美味しいノンカフェインコーヒー8選!妊婦さんも安心♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コーヒー

こんにちは!”働く女性、家事や育児に奮闘するママに、たまには「ふわっ」と肩の力を抜いてほしい”をコンセプトに、お役立ち情報をお届けしています「ふわりー」です。

妊娠や健康志向からカフェインを控えたいと思っても、コーヒーが大好きでやめられないという人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、妊婦さんも安心して飲める美味しいノンカフェインコーヒーをご紹介します。

  • コーヒーが好きなのに妊娠中だからカフェインが気になる
  • 夜もコーヒーを飲みたくなるけど眠れなくなりそう
  • カフェインの摂り過ぎが気になる
  • ノンカフェインでも美味しいコーヒーを飲みたい
  • などなど、こんな人は必見です。

    この記事では、カフェインゼロでも美味しくて、しかも体に嬉しい効果も期待できる!そんなノンカフェインコーヒーを紹介していきます。




    ノンカフェインとカフェインレスはどう違うの?

    女の子
    コーヒーと言えば通常カフェインが入っている飲み物ですが、ノンカフェインコーヒーとカフェインレスコーヒーの違いをご存知でしょうか?

    この他にもデカフェやカフェインフリーなどいろいろな言い方があるので、いざカフェインを控えようと思っても何がどう違うのか分かっていないという人も多いのでは?

    なので、まずはカフェインを控えたコーヒーの名称についてわかりやすくまとめてみました!

  • ノンカフェインコーヒーとは
  • ノンカフェインは、本来「カフェインを全く含まない」という意味で、カフェインゼロと書かれているコーヒーについても同じ意味を持っています。

  • デカフェってなに?
  • デカフェとは、本来カフェインを含んでいるものからカフェインを取り除いたり、通常の製造過程でカフェインを添加する飲食物にカフェインを添加せずに作った「カフェインを含んでいない飲食物」を指します。
    単にデカフェと呼ぶ場合にはカフェインを取り除いたコーヒーを意味する場合が多いですが、緑茶やコーラなどのデカフェも製造されています。

  • カフェインレスコーヒーとは
  • カフェインレスコーヒーは、代表的なデカフェの一つで、コーヒー豆からカフェインを取り除いて作られるコーヒーのこと。
    ちなみにカフェインレスコーヒーは和製英語で、英語に訳すと「decaffeinated coffee」や「decaf」と呼ばれることから、デカフェとほぼ同様の意味だということがわかります。

    と、簡単にまとめてみましたが、

    実は日本ではカフェインの含有量についての規定がないために使い方があいまいになっているのが現状なんです。

    ヨーロッパではデカフェには一定の規格があり、カフェインの含有量がコーヒー豆中の0.2%以下(インスタントの場合は0.3%以下)であるもの以外はデカフェという名称は使えないのです。

    なので輸入品も含めて日本で売られているコーヒーをわかりやすく区別するとこんな感じ。

  • ノンカフェイン・カフェインゼロ      ・・・カフェインの含有量がゼロである
  • デカフェ・カフェインレス・カフェインフリー・・・カフェインの含有量がゼロではないが、できる限りカフェインを取り除いたもの。

  • 全くカフェインを含まないノンカフェインコーヒーは「代用コーヒー」とも呼ばれ、コーヒー豆以外の原料を使って味や風味をコーヒーに近づけた飲み物。ハーバルコーヒーやコーヒーフレーバーのハーブティーなどがこれに当たります。

    またデカフェやカフェインレスコーヒーの場合には、[カフェイン99%カット]などと表示されているものもあります。

    意外と多い!カフェインを含む食べ物・飲み物

    マグカップでお茶を飲む女性
    カフェインと言えばコーヒーの苦味成分として有名ですが、紅茶や緑茶、その他さまざまな食品に含まれています。

    ここではカフェインを控えたいという人のために、コーヒー以外でカフェインを多く含む食品をまとめてみましたので、参考にしてみてくださいね。

    《カフェインを含む飲み物》
    インスタントコーヒー・紅茶・緑茶・煎茶・玉露・抹茶・玄米茶・ほうじ茶・ココア・コーラ・マテ茶・ウーロン茶・ジャスミン茶・エナジードリンク・栄養ドリンク

    カフェインを含む飲み物と言えばコーヒーが代表的ですが、コーヒーも含めてこの中で最もカフェインの含有量が多いのが玉露です。

    次いで多いのがエナジードリンクで、こちらもコーヒーよりもカフェイン含有量が多く、エナジードリンクの飲み過ぎによる若者のカフェイン中毒が問題視されているという一面もあるくらいなので、妊娠中・授乳中ママは特に気を付けたい飲み物です。

