シミも追い出す!プラセンタサプリが美白ケアの効果をUPさせるその理由

こんにちは、ふわりー編集部です。

年齢を重ねるたびに、シミが増えたり、濃くなったり。肌全体がくすみがちになってきたと感じることはありませんか?
美白化粧品を使ってみても効果がイマイチ感じられない。

そんな人に是非試してもらいのがプラセンタサプリです。
実はプラセンタエキスは「美白成分」として厚生労働省が認定しているお墨付きの成分。化粧品にも配合されてたりするんですが、サプリとして内側から摂取するとより効果がUP。

さらに美白以外の嬉しい効果も期待できる優秀な成分なんです。

今回はそんなプラセンサプリがどうして美白に効果的なのか?またおすすめのプラセンタサプリや美白ケアの効果をUPさせるおすすめ成分などをくわしく紹介していきます!

※この記事内の「美白」とはメラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ事です。(医薬部外品の場合)
※この記事内の「美白」とはメーキャップ効果により肌を白くみせる事です。(化粧品の場合)

プラセンタサプリが美白に効く理由

透明感のある肌、白い肌、明るい肌、くすみのない肌、、、、私たちが求める美白を阻害するメラニン色素。

メラニン色素自体は肌を守る重要な働きをしてるのですが、様々な理由から肌のターンオーバーがうまく行かずメラニン色素が沈着してしまうことでできてしまうシミ。

紫外線などの外的刺激を受けると肌の表面に活性酸素が発生します。この活性酸素と情報伝達物質はメラノサイト(メラニンをつくる工場)にメラニンを作るように指示を出します。

その刺激によって、メラニン色素を作るチロシナーゼは活性酸素を吸収し分解さらにチロシンと合体することでメラニン色素ができてしまいます。

チロシンはチロシナーゼと合体しない限り、メラニンになることはできないのでチロシナーゼを増やさないことがシミくすみには最も重要なポイントです。

プラセンタにはチロシナーゼを活発化させる活性酸素を除去する作用を持っています。<これは胎盤であるプラセンタが胎児を酸化から防御するための強い抗酸化作用によるものです。

肌にとってはメラニン生成の前段階からシミのもとを食い止めることができるので、飲み続けるうちにメラニンが作られにくい体に。この作用が美白有効成分として認可される所以でもあります。

プラセンタのもつ抗酸化作用はあらゆる老化症状も改善できるので、美白だけでなく、美肌にもエイジングにも効果があるのはうれしいですね。

ターンオーバーを整える最も優れたサプリはプラセンタ

プラセンタにはもう一つ美白効果に期待できる作用があります。

メラニン色素の沈着が原因となっているシミ、くすみ。沈着してしまうのは肌のターンオーバーが乱れているから。

健康な肌はメラニン色素が作られてもシミになることはなく、垢となって剥がれ落ちていくものですが、加齢やストレス、ホルモンなどの影響で肌のターンオーバーは常に乱れがちです。

このターンオーバーの周期を正常にしてくれるのがプラセンタ。

プラセンタには新陳代謝を活発にする働きがあります。これは皮膚細胞を活発化し、肌再生を促進する作用です。
「すでにできてしまったシミ」にとても効果が期待できるプラセンタ。

実は肌表面だけをケアするだけでは効果はありません。
コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を含む真皮層にプラセンタの成分を届ける必要があります。

