トリエチルヘキサノイン PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン 水添ポリデセン PEG-10ジメチコン 含水シリカ PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル コメ胚芽油 ヨモギ葉エキス 水酸化Al ステアリン酸 シリカ ジステアルジモニウムヘクトライト 水添パーム油 パーム核油 パーム油 イソステアリン酸 メタリン酸Na 温泉水 ピロ亜硫酸Na トコフェロール クエン酸 フェノキシエタノール


    お気に入りは見つかりましたか?
    赤ちゃんにも使える日やけ止めは、低刺激で安全性にもこだわっているので敏感肌ママにも絶対おすすめ。
    子供の日焼け止めを選ぶ際は是非親子で使えるものを選んでみてくださいね。

    日焼け止めの使い方&注意点

    ちゃんと日焼け止めを塗ったのに焼けちゃった、なんて経験はありませんか?

    日焼け止めは量が少なかったり、塗り方にムラがあるとその効果を十分に発揮することができません。ここでは効果的な日焼け止めの塗り方や使う時の注意点をまとめてみました。

    日焼け止めの効果的な使い方

    女性の腕
    ①シーンに合わせて使い分けよう
    まず、日焼け止めの正しい使い方としては、シーンに合わせた日焼け止めを使う事。

    外線量は季節や時間帯にも違いがあり、月別で言うと地域により7、8月をピークに3月から10月まではしっかりとした紫外線対策が必要ですし、日中の時間帯では10時から14時がピークとなります。

    一般的にSPF値やPA値の高い日焼け止めは、その値に比例するように肌への負担も増加しますので、日常生活レベルでSPF値50などのレジャータイプの使用はおすすめできません。

    また、レジャー用であればプールや海水浴など水に濡れる可能性のある場合には耐水性の日焼け止めを選ぶなど、目的やシーンによって使いわけるようにしましょう。

    小さなお子さんであれば、真夏の散歩は朝や夕方などの紫外線量が比較的少ない時間帯を選んだり、帽子や衣服等の活用もおすすめです。
    ②効果的な塗り方
    日焼け止めは適量を薄く、ムラのないように塗るように心がけましょう。

    顔の場合は凹凸があるので、指を使って丁寧に伸ばします。

    顔周りでは、目元やまぶた、髪の生え際、小鼻のわきは塗り残しがち。また、フェースラインや首の後ろも塗り忘れになりやすいので気を付けてくださいね。

    また、鼻筋や頬など顔の凹凸の高い場所は自然と日が当たりやすい部位なので必ず重ね塗りをしておきましょう。
    ③日焼け止め効果を長持ちさせるには?
    日焼け止めは、朝家を出る前に塗っておけば終日オッケーというわけではありません。

    日焼け止め効果を長持ちさせるには、こまめな塗り直しがとても大切。
    汗をかいたり、タオルで拭いたりした後などは、必要に応じて塗りなおす事。

    また、長時間屋外で過ごす場合には2~3時間ごとに付け直しすることをおすすめします。

    日焼け止めの注意点


    ①保管場所

    日焼け止めはお出かけの際に持って出ることも多いと思いますが、その保管場所や保存状態を誤ると変質や劣化の原因になってしまうので注意が必要です。

    日焼け止めは油分を多く含む製品が多いため、高温多湿な場所は避けるべき。

    火を使う場所や熱のこもりやすい洗面所などを避けた方がいいでしょう。

    特に気を付けたいのが、車の中。

    車内の温度は、真夏でも50度以上に達しますが、紫外線が強くなり始める春先でもかなり高温になることがあります。

    車内
    真夏であれば数時間であっても車内に放置した日焼け止めの使用は注意が必要です。特に子供に使用するのは避けましょう。

    日焼け止めは、極端な温度差がなく、常温で直射日光の当たらない場所での保管をおすすめします。

    ②日焼け止めの使用期限について

    メーカーにより多少違いはあるものの、一般的な日焼け止めの使用期限は未使用品で3年と言われています。

    逆に開封済みの日焼け止めはできれば3~6か月、長くても1年以内には使い切るのが理想的。
    日焼け止めは1度開封すると酸化が進みやすくなるだけでなく、雑菌の繁殖にもつながります。

    万が一、1年前の日焼け止めを使うという時は以下の点をチェックしてみましょう。

  • 明らかにニオイが変わっている
  • 黄色っぽく変色している
  • 成分が分離していたり、テクスチャーが以前と違う

  • このような変化がある場合には、変質、劣化している可能性が十分にありますので、子供の肌に使うのは避けるべきです。

    大人であったとしても、雑菌の繁殖や酸化がかなり進んだ状態での使用は、かぶれ、ニキビなどの症状が出てしまう可能性がありますので、お肌のために日焼け止めは使用期限を守って使用するようしましょう。

    ふわりー美容部員
    このように、日焼け止めは余らせてしまうと捨てる羽目になってしまうので、できれば1.2か月で使い切れる容量のものをいくつか購入するのがおすすめです!

    まとめ

    いかがでしたか?
    今回は、ノンケミカル処方の日焼け止めの中でも成分が安全で、落とす際にも肌に負担をかけない日焼け止めを厳選しました。

    ママのお肌が敏感だと子供の日焼け止め選びも神経質になりがちですよね。

    ここで紹介した日焼け止めは敏感肌ママにも安心して使えるものばかりなので、お子さんに使う時も安心。
    是非親子で使ってみてくださいね。



    【参考にしたサイト】
    わたなべ皮フ科・形成外科
    化粧品成分オンライン|紫外線防止成分の解説と成分一覧環境省/紫外線環境保健マニュアル

    働く女性、家事や育児に奮闘するママを応援する情報サイトです。美容、健康、子育て、女性だけのデリケートなお話など、役立つ情報をお届けできればと、女性ライターのみで運営しています。商品や企業様の広告掲載に関しては、メールでお問い合わせ承っております。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    SNSでもご購読できます。