    《カフェインを含む食べ物》
    チョコレート(ホワイトチョコはカフェインゼロ)・ミンティア・フリスクなどのタブレット菓子・ブラックガムなどの眠気覚まし効果のあるガム・抹茶を使ったスイーツ(アイス・ケーキ等)・頭痛薬や風邪などの総合感冒薬・鎮痛剤

    いかがですか?
    飲み物でいうと、比較的コンビニなどでも手に入りやすいお茶は軒並みと言っていいほどカフェインが含まれているのが分かりますね。

    一般的な飲み物でいうと、麦茶はカフェインを含んでいないので水分を多く摂る夏場にはおすすめです。

    食べ物で気を付けたいのはやっぱりカカオ豆を使ったチョコレート。特にカカオの配合率が高いビターチョコなどはミルクチョコレートの2倍ものカフェインを含みます。

    また、最近では抹茶チョコなど抹茶味のお菓子やスイーツなども人気ですが、こちらもカフェインを含みますので食べ過ぎには注意してくださいね。

    妊婦・授乳中ママの1日のカフェイン量はどれくらい?

    コーヒー豆
    妊娠をきっかけにカフェインの摂取量が気になり始める妊婦さんは多いと思います。

    妊婦さんへのカフェインの影響については様々な報告がありますが、内閣府の食品安全委員会の報告によると、

    カフェインのヒトに対する影響として、適量を摂取すると頭が冴えて眠気を覚ます効果があるとした一方で、過剰に摂取した場合にはめまいや心拍数の増加、興奮、震え、不眠症、下痢、吐き気をもたらす事が報告されています。

    またニュージーランド第一産業省は、妊婦のカフェイン摂取により胎児の発育を阻害する可能性があるとの指摘がされていますが、日本においては、カフェインに対する感受性は個人差が大きいために、健康に及ぼす影響を正確に評価することが難しいということで1日に摂取してもよいとされる許容量は設定されていません。

    一方海外では、妊婦のカフェイン摂取量に関して様々な公的機関において注意喚起がなされています。

    《海外で目安とされる妊婦さんの1日のカフェイン摂取量》
  • 世界保健機関(WHO)  :300㎎を超えない程度
  • 英国食品基準庁(FSA):200㎎まで
  • カナダ保健省(HC)  :300㎎まで
  • もっとも厳しいスウェーデンの研究では、1日に100㎎以上カフェインを摂取している場合に流産する人が多く、しかも摂取量の増加に比例して流産の率も高まったという報告があります。

    これらのデータは欧米女性の平均的体重を元としているので、それよりも小柄な日本人妊婦が1日に摂取しても問題ないと考えられるのは100㎎~200㎎以内と考えられています。

    また授乳中であれば、ママが摂取したカフェインは母乳と混ざって赤ちゃんにも運ばれてしまうので、妊娠、授乳期のカフェインの摂取量には注意が必要です。

    コーヒーに含まれるカフェイン量については、下記にまとめていますので参考にして頂けたらと思います。
    《コーヒーに含まれるカフェインの量》
  • ドリップコーヒー1杯150ml:100㎎
  • インスタントコーヒー1杯150ml:65㎎
  • エスプレッソ1杯40ml:77㎎
  • カプチーノ1杯150ml:50ml
  • カフェインレスコーヒー1杯150ml:1㎎

  • ドリップコーヒーであれば小さめのカップ1杯飲んだだけでカフェイン100㎎を摂取してしまう事になってしまうんですね(゚д゚)!

    しかもカフェインはコーヒー以外のさまざまな食品にも含まれているので、全くカフェインを摂らずに過ごすのはかなり難しいですよね。

    おいしいノンカフェインコーヒーおすすめ8選!カフェインゼロで子供にも安心♪


    ふわりー美容部員
    今回ふわりーで紹介するのは、全くカフェインを含まないカフェインゼロ!妊婦さんにも安心して飲めるハーバルコーヒーをご紹介します!


