FU・WA・RI
FU・WA・RI > 健康・美容 > デリケートゾーン > デリケートゾーンのかゆみに!薬に頼らず治せるおすすめアイテム5

デリケートゾーンのかゆみに!薬に頼らず治せるおすすめアイテム5


こんにちは。元美容部員のむっちゃんです。
今回のテーマは女性のデリケートゾーンのかゆみについて。


おりものが多くなってくる生理前や生理中などにデリケートゾーンがかゆいと感じる女性は多いですが、実は女性の周期に関係なくあそこのかゆみに悩んでいる、という人が増えています。

もともと乾燥肌、敏感肌の人は特にデリケートゾーンも乾燥しがちで敏感です。場所が場所だけに、相談できなかったり、病院や薬局にも行きづらい、なかなかデリケートゾーンの悩みを解決できない、という人は必見です。

今回はデリケートゾーンの悩みについて、その原因とおススメのお手入れ方法をご紹介します。
かゆみ改善に役立つおススメのアイテムもいくつか紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

デリケートゾーン かゆみの原因

体質的な問題で、顔や体が乾燥肌、敏感肌でスキンケアにも敏感肌用を使用している人はあそこもデリケートスキンな人が多いです。
紫外線や化粧品などの外部刺激やホルモンバランスの乱れが顔の肌あれを引き起こすように、デリケートゾーンも様々な刺激によってその痒みは起こります。ここでは代表的なかゆみ原因を取り上げてみます。


接触性皮膚炎

接触性皮膚炎はデリケートゾーンだけに起こるものではなく、皮膚に何かが触れることによって起こる湿疹です。
金属アレルギー、赤ちゃんのおむつかぶれ、などがこれ。
接触性皮膚炎には

  • アレルギー性皮膚炎
  • 刺激性皮膚炎
  • の2種類があり、デリケートゾーンで考えらる接触性皮膚炎は刺激性のものがほとんど。

    下着や生理用ナプキン、パンティライナー(おりものシート)などのこすれや刺激が考えられます。光沢感のある合成繊維や化学繊維を使用した下着による繊維負けなども原因の一つ。

    デリケートゾーンの肌も顔同様に加齢やストレス、ホルモンバランスなどが原因で日々変化をしています。ずっと同じ物を使っていても、ある時から急に肌に合わなくなる、ということは化粧品にでもおこりうること。
    このように、接触性皮膚炎にも様々な原因が考えられます。


    汗、おりもの、経血による蒸れ

    デリケートゾーンは1年中蒸れやすい環境にあります。
    排卵後のおりものの増加、生理中の経血量については個人差がありますが、上述の接触性皮膚炎と重なって症状が悪化することがあります。
    夏場が多い様に思われますが、冬でも暖房の聞いた部屋やこたつなどで汗がこもりやすくなっています。赤ちゃんがおむつかぶれを起こすように、私たちが思っている以上に下着の中は蒸れているようです。

    不衛生から雑菌の繁殖

    そもそもデリケートゾーンは何もしなければ不衛生です。
    膣内は雑菌の侵入、繁殖を防ぐための「膣の自浄作用」と呼ばれるものがありますが、女性のデリケートゾーンは構造が複雑で尿や垢がたまりやすい上に、おりもの、経血などの分泌物も加わります。
    また、汗などで蒸れることで雑菌が繁殖しやすくなり、ニオイやかゆみの原因になるようです。
    雑菌の繁殖が進むと、ひどい場合はブドウ球菌が陰毛の根元に入り込む毛嚢炎(もうのうえん)を引き起こしたりします。

    最近では生理用ナプキンやパンティライナーの質が向上し、低刺激で吸水性に優れたものがたくさん販売されていることも原因の一つ。
    取り換え頻度が少なくてもいいと考える人もいますが、衛生面のことを考えると、汚れたら取り換えることが、ニオイやかゆみを抑えることにつながります。


    もしかしてうつされたかも?と性病の疑いがある方、病院へは行きにくいというかたには自宅で匿名で受けられる検査キットがあります。

    体質(乾燥肌、敏感肌)

    乾燥肌、敏感肌の人は、デリケートゾーンも特に敏感な人が多いようです。
    乾燥性の敏感肌は、かゆみがでるとなかなか治まらず、中には血が出るまで掻いてしまって、症状を悪化させる人もいます。

    敏感肌の人はバリア機能が低下している状態が続いているので、下着などの外部刺激だけでなく、細菌にも感染しやすくなります。
    不潔な手で陰部をかくと、皮膚の悪玉菌(黄色ブドウ球菌)が増殖し、さらにかゆみがひどくなることも。
    実はアトピー肌や乾燥肌の人の中に、カンジダ膣炎の再発を繰り返している人が多くいます。バリア機能の低下や抵抗力の低下などはデリケートゾーンのかゆみに直結しています。かいてしまった傷口はもちろんですが、「清潔にしなくちゃ」と過剰な手入れが原因で再発する人も。
    カンジダ膣炎は膣内の悪玉菌と善玉菌のアンバランスが引き起こすことがあるので、デリケートゾーンのお手入れでは気をつけたい所ですね。

    常在菌の繁殖(カンジダ膣炎)

    「カンジダ膣炎」はおりものの異常と強いかゆみが特徴の感染症。感染症と言う名がついていますが、性行為が原因の「性感染症」とは別物。
    もともと膣内に棲みつく常在菌(真菌)の一種なので普段症状はありませんが、体力や免疫力の低下、妊娠や抗生物質の服用をきっかけにカンジダが異常に繁殖しておこります。

    このカンジダ膣炎発症の原因は、膣内の善玉菌と悪玉菌のアンバランスが引き起こします。妊娠によって膣内環境が変化したり、風邪などで服用した抗生物質が善玉菌まで除菌してしまい、悪玉菌が異常繁殖します。
    まずおりものが酒粕のようなポロポロしたものになり、その後膣内に強いかゆみがあります。
    症状がでると、そのかゆみは我慢できないほど強く、速やかに受診することが大事です。カンジダ膣炎によるかゆみが我慢できずにかき壊してしまうので、炎症がひどくなったり、広がったりして、痛みへ変わっていくことも。
    妊娠中はお腹の出る為にデリケートゾーンのケアが十分にできない可能性もあり、注意が必要です。

    このように我慢できない異常なかゆみを感じた時には、速やかに医師に相談することをおススメします。
    その他の性感染症などの疑いがあり、病院に行きづらい、という人には
    自宅で簡単に匿名で検査を受けることができる検査キットがインターネットで申し込み可能。
    さまざまな性病について調べることができます。


    かゆみを放置するとどうなる?

    断続的、継続的にかゆみを感じている場合、肌は健康な状態とは言えません。

    デリケートゾーンのかゆみを放置すると

  • 外陰部が赤く腫れる
  • 外陰部がただれる
  • 外陰部に血がにじむ
  • 排尿時に痛みを感じる
  • 黒ずみ

  • 陰部のかゆみがひどくなり、バリア機能が低下すると感染症にかかりやすくなるばかりでなく、皮膚を丈夫にしようとメラニン色素が活発になり黒ずみの原因にもなります。
    将来的に出産を考えてる人は、不妊原因につながる恐れのある病気を見逃してしまうことも。
    デリケートゾーンのかゆみが少しでも気になるようなら、放置せずに、医師、薬剤師に相談することをお勧めします。


    デリケートゾーンのかゆみ改善3つのポイント

    ここからはデリケートゾーンのかゆみを改善するために気をつけたい3つのポイントを紹介します。

    1.清潔を保つ

    健康な肌であれば、デリケートゾーンも弱酸性に保たれていて雑菌の繁殖を防ぐことができます。
    ですが、かゆみがある場合には皮膚のバリア機能が低下していて雑菌が繁殖しやすくなるので、生理用ナプキンやおりものシート(パンティライナー)などはこまめに取り替えたり、ウォシュレットを利用して清潔を心がけることが大切。
    清潔にするために、とデリケートゾーンをゴシゴシ洗うのは逆効果。
    お風呂で洗うときにはボディソープを使うのもあまりお勧めできません。
    ボディソープは汚れを落とすために洗浄力が強いものがおおく、デリケートゾーンの皮膚にとても負担になります。
    石けんやソープはデリケートゾーン専用のものを使い、泡立ててからやさしく洗います。

    2.下着、生理用ナプキンなどの刺激を減らす

    1にも当てはまりますが、生理用ナプキンやおりものシート(ライナー)などは低刺激なものを選びます。下着の素材であれば化学繊維をさけて綿100%のものがおすすめです。
    生理用ナプキンやライナーも肌負担の少ないものやコットン100%のものなど選ぶと改善することがあります。中には紙製のライナーに使われる薬剤が原因となっていることがあります。そんな人におすすめしたいのが