サプリメントなら体の内側から取り込むことができるので、高い効果が期待できます。
これはプラセンタだけが持つ成長因子のおかげ。

一つの卵細胞からものの数か月で一つの個体に成長させるプラセンタ。

細胞分裂を活発化し、細胞を様々な臓器へと作り変えるを可能にしているのは「成長因子」だけが持つ働きと言えます。

成長因子は細胞の増殖、修復、再生を促進させるので、細胞レベルから美肌へ導いていく効果があります。

美白効果は顔だけじゃない!プラセンタサプリ

こんなにも美白効果のあるプラセンタ。

サプリメントなら手や首元にもその成分を届けることができます。

顔は毎日鏡で見ているので、化粧品でスキンケアできてるつもりでも、首や背中などのデコルテラインや手などは毎日の紫外線対策も徹底できていない人がほとんど。

バイクや車で通勤する人、趣味がガーディニング、アウトドアという人はなおさらかもしれません。

知らず知らずのうちに浴びてしまう紫外線対策にプラセンタサプリなら体の内側からのアプローチが可能です。

♥美白効果をUPさせる!プラセンタサプリランキング♥

プラセンタは美白以外にも女性にうれしい効果がいっぱい。

自分は一体何が足りてない?サプリメント何を選べばいいの?あれもこれもと悩みの多い人にうってつけなのはプラセンタサプリです。

女性ホルモンのバランス、臓器など体の内側から万能薬のように総合的な働きが期待できるので、プラセンタサプリをベースに飲み合わせを考えるのがベストな選択です。

ふわりー編集部がおススメする美白のためのプラセンタサプリランキングはコチラ!

 プラセンタファイン
placentafine

原料馬(北海道サラブレッドのみを使用)
タイプカプセルタイプ
1日の摂取量(推奨)1粒で185mg
主な成分馬胎盤抽出物/フィッシュコラーゲンペプチド/ローズヒップ末/
コエンザイムQ10/ヒアルロン酸含有鶏冠抽出物/トレハロース/HPMC/
V.C/ステアリン酸Ca/二酸化ケイ素/着色料(酸化チタン)
V.B2 V.B1 V.B6/葉酸


プラセンタファインのおススメポイント

♡美容成分がすごい
コエンザイムQ10に相性のフィッシュコラーゲンを始め、美容専門家推奨の栄養素を配合しているので、これ一つに取り入れたい成分がぎゅっと濃縮されています。
プラセンタサプリの中でもプラセンタファインは特に美肌にこだわった成分を配合しているので、プラセンタと美容成分を同時に摂りたい方に人気です。
美肌、エイジング効果で高く評価されています。
♡純度が100%
無希釈、だからもちろん希釈添加物がゼロ。成分が薄まることがなくそのままを摂取できるのはうれしいです!
♡1日一粒で効果を感じる
プラセンタサプリは1回量が3粒、4粒というものが多いのだけれど、プラセンタファインは1粒に一日の必要量が入っているので、手軽で続けやすいの特徴です。

プラセンタファイン15日間のトライアルがお得です。

 プラセンタ100
placenta100
▶▶▶4プラセンタ100定期初回限定のキャンペーンの詳細は公式ページへ

原料豚(デンマーク産)
タイプカプセルタイプ
1日の摂取量(推奨)4粒で180mg
主な成分プラセンタエキス末(豚由来)、加工油脂、還元難消化性デキストリン、胡麻油
EPA含有精製魚油、亜麻仁油、DHA含有精製魚油、グレープシードオイル、オリーブ油
米胚芽油、エゴマ油、ゼラチン、グリセリン、グリセリン脂肪酸エステル、ビタミンE
植物レシチン、ビタミンB2、ビタミンB1ビタミンB12


ソフトタイプカプセル、丸みがあるので見た目よりも飲みやすいです。

プラセンタ100のおススメポイント

♡なんといっても売上NO.1
売上でいうとプラセンタファインよりも売れているんじゃないか、と思います。
発売から13年たっても根強い人気。定期購入、まとめ買いがとてもお得なのも愛され続ける理由。
もちろん効果がなければ、続くものではありません。実績が効果の証ともいえるかも。
特にアラフォー世代からの人気が高いようです。
♡吸収力を高める特許製法
プラセンタ100の人気は美肌効果、エイジング効果を実感しやすい点にあるようです。
1日4粒(推奨)となっていますが、人によっては2粒、3粒で調整している人もいます。
プラセンタを酵素分解し、50倍に濃縮することで吸収力を高めるプラセンタ100だけの特許技術で効果を実感しやすいのが特徴です。

