FU・WA・RI
FU・WA・RI > 健康・美容 > 汗対策 > メイク前にさっとひと塗りで顔汗が止まる?これで1日さらっと感キープ!

メイク前にさっとひと塗りで顔汗が止まる?これで1日さらっと感キープ!


元化粧品販売員のむっちゃんです。

私はただただ顔汗がひどいのが悩みでした。夏場のメイクくずれが半端なかった私。

ぽっちゃり体型で汗っかきだったんだけど、顔だけ汗の量が異様だったんです。

顔だから隠すこともできないし。

子どもの頃は顔に汗なんてかかなかったのに(気づいてなかった?)、10代後半くらいから急に顔汗がひどくなりました。

お化粧を覚え始めた時期で、何か関係あるの?なんて思ってたんだけど

私の単なる思い込みだったみたい。

日中はいつも汗をかいてるせいか、友達に心配されたり、落ち着きがなく見られたり。

顔に汗かいてると必死感が出てしまうみたいで、

見られてると思うとまた汗が出てしまう悪循環

初めてのデートも恐ろしいほど汗が出ました。

顔からも頭からもダラダラと滝のように流れ落ちてきて

顔汗が気になって、会話の内容も何もかも記憶がないまま終わってしまった経験があります。

夏になるとメイクは落ちまくり、顔はテッカテカが当たり前になってしまって

どうにかしたいとすら思わなかった時期もありました。

就職してからも顔汗に悩まされる日々は相変わらずで。

エアコンを朝からガンガン、鏡の前に小型扇風機のフル装備でメイクするも、玄関出て

3歩も歩けばしたたる汗。

フェイスタオルを何枚もバッグの中にしのばせての出勤に嫌気もさす。

とにかく周りの目も気になるし、

止まれ止まれと思えば思うほど、発汗量が10倍増!?

同僚からも毎日のように

今日も眉毛が消えてるやん!」

と言われる始末。

どうしても止めたい、顔汗。この汗が止まるならなんだってやってやる!と決意。

顔汗対策

そんな私が顔汗を止めるためにやったこと、全部紹介します。

なぜ顔汗は出る?

顔汗止める
「どうして顔だけそんなに汗かいてるの?」

同僚に言われていつも苦笑いしてました。だって本当に、どうして顔だけこんな汗が出るのかわからなかったんです。

原因が分かれば対処もわかるんじゃないかと思い、まずは顔汗の原因から調べてみようと思いました。

〇運動不足

顔汗のひどい人の原因の一つに運動不足があるみたい。

汗を分泌する「エクリン腺」は全身に約300万個あり、体温の上昇による脳細胞のダメージを防ぐ為に体温を調節しています。

もともと体にある全てのエクリン腺がフル活動しているわけではなく、

一部のエクリン腺は通常お休みモード。

だから普段から運動をしている人はしない人に比べて活動中のエクリン腺が多くなる。

一方運動不足で汗をかく習慣のない人はどんどん活動が弱まって

お休みモードのエクリン腺が増える結果に。

特に心臓から離れた場所にある下半身や手などにあるエクリン腺がお休みモードに入ってしまうんだそう。

そうなってしまうと、心臓に近い上半身や、脳に近い頭、顔からの汗が増える

という仕組みらしい。

〇肥満

肥満の人も脂肪のせいで発汗が妨げられるのだとか。この本来の発汗がうまく行かないことによって、体内に熱がこもるので必要以上に発汗してしまうという仕組み。もちろん肥満の人には先の運動不足にも当てはまるので多汗にならない理由がない。。。。。

また見た目にはバレにくい「かくれ肥満」の人も要注意。

見た目は太っていないのに体脂肪率が高かったり、内臓脂肪の多い人の多汗原因は「かくれ肥満」にあるかも。

〇人より新陳代謝が高い

肥満でもかくれ肥満でもなく、運動不足でもないという健康体の人は、

人よりも新陳代謝が高く、汗をかいてしまう体質かもしれません。

〇水分の摂りすぎ(アルコール飲料)

kaoasetomeru 
普段水分を摂りすぎたからといって、多汗にはなりません。汗として排出されない余分な水分は尿として対外に排出されるから。だけどアルコール飲料の過剰摂取は代謝異常を引き起こし、多汗の原因になります。