    ティーチーノ


    アメリカで代替コーヒー市場のシェア50%以上を誇るティーチーノ。有機栽培・無農薬・非遺伝子組換え・無添加のハーブやナッツ、穀物などを原材料にしています。10種類ごとにフレーバーの焙煎度にもこだわっており、コーヒーに負けない香りを追求しています。
    ビタミンや鉄分、カリウム、食物繊維を豊富に含んでいるので女性の3大悩みである貧血やむくみ、便通改善にもおすすめ。医師や栄養管理士も推薦する健康飲料となっています。

    【有機栽培・無農薬・非遺伝子組換え・無添加(USDAオーガニック認証・QAIオーガニック認証取得)】

    ■ティーチーノ 色々試せる試飲パックI(ドリップタイプ)
  • [内容量] 30gx6種類
  • [販売価格]1,620円(税込)送料無料
  • ※ティーバッグは9種類/1,080円(税込)送料無料
    ※ギフトセット有り
    公式サイトボタン

    おつうじ屋 するっとカフェ

    するっとカフェ
    こちらは便秘に悩む妊婦さんにもおすすめ。するっとカフェはイタリアの健康飲料にも使われるオルゾ(大麦)を使った飲み物。主原料のグア豆に食物繊維やアミノ酸が豊富なオルゾ、そして腸内細菌のエサとなるオリゴ糖、テンサイ糖を加えたシンプルな天然素材で腸内を弱酸性に導いてお腹の中から健康・キレイをサポートします。

    【保存料無添加・防腐剤無添加・下剤成分ゼロ】

    ■するっとカフェはじめてセット
  • [内容量] 100g(約10杯分)
  • [販売価格]2,000円(税別)→キャンペーン価格:1,800円(税別)送料無料
  • ※まとめ買い割引・定期購入割引有り
    公式サイトボタン

    森下薬農園 たんぽぽコーヒー

    たんぽぽコーヒー
    日本で初めて「たんぽぽコーヒー」を商品化した森下薬農園。国産のたんぽぽの根を100%を使い、自社工場にて生産、発送までを全て行っています。
    お茶専門店ならではの焙煎技術によるたんぽぽ根100%の風味と香り、味の良さが妊娠中ママにも大人気です。

    【香料・保存料無添加、250項目以上の放射能・残留薬検査実施済み】

    ■森下薬農園 たんぽぽコーヒー 初回限定 お試しセット
  • [セット内容]
  • ●健康茶お試しセット詰合せ
    ●桶谷式おっぱいガイドブック
  • [販売価格]2,376円(税込)送料無料
  • ※30日間返品・返金保証あり 
    公式サイトボタン

    あきゅらいず ポーランドハーバルコーヒー

    あきゅらいず ポーランドハーバルコーヒー
    「贅沢な、シンプル」をコンセプトに食生活や暮らし方、心と肌と体と向き合いながら丁寧な暮らしを目指す「あきゅあいず」のハーバルコーヒーの減産国はポーランド。原料はビタミン、ミネラル、食物繊維をたっぷり含んだ栄養価の高いスペルト小麦とチコリ―のみを使用しています。お湯に溶かすだけのパウダータイプなので味の濃さも調節できます。

    ■あきゅらいず ポーランドハーバルコーヒー
  • [内容量] 100g(約30杯分)
  • [販売価格]1,480円(税込)
  • ※定期購入割引有り
    公式サイトボタン

    LOHAS ノンカフェイン・ハーバルコーヒー(穀物コーヒー)


    ローフードやオーガニック、自然食など健康、地球に優しい食材を取り扱うローフード専門の通販ショップLOHAS。こちらのハーバルコーヒーはポーランドで栽培された穀物と野菜を元に作られています。原料はチコリ―、ビート、大麦、ライ麦でベジタブルコーヒーともいわれています。ビタミン、ミネラル、食物繊維を多く含み、野菜不足が気になる人にもおすすめです。

    ■LOHAS ノンカフェイン・ハーバルコーヒー
  • [内容量] 100g
  • [販売価格]1,200円(税別)送料別


  • シガリオ ブラックジンガー 玄米コーヒー

    ブラックジンガー玄米コーヒー
    必要な栄養素をバランスを良く含み、完全栄養食とも言われる国産玄米を使った代替コーヒー。玄米はマクロビオティックでは陽性とされ、焙煎することで極陽性となることで身体を内側から温めてくれると考えられています。ブラックジンガーの玄米コーヒーは特殊製法により遠赤焙煎されたあと、超微粉末化されており、消化吸収の高さは抜群。ダイエット中に起こりやすい栄養不足や美容のための飲料としてもおすすめです。

    【放射能物質検査・残留農薬検査済み】

    ■シガリオ ブラックジンガー 玄米コーヒー
  • [内容量] 120g(約40~50杯分)
  • [販売価格]2,689円(税込)送料216円
  • ※まとめ買い割引有り


    e-picot チコリーストレートコーヒー (ロースト)


    フランスを始めヨーロッパでも代用コーヒーとしてメジャーなチコリコーヒー。天然のチコリの根を100%使用。焙煎するとほのかな甘みとかすかな苦味が引き出されて本物のコーヒーのような味わいが楽しめます。チコリは水溶性食物繊維である「イヌリン」を豊富に含んでおり、健康維持にもおすすめの飲み物です。