プラセンタ100

 穂のしずくhonoshizuku

オーガニックライ麦の植物プラセンタです。
▶▶▶植物プラセンタ「穂のしずく」公式サイトへ

原料ライ麦胎座由来植物プラセンタ
タイプカプセルタイプ
1日の摂取量(推奨)1粒で全成分450mg
主な成分米胚芽油
純植物プラセンタエキス末(ライ麦胎座由来)
レッドクローバーエキス末
加工でんぷん
グリセリン
増粘多糖類
ミツロウ
グリセリン脂肪酸エステル
植物レシチン(大豆由来)
カカオ色素


100%植物性由来の穂のしずくはカプセルもカカオで出来ています。

穂のしずくのおススメポイント

♡とにかく美白、透明感に効果がある
キメが整う、透明感が甦る、など美白、美肌に定評があります。
原材料がシンプルですが、アミノ酸だけでなく、ビタミン、ミネラル、カルシウムなどの美容成分が豊富。
美肌、女性らしさを象徴するエストロゲンににた作用をもつレッドクローバーなども配合されている点も大きな特徴です。
♡オーガニックライ麦の胎座由来植物プラセンタ
植物のめしべの下にあり、受粉後に実となる所を胎座と言います。細胞分裂が盛んにおこなわれ、動物のプラセンタに似た栄養素が詰まっています。
植物由来プラセンタには寄生虫の問題や病原問題の心配が全くなく、安全性、衛生面ともに◎。
♡動物性に負けないアミノ酸(遊離アミノ酸)
動物プラセンタのように成長因子を持たないのが植物プラセンタの特徴ですが、アミノ酸の種類や量には動物プラセンタをしのぐものもあります。
コラーゲンなどのたんぱく質を合成する際に不足するアミノ酸を補ってくれる遊離アミノ酸量は豚プラセンタよりもはるかに多くふくまれいて、体内に取り込まれたアミノ酸合成を活発、促進してくれます。

植物プラセンタをまだ試してみたことがないという方はぜひ試していただきたい商品です。

プラセンタサプリと一緒に摂りたい美白サプリ

美白の為にプラセンタサプリを飲んでいる人がもっと効果を高めるために、相性のいいサプリメントをご紹介します。

1.ビタミンC
プラセンタサプリとビタミンC の飲み合わせは特にくすみの改善に効果があります。
ビタミンCには抗酸化作用があり、コラーゲン生成に必要なビタミンの一つですが、人間の体は自分で作ることができないのです。

しかも体内に蓄積することも私たちにはできない栄養素。野菜や果物に含まれるビタミンCも熱や光、空気に弱く体内に吸収されるビタミンCはごくわずかになってしまいます。
そしてビタミンCにも肌に刺激を受けると増加してしまう活性酸素を取り除き、メラニンの生成を防ぐ働きがあります。
ビタミンE合成促進作用により血行が改善されくすみを透明感にかえてくれる働きがあります。
プラセンタサプリとの相乗効果、飲み合わせは抜群に好相性といえますね。
参考までに、ビタミンCは摂りすぎると蓄積されず尿となって排泄されてしまうので、1日の目安量を2.3回に分けて摂るとより効果的です。

プラセンタサプリを飲むタイミングは諸説ありますが、肌のターンオーバーが行われる夜寝る前がおススメです。
22時から0時頃には成長ホルモンも分泌されるので、そのあたりが最も効果を実感しやすいタイミングと言えます。

2.アミノ酸(コラーゲン)
コラーゲンは18種類のアミノ酸が構成されたものなので、飲みやすい形、お好みで摂取するのがいいと思います。
プラセンタの持つ線維芽細胞の増殖、修復作用によって真皮層で繊維芽細胞の働きが活発になります。
プラセンタの中には体を構成するすべてのアミノ酸が入っているわけではありません
なので、アミノ酸サプリによってプラセンタでは補うことができないアミノ酸を体の中に届けることができます。
プラセンタのもつ成長因子が細胞レベルで修復、増殖することにより、皮膚の材料を作り出す真皮層に働きかけ、美肌効果を促進できます。