〇顔面多汗症

何もしていないのに異常な量の顔汗をかく人の中には顔面多汗症と呼ばれる病気である可能性があります。

しかもこの病気であった場合、原因はいまだ解明されていないんです

〇更年期障害

女性の閉経前後10年でおこるホルモンバランスの乱れ。

更年期障害の代表的な症状として多汗があります。特に顔汗。

ホルモンバランスの乱れから自律神経の働きが乱れて、血管の拡張や収縮をうまくコントロールできなくなることから顔のほてり、のぼせを感じたり、顔、首だけに汗をかく症状が。

〇自律神経失調症

顔汗止める
更年期障害でもおこりうる自律神経の乱れ。自律神経が乱れると呼吸や体温、血流、内臓の働きを自動的に調節できなくなる。発汗による温度調節も自律神経が大きくかかわっていることから、自律神経失調症の症状として多汗がある。

〇ストレス

自律神経失調症とまではいかなくても、人間はストレスによって汗をかくことが分かっています。

そのストレスの原因をとりのぞくことで多汗が改善されることもあるよう。

また本人自身が人前が苦手だったり、緊張しやすかったり、緊張状態が長く続く場合にも、だらだらと汗をかくことがあります

〇遺伝

多汗症の人のDNAを解析した所、多汗症をもたらす可能性のある染色体が発見されています。もともと受け継いだ体質に様々な条件が重なって症状が出ていると、考えられているみたい。

原因候補がこんなにあるんなんて、びっくりです。

肥満?運動不足? 当てはまるものが確かにいくつかありそうなんだけど、もしかしたら私の顔汗原因は1つだけじゃないのかも?いくつかの原因が重なって症状として表れてるんじゃないかな?そう思うと、どれから手をつけていいのやら、ますます解らなくなっちゃいますね。

顔汗の特徴

顔汗止める

顔汗と脇汗は根本的に違うと言います。

顔汗を分泌する汗腺はエクリン腺が主で、脇汗を分泌する汗腺はエクリン腺とアポクリン腺という2種類の汗腺から発汗してるんです。他にも顔汗の特徴をあげてみます。

〇脇汗ほどにおわない

顔汗はありがたい?ことに、ニオイはあまりないのが特徴。

ニオイの成分を分泌するアポクリン腺はワキや陰部、乳首回りなどに集中しているため、顔汗は脇汗ほどにおいません

〇べたべたする

顔汗の特徴に「べたべたする」「蒸発しにくい」「不快感」などがあります。

健康な人が体温調節でかく汗は本来サラサラしたものが多いんです。

なぜ顔汗はべたついてるのか。

その原因は血液。血液は温度調節のために血漿(けっしょう)を汗の成分としてだしますが、そこには体に必要なミネラルが含まれるため、汗腺がそのミネラルを戻す働きをしています。

だけど汗腺機能が弱まっているひとはミネラルを体内に戻すことなく、汗として分泌してしまうので、ミネラル成分がべたつきの元になるのだそう。

ミネラル成分を多く含む汗をかくと化粧品と混じり、ドロドロとメイクを崩す原因になります。

〇吹き出すように発汗する

顔汗をかきやすい人の特徴に下半身にある汗腺が休眠状態という特徴があります

もともと健康な人でもエクリン腺は半分ほどしか機能していないと言われているけど、顔汗をかく人はさらに下半身に集中して休眠状態の汗腺があるのだとか。それをカバーするために顔や頭の汗腺の働きが活発化し、吹き出すような汗に。

また運動不足などで日ごろから汗腺をメンテナンスしていないので、予期せず発汗が必要な時に過剰に反応してしまう、というのも一つの原因と言われています。

顔汗の特徴に「べたべた」すると書いたんですが、汗腺の働きが良くなるとサラサラとして蒸発しやすい汗にに変化するらしい。顔汗がひどいからといって、必ずしもべたついているわけではないので、自分のかく汗を注意してみてみるといいかも。