    【添加物不使用】

    ■e-picot チコリーストレートコーヒー (ロースト)
  • [内容量] 100g
  • [販売価格]756円(税込)送料無料
  • ※ティーバッグ(2.5gx30)有り



    穀麦珈琲(こくむぎコーヒー)


    チコリ―を主原料に、ビート、大麦、ライ麦の4つの自然野菜のみをじっくり焙煎し、フリーズドライ製法によって風味や栄養などをそのままに粉末上に仕上げたインスタントタイプ。お湯にも水にも溶けやすくミルクとも相性は◎天然の食物繊維16%のほか、ビタミンやミネラル類もたっぷり入ったヘルシーな飲料となっています。

    【添加物・香料・保存料不使用】

    ■穀麦珈琲(こくむぎコーヒー)
  • [内容量] 120g(約40~50杯分)
  • [販売価格]1,280円(税込)送料無料


  • カフェインを全く含まない代替コーヒーは、普通のコーヒーと違ってその栄養価の高さも見逃せないポイントです。

    妊娠・授乳中ママはもちろん、ホッとしたいとき、リフレッシュしたい時にコーヒーの代わりに飲むだけで野菜不足や便秘、貧血などの改善にも効果が期待できるので健康維持にも是非役立ててほしいおすすめの飲み物です。


    妊婦さん・授乳中ママにも人気のノンカフェイン飲み物

    ルイボスティー
    妊娠中・授乳中ママにもおすすめのノンカフェインの飲み物を一覧にしてみました。

    麦茶のようにスーパーやドラッグストアでは入手できないものでも、最近ではネット通販や楽天市場で購入できる場合もあるので是非試してみてくださいね。

    《カフェインゼロで妊婦さんにもおすすめのお茶》

    ・麦茶(※はと麦茶は子宮収縮の恐れがあるためおすすめできません)
    ・柿の葉茶
    ・たんぽぽ茶
    ・琵琶の葉茶
    ・ゴボウ茶
    ・そば茶
    ・杜仲茶
    ・コーン茶
    ・黒豆茶
    ・小豆茶
    ・ゴーヤ茶
    ・ハブ茶(エビスグサの種子ケツメイシを乾燥焙煎させたもの)
    ・桑の葉茶

    ※甜茶(てんちゃ)
    アレルギー(花粉症)が抑えられると人気のお茶ですが、
    甜茶に含まれるポリフェノールは鉄と結合しやすいため、妊娠中や貧血がある場合にはおすすめできません。
    ※なたまめ茶
    なたまめ茶に子宮収縮作用のある成分が含まれているので妊娠初期にはおすすめできません。

    《カフェインゼロで妊婦さんにもおすすめのハーブティー》
    ●ルイボスティー
    ●ローズヒップティー
    ●ペパーミントティー
    ●ハイビスカスティー

    《妊娠中におすすめできないハーブティー》
    ●セントジョーズワート
    ●チェストツリー
    ●ラベンダー
    ●ローズマリー
    ※カモミールティーやラズベリーリーフティーもカフェインゼロですが、子宮の筋肉に働きかけて子宮収縮の恐れがありますので妊娠初期にはおすすめできません

    まとめ

    いかがでしたか?

    今回は、カフェインを控えたコーヒーの中でもカフェインを全く含まないカフェインゼロの代替コーヒーをご紹介しました。

    カフェインは意外と身近な食べ物や飲み物に入っていることが多いので、気を付けていても無意識にカフェインを摂ってしまうこともありますよね。

    そういった意味でも普段から口にするコーヒーやお茶をノンカフェインにしておくとカフェインの摂り過ぎも防ぐことができて安心感もあります♪

    また、今回紹介した代替コーヒーは、一般のコーヒーでは摂ることができないさまざまな栄養も多くふくんでいるので、カフェインの摂り過ぎを防ぎながら美容健康にもいいものばかり。

    妊娠中ママはもちろん年齢を問わず家族全員におすすめできる健康飲料となっているので、是非活用してみてくださいね。


    【参考にしたサイト】
    厚生労働省|食品に含まれるカフェインの過剰摂取についてQ&A ~カフェインの過剰摂取に注意しましょう~
    内閣府|食品安全委員会

    働く女性、家事や育児に奮闘するママを応援する情報サイトです。美容、健康、子育て、女性だけのデリケートなお話など、役立つ情報をお届けできればと、女性ライターのみで運営しています。商品や企業様の広告掲載に関しては、メールでお問い合わせ承っております。

    SNSでもご購読できます。