併せて使いたい化粧品の美白成分

活性酸素の除去作用でメラニン生成を抑制し、肌のターンオーバーを正常化してくれるプラセンタサプリ。
内側からと外側からのダブルでお手入れすることで、効果を早く実感できます。

粧水、乳液などスキンケアアイテムを選ぶのに迷ったら、厚生労働省認可の美白成分が配合されているかどうかも参考にしてみてください。

下記の成分は全て厚生労働省が認可した「美白有効成分」で化粧品と医薬品の中間的な存在となります。

目的に合わせて使い分けると効果抜群です。体の内側と外側からダでブルアプローチすることができて、美白への近道にもなりますね。

シミくすみを予防するなら

トラネキサム酸
肝斑の治療薬としても有名です。「トランシーノ」「トランサミン錠」などの内服薬もあります。紫外線だけでなく女性ホルモンの影響によってメラノサイトを活性化してしてしまうプラスミンの働きを阻害し、メラニンの生成の前段階でメラノサイトの活発化を阻害。
肝斑やシミなどの発生を抑えることができます。

トラネキサム酸を化粧品でおススメする理由は、経口摂取による副作用の心配があるから。
実際の報告として「過敏症(発疹、かゆみ、発熱などのアレルギー症状、じんましんや吐き気むねやけなど」があります。

腎臓疾患のある方、家族の中に血栓のある方など、飲むタイプのトラネキサム酸には少し注意が必要となります。

化粧品に配合されるトラネキサム酸は副作用の報告もなく、安全かつ高い効果を期待できる成分と言えます。

アルブチン
ハイドロキノンを使うのは抵抗があるという人は、アルブチンを取り入れてみてもいいかもしれません。アルブチンは実はハイドロキノンとブドウ糖が結合したものです。

自然界存在する美白成分で、コケモモや梨などに含まれています。
ハイドロキノンにくらべて低刺激で安定性があるので肌への相性がよく、多くの化粧品に配合されています。

アルブチンの主な働きはチロシンとチロシナーゼの結合を阻害することでメラニンの生成を防きます。
肌に浸透すると、一部分解されて、ハイドロキノンのような作用も期待できるとの報告もあります。

t-AMCHA(t-シクロアミノ酸誘導体)
資生堂が研究、開発した美白成分。ダイズ、卵黄などに含まれるリン脂質を原料としています。シクロアミノ酸誘導体は、紫外線を受けた時の発生する情報伝達物質プロスタグランジンの働きを抑えることで、肌刺激を受けなかったことにしてくれる作用があります。

またトラネキサム酸のようにメラノサイトを活発化させるプラスミンの働きを弱める働きがありますのでシミの予防にはダブルの効果が期待できます。

シクロアミノ酸誘導体はt-シクロアミノ酸誘導体という名称で化粧品に配合されていて、資生堂の商品にはt-AMCHAと言う成分がこれに当たります。

エラグ酸
イチゴやラズベリーに含まれるポリフェノールの一種で、抗酸化作用に優れています。こちらもチロシナーゼの働きを抑制してシミができるのを防いでくれます。

実はこのエラグ酸にもハイドロキノンのようにメラニン還元作用が報告されていますが、今の所化粧品にはエラグ酸を高濃度に配合することはできません。

なので、メラニン還元作用はあまり期待できないのが現状です。

コウジ酸:菌が糖を発酵させるときにできる物質。

紫外線を浴びた時に発生する、活性酸素や情報伝達物質(刺激を受けたという情報を運ぶ物質)の働きを弱めることで肌刺激を受けなかったことにしてくれることでシミを予防する成分です。

リノール酸(リノール酸S)
オリーブオイル、ベニバナオイルなどの植物油に含まれる脂肪酸一つ。体内では作ることができないので必須脂肪酸と呼ばれています。

リノール酸はシロチナーゼの働きを弱める作用ではなく、シロチナーゼをそのものを分解する働きをもっているところが大きな特徴。

しかし、リノール酸は浸透力が強く、表皮にとどまらず真皮にまで浸透してしまう性質がありました。

これ改良したのがリノール酸Sと呼ばれる成分。リノール酸を表皮にとどまらせて、メラノサイトにダイレクトに作用することを可能にしました。
シロチナーゼが減少することで、メラニンの生成が抑えられます。