顔汗を止めるために試してみたこと

顔汗とめる

すぐにやってみたこと

顔汗を止めるために良いと聞いたり、個人的に調べたものです。

今日から始められる顔汗対策が見つかるかもしれません。

個人差はあると思いますが、コメントも。

〇深呼吸する

今でもやってます。特に人前に出るような時、知らない人に会う時、緊張したときに深呼吸すると内側から汗が止まるような気がします。

ピタッと止まる感じではないんですが。

〇ツボを押す

仕事の合間に手のツボを押さえてました。

続けていれば多少効果はあったのかもしれませんが、効果を実感しにくいのでついつい忘れがちになってしまい、いつの間にかしなくなりました。

〇フェイスラインに冷やしタオルを押し当てる

汗かいてる時に毛穴を冷やすといいときいて。

確かにきゅっと毛穴が閉じるような感じはするんですけど、

はっきり言ってその場しのぎ。汗を拭いてるのと変わらないです。

〇水分を摂らない

顔汗止める
昔モデルさんが顔汗を止める為に撮影の前日から水抜きをする、と言っていたのを聞いて試しました。

正直1日も体が持たず断念。もともと体にもよくないのでおすすめはできません。

夏場は熱中症になる可能性もあるのでかなり危険だと今更ながら思います。

〇ブラをきつめに絞める

友達がやっていて効果があるというので試してみました。

絞めすぎのせいか息苦しい、ワイヤーが痛い、ブラが傷むなどなどの理由ですぐにやめちゃいました。

〇首の後ろに冷えピタする

確かに汗かいてる時は気持ちいいです

冷やしタオル同様その場しのぎでしかないですが。

後で知った情報ですが、暑いときに首の後ろを急激に冷やす行為は危険なんだとか。

首の後ろには大きな血管が通っていて、急激に冷やすことで血管を収縮させ血流が悪くなります。

血流が悪くなると脳へ運ばれる酸素が減り、めまいのような症状を引き起こすことがあるのだとか。

それに、制汗効果はほとんど得られません

〇大豆食品を食べる

大豆イソフラボンに制汗効果があると聞いて、やたらと摂取してた時期があります。

とくに制汗効果を実感したわけじゃないけど、大豆には体にいい様々な効果が期待できるみたいなので、

今でも意識して摂取するようにしています。

〇辛い食べ物をさける

顔汗とめる
大好きなので、食べられないのはつらい。

辛い物を食べない方が汗の出にくい体質になれるような気がしてたんですね。だけどそれは間違い。

私の顔汗症状からみて、「味覚性多汗症」ではなさそうなので辛い物をやめたからと言って日常の顔汗が止まるというものではなかったです。

ただ「味覚性多汗症」の人には効果があるのかも知れませんね。

また味覚性多汗症の人は「精神性発汗」も合わさって症状に出ているケースも多く

メンタル面での治療も必要になってくるみたいなので、診療内科などにも受診してみてもいいかもしれないですね。

〇スパイス、香辛料を摂らない

辛い食べ物にも含まれると思うんですが、、スパイシーな料理=顔汗ダラダラのイメージがありましたが、こちらも私にとって

根本的な顔汗対策にならないのでやめました。

〇足湯、手湯をしてみる

これは足の汗やニオイに悩む人にはいいかもしれません。

私は足汗だけはそんなに気にしてなかったのですぐにやめてしまいましたが、

リラックス効果はあるような気はします。

顔汗止める

〇冷水シャワーを顔に浴びまくる

これは一時期本気でやってました。入浴時にずーっと顔に冷水シャワーをかけるだけ。

自己満足でしょうが効くはず!と思い込んでやってました。

実際全く効き目がありませんでしたが。

しかも今までよりも肌が乾燥しやすくなってしまって肌荒れになってしまったんです。

〇サウナに入って汗を出し切る

顔に冷水シャワーと同時にやっていた時期もあります。肌がボロボロになってやめてしまいました

特に両頬の毛穴が開きっぱなしなって後悔しました。

顔汗を止めるために、すぐにでもできることを実践した見た結果です。

簡単に悩みが解消できたらいうことはありません。

だけど、やっぱりなかなか効果を実感できなかったのが正直な感想です。

冷やしタオルは汗をかいてる時にはとても気持ちがいいので、今でもすることがあります。

冷水シャワーとサウナは絶対におすすめできません!

顔汗を止めるどころか、水分と皮脂のバランスが崩れてボロボロの肌からもとにもどすのにとても苦労しました。もちろん顔汗は止まりません。

辛いもの、香辛料に関しても、今考えてみると「味覚性発汗」にならないだけで

顔汗の根本治療にはなってなかったと思います。

グッズに頼ってみた

〇汗止めバンド購入

「ブラをきつく締め付ける」で思うような効果がでず購入にいたる。

苦しいのはこっちのほうが苦しいかったかも?

効果を実感するためにサイズを一つ小さめを購入したせいか?

多少効き目はあったような気がしますね。

締め付けのキツさと呼吸の苦しさを1日我慢できる人にはお勧めかもしれません。

その我慢と汗の量を天秤にかけてみた結果、

残念ながら私にはムリでした。

〇首の後ろに冷却ジェルシート

発熱の時に活躍する冷却ジェルシート。

涼しくなりたいアイテムですね。

これははっきり言って顔汗を止めるアイテムではないです。

〇顔を洗うときに、洗面器にハッカオイルを数滴たらす

顔汗止める
顔がひんやりするので一時期はまってました。これで顔汗がとまったか、と言われると微妙。

顔を冷やす=顔汗が止まる と思い込んでいた時がありました。

〇ハッカオイル風呂に入る

ハッカオイルにはまってしまって、全身の汗にきくんじゃないか、と始めましたが、あまりのひんやり感で

夏でも風呂上りにブルブルふるえるほど。それでも夏の暑い日にたまに入りたく時があります。

〇ハッカオイルスプレーを自分で作る

初めて自作の制汗スプレーなるものを作ってみました。

百均に売っているスプレーボトルに無水エタノールを入れ、ハッカオイルを数滴たらすだけで出来上がり。

これがまた優れモノで虫よけスプレーになったり、夏場の生ごみの消臭効果などなど、色々なシーンに効果あり。

これもまた汗を止めるというよりはひんやり感重視のアイテムでした、、、

〇お香をたいてリラックス

「多汗症」の人はリラックスをして「副交感神経」の働きをよくするといい

と教えてくれた友人がお香をプレゼントしてくれたんです。

確かに緊張すると汗の量が増えるような気がするので、リラックスするといいのかなぁと思います。

〇アロマキャンドルでリラックス

顔汗止める
お香に続く第二弾。アロマキャンドル自体焚いたことがなくて、お香と同じようにリラックスできる、と聞いて購入。

確かにリラックスできます。香りもいいし、炎がゆらゆらしてるのを見てゆったりした気分になれますね。

〇ミョウバン水を作ってみる

ミョウバンてしってますか?

日本では昔から食品添加物として使用しているもので、ヨーロッパでもこのミョウバンが結晶化した天然塩を「アルム石」とよんで、デオドラント剤として使用していたのだとか。

私も昔からミョウバンの存在は知ってたんだけど、殺菌や消臭に使う方法は初めて聞きました。

ミョウバンには制菌、制汗、収れん作用があり、美肌水としても使えます。ミョウバン自体も古代ローマの時代から使用されていた天然の食品添加物なので体にも安心、と聞いて作ってみることに。

顔汗止める
ペットボトルに水1.5リットルに焼きミョウバン50グラムを入れ、軽く振る。

ミョウバンは水に溶けにくいのでお湯の方が溶けやすいです。1日おいてみるとすっかり溶けて透明の液体になります。

これを100均ショップで売っているスプレーボトルに入れ替えて使用します。

皮膚が弱酸性に保たれるので、制菌、消臭効果は確かにあるような気がします。制汗効果となると実感できなかったな。

なかなか顔汗が止まるのを実感できなかったため、グッズに頼ってみた結果です。

汗止めバンドはかなり気合入ってたんですが、続かなかったのは残念。

お香や、アロマキャンドルはリラックス効果として確かに実感

副交感神経に作用してる感じはありました。

でもこれだけではやっぱり顔汗は止まらないんです

また、ハッカやミョウバンも顔汗を止めるというよりは清涼感を得られるだけにとどまりました。

コスメ・サプリ その他

顔汗止める〇ベースメイクを替えてみた(ソフィーナ プリマヴィスタ/ ロレアルパリ リバイタリフトUVブロック)

顔汗を止めなくても、メイク崩れや顔のテカテカさえなくればいい、ってことにやっと気づいてのアクション。

プリマヴィスタは本当につけごごちもよくて、軽い感じなんだけど、崩れないです。

夏場は値段の安さとUV効果に惹かれてロレアルパリのリバイタリフト。

プリマヴィスタほどの軽やかさはないもの、付け心地はいい感じ。UV効果があるのもうれしい。

どちらもそれなりに気に入って使ってたんだけど、今まで以上に顔汗が気になるようになってしまって。メイクは崩れてないけど、汗の量が変わらないので、結局タオルやティッシュが必要になってしまうので結局あまり変わらない、と実感。

根本的にはやっぱり顔汗を止めることなんだぁと気づかされました。

〇AHCセンシティブを使ってみた

ワキガなどの消臭効果もあり、全身に使える制汗剤として有名なAHC

この商品汗腺から汗が出るのを止めるとのことで、注文前から期待大。

サンプルも注文できたみたいなんだけど量が少なそうなのと、絶対効くはず!との思い込みから即購入。

実際には顔というより、額に使えると書いてありました。

このセンシティブは敏感肌の人向け用の商品で、ほかにも普通肌の人向け「クラシック」や手汗、足汗、汗のにおいに対応した「フォルテ」という商品もあります。

AHCはスイスの会社で安全性も高そうなイメージがありました。

私はあまり海外製品を使わないし、もともと混合肌で敏感肌なので、最初から顔に使うのに抵抗があって。

ワキから試してみました。

が、使った翌日から少し赤みが出始めて、痒みも伴うようになりました。

インターネットで調べるとこの赤みや痒みはよくでる副作用のようです。

何日かすると収まると説明書にも書いてあるので、とりあえずワキで1週間ほど続けてみたんだけど、赤みも痒みもとれない

しかも服の上から掻くので赤みがひどくなっていくような様相。

ワキ汗に関していえば、制汗作用はあったかもしれませんが、肌に合わないのでやめてしまいました。

〇制汗サプリを検討してみた

顔汗だけを止めるサプリは見つけることができませんでしたが、制汗グッズの中でも驚くほどたくさんの種類のサプリがあってびっくり。

あまりに種類があるので、自分に合うサプリを見つけるのはなかなか難しいかもしれません。

しかも汗を止めるというよりはニオイを抑える、消臭効果などを謳った商品が殆ど。

顔汗だけを止めたい私には合う商品はなさそうと判断しました。

〇顔汗専用ジェル サラフェを使ってみた

顔汗専用と名の付く制汗剤に出会ったのは後にも先にもこのサラフェだけです。

着色料やパラベンなどの添加物が入っていないので

敏感肌でも大丈夫みたい。しかも厚生労働大臣認可済みの医薬部外品なんだそう。

HPを見て迷わず購入しました。

ジェルと書いてあったんだけど、クリームのような質感でなじみがいい。

メントールが入っているのでスーッとする感じが気持ちいいです。

継続して使用すると効果が出てくる、とのことで何日か試してみたんです。肌への負担も全く感じなかったのでムリなく続けることができました。

効果を実感できたのは5.6日後くらい。

「そういえば、汗を拭く回数減ったかも!?」て思ったんです。

夜寝る前にも塗ると効果が上がる、って書いてあったので夜もつけて寝るようしたら、本当に汗が流れることがなくなったみたい。

明らかに化粧崩れもましになってるし、化粧直しの回数も激減したのでびっくりです。

顔汗専用だけあって、やっぱり効果があるのかなぁと驚いています。

サラフェ
▶▶▶サラフェプラス公式サイトはこちら



〇プロバンサインを検討してみた

これはサプリではなく医薬品です。

顔汗用のサプリを探していたところ偶然に見つけたもの。

本当は皮膚科などで処方される薬みたいなんですが、

根本治療ではないこと、副作用があること、

などが理由で処方してくれない場合もあるそう。

プロバンサインは即効性があり、効果も認められている多汗症の治療薬。

飲んでから4~5時間効果が持続するのだそう。

酔い止めのような対処療法的に使用するのが目的で、根本治療を目的としていないものです。

一時的に使うにはとても魅力的だったんですけど、購入には至らず。

少なからず副作用が報告されているので。

プロバンサインはアセチルコリンという神経伝達物質の働きを抑制する作用を持っています。

神経伝達物質アセチルコリンは血管を拡張し心拍数を低下させたり、発汗の促進、瞳孔の収縮などの働きを持っているので、これを抑制することで発汗も低下することになります。

作用が発汗だけにとどまらず、排尿障害や、のどの渇き、ドライアイ、かすみ目、便秘などの副作用のリスクが報告されています。

唾液の分泌も悪くなることから食べ物が飲み込みにくくなることもあり、十分注意が必要とのこと。

また発汗を抑えることで体内の熱が通常よりもこもりやすく、熱中症のリスクを高めることは否定できないそう。

副作用のリスクを考えると、なかなか個人輸入の通信販売では購入する気にはなれませんでした。

〇皮膚科に相談してみた

多汗症などの相談では皮膚科より神経内科や精神科などに行く人も多いみたいなんですが、罹ったことがなくなじみがないので、とりあえず皮膚科に行ってみました。

まず自分が顔面多汗症なのかどうか

もしそうだとしたらどのような治療があるのか

顔だけの汗など、特定の部位だけに多汗が見られる「局所多汗症」は診断が難しいと言われました。

その病院では患者さんは全身の多汗症状を訴えて来院するケースが殆どなのだそう。

多汗症の人の症状やいくつかの検査方法も教えてもらったんですが、私の場合そこまで深刻ではないとの診断結果。

多汗症で通院したり投薬を必要とする人は日常生活に支障をきたすような発汗量で、私の発汗量とはくらべものにならないと。

詳しく資料なども見せてもらって変に納得して帰ってきました。

その病院でも言われたのが、一口に多汗と言っても更年期障害や自律神経失調症、糖尿病神経障害など総合的な判断が必要になるとのことで、多汗が深刻な場合はいくつかの原因を疑ってみたほうがいいとのこと。

私が後悔した危険行為とは

私が試してみた顔汗を止める方法を色々と書きましたが、実はこんな危険なこともしていたんです。

〇制汗スプレーを顔全体にスプレー

学生の時に友達もやっていたので軽い気持ちで始めました。

首回りにスプレーする女子もたくさんいたし、実際すぅーっとして気持ちがいいので友達同士でもシューシューしあったりしてたんですが、ある時からきっぱりやめました。

これって本当に危険行為だったんです

私は制汗剤が汗と一緒に目に入ってしまい、目に激痛

水で洗っても洗っても痛みが引かず、結局眼科に連れて行ってもらい消毒治療をしてもらいました。

あのまま激痛が続いていたら、と思うとぞっとします。

こうして書き出してみると、本当に顔汗を止める為にいろんなことしてきたなと思います。

殆どが無駄な努力だったかもしれないけど、実際にやってみないとわからないってことがたくさんありました。

私のように顔汗に悩んでる人も世の中結構いるんだってことも分かって、少しほっとした部分もありますし。

で、こんな私が探し出した「顔汗を止める」ためにしていることは、やっぱり

「サラフェプラス」

顔汗とめる

※サラフェプラスにリニューアル。デザインも変更されています

■まだサラフェプラスを知らない?/サラフェプラスって何?

サラフェは顔汗用のジェルタイプの制汗剤。

現在はリニューアルしてサラフェプラスに進化しています!

詳しくは公式サイトへご覧ください


品質、有効性、安全性に関して厚生労働大臣が指定した医薬部外品です。

合成香料、着色料、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベンといった肌に負担をかけるような成分は配合されていません。

なので敏感肌を含む子どもから大人まで安心して使える制汗剤です。

■汗を止める仕組み

サラフェには「パラフェノールスルホン酸亜鉛」という制汗成分が入っています。

この成分が汗に吸着して、汗が流れ落ちるのを防いでくれます。

また汗腺に直接働きかけて発汗量を減らす作用を持っているんです。

これがサラフェの大きな特徴。

サラフェが実際に汗腺に作用するのは使用後約5日後からと言われているので、汗をかきにくくなったと実感するには1週間くらい続けて使ってみてからかも。

使用感もしっとりとしていて、メイクに響くこともないです。

朝化粧水の後にさっとひと塗りするだけで、1日さわやかに過ごせます。

■サラフェプラスはメイク前の常識

朝の洗顔後、化粧水の後につけるのがおすすめ。

乳液後につけてしまうと汗腺の密着度が下がるので効果が薄れてしまいます。

サラフェはジェルタイプとはいいつつも、白っぽいクリームのような質感で伸びがいいので伸ばしすぎに注意です。

あまりうすく伸ばしすぎると効果が出にくくなることもありますが、サラフェはメイクの上からでもつけることができるので、日中顔汗やテカりが気になったら付け足しもO

化粧水、サラフェをつけたら後は通常のメイクアップへ。

メイク前のサラフェはもちろんですが、実は夜のサラフェも効果的なんです。

クレンジング、洗顔、化粧水の後にサラフェ、の順番で。

就寝前にサラフェをたっぷりぬっておくと汗腺に作用しやすくなるので、早く確実に効果を実感したい人は、夜のお手入れにサラフェを追加してください。

もう結局サラフェ?って声も聞こえてきそうですが、

本当に、やっぱり、サラフェです!


顔汗だけに特化した商品で、こんなに実感できたのは今の所サラフェだけなんです。もちろん今でも緊張したりすると自分で「今顔に汗かいてるな」って感じる時があるんだけど、量が違うんです。

ダラダラかく感じは今は全くと言っていいほどありません。

毎日のスキンケアに欠かさず使っています!

最初は汗の出やすい額を中心に塗ってたんだけど、使っているうちに「汗がでるのは額だけじゃない」ってこと気づいて。

メイクの上から何度か塗りなおすうちに自分の顔のどこから汗が出やすいのかも分かってきたので、最近はそこを重点的に塗ってからメイクするようにしたんです。

そしたら本当にピタッと止まる感じでびっくりでした。

会社に着くころには眉毛のなかった私が、今はばっちりメイクで出勤することができています。化粧直しの回数も激減して夕方までお直しなしのときも。

日中タラリとも汗をかかない生活はもう手放せません。

顔汗の悩みから解放されるとこんなにも一日がさわやかに過ごせるんものなんだ!と改めて実感しています。

サラフェ

※サラフェプラスにリニューアル。デザインも変更されています

サラフェプラス公式サイトはこちら

この記事を書いた人

むっ ちゃん
むっ ちゃん

20代の頃は美容部員をしていました。

好奇心が強く、いろんなことにチャレンジしてみたいです。

コスメやサプリなど美容、健康を中心とした情報を発信しています。

よろしくお願いします。





キーワード

サプリメント育児子育てプラセンタ美容液クレンジングトライアルセット美白エイジングケア乳酸菌敏感肌エトヴォススキンケア保湿クリームオールインワンジェルレビュー教育プラセンタサプリ幼稚園オールインワンコスメ化粧水乾燥肌対策セルフホワイトニング歯磨き粉ホワイトニングHANAオーガニックプチプラコスメUVカットデリケートゾーンセラミド日焼止めオーラルケアミネラルファンデーション英会話まつ毛美容液チェルラーシートマスクリ・ダーマラボ筋トレブライトエイジクオニスレシピアヤナスダイエットキュットスリムダーマフィラーサプリフラーレン化粧品ディセンシアベースメイク水クレンジングUVケアオーガニックコスメ保湿化粧水ヴァーチェ腰痛産後妊娠中資生堂無添加コスメセラミドクリームアイクリームアイパックアルマード冷え対策夏バテ日帰り温泉花粉症アレルギー海外挙式リゾート婚イシュタールドライフルーツマジックフェイシャルお弁当リペアジェル トライアル米肌澄肌美白時短家事時短家電すそわきが抹茶口臭サプリ塩抜きダイエットプレミアムブレスクレールVライン脱毛シェイプアップ恋愛嫉妬リペアファンデーショントライアル美容オイルえごま油スーパーフードナイト美容液ラピエル顔汗ナイトブラふくらはぎ