カモミラET
花王が開発したカモミールをを原料とする美白成分。紫外線などの刺激を受けた時に発生する情報伝達物質の一つエンドセリンに働きかけて、メラノサイトが活発になることを防ぐことでメラニンの過剰な生成を防ぐ働きがあります。
ルシノール
POLAが開発したシベリアモミの木含まれる成分を改良して出来た美白成分。ハイドロキノンと分子構造が似て、とても美白効果が高いと言われていますが、ハイドロキノンのように「できてしまったシミ」には効果が薄いとされています。ルシノールはチロシンと合体できることが可能なので、チロシナーゼの活性化を阻害し、メラニンの過剰な生成を防ぐ働きがあります。チロシナーゼの活性化を阻害する効果はコウジ酸の約5倍、アルブチンの約400倍の効果があると言われています。ハイドロキノンよりも低刺激で、これからできるシミへ対策、予防に高い効果が期待できます。

できてしまったシミにも使いたい

ビタミンC誘導体
チロシナーゼの働きを抑える、炎症による肌荒れの鎮静作用、繊維芽細胞でのコラーゲン合成促進など、ビタミンCは美白、美肌に効果のあるビタミンです。
このビタミンCは熱や光に弱いため不安定で肌へ浸透しにくいんです。
そこでビタミンC誘導体という形にして肌への浸透率をアップさせたものです。
メラニン還元作用を持っているので、「できてしまったシミ」メラニンの沈着を起こして、無色に近づけていく作用があります。水溶性、脂溶性、新型の3種類があり、中でもおすすめは新型ビタミンC誘導体。
水溶性ビタミンC誘導体のの約100倍の浸透率があり、化粧品の中ではめずらしく真皮層にまで届いてくれるので、コラーゲン生成、合成にも期待大。
ビタミンCには抗酸化作用もあるので、美白のみならず肌老化をくいとめるエイジングケアにもおススメ。
ハイドロキノン
美白と言えばハイドロキノン、シミの漂白剤とも呼ばれる強力な美白成分です。ハイドロキノンにも活性酸素の刺激によって増加するシロチナーゼの働きを弱める働きがありますが、ハイドロキノンがシミの漂白剤と呼ばれるには理由があります。
ビタミンC誘導体とはくらべものにならないほどのメラニン還元作用がある、という点。
「できてしまったシミ」に一番有効な成分の一つです。
出来てしまったシミへの効果は非常に強力ですが、その分肌への刺激も比例しています。
医薬品に比べると濃度は低いものの、副作用の報告もあることから、使用に際しては少し注意が必要です。
どうしても気になると、いう方は一番濃度の低いものから始めてみるといいかもしれません。
4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)
資生堂が研究、開発した美白成分。サリチル酸の導入体で、第三世代の美白成分とも呼ばれています。サリチル酸は角質を軟化させ、角質剥離作用ががあります。

肌のターンオーバーが正常に機能せずにメラニンが蓄積したシミの角質バランスを整えて、メラニンを排出する働きがあります。
またチロシナーゼの活発化を防ぐことでメラニンの生成も防ぎます。

できてしまったシミにもこれからできるシミにも作用するダブル効果が4MSKの大きな特徴です。

まとめ

いかがでしたか?
プラセンタサプリの美白効果を有効に利用して、美白有効成分の化粧品で内側からも外側からもシミを追い出すことが美白への近道ですよ。
もちろん日傘や帽子での紫外線対策も大切です。

※この記事内の「美白」とはメラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ事です。(医薬部外品の場合)
※この記事内の「美白」とはメーキャップ効果により肌を白くみせる事です。(化粧品の場合)

SNSでもご購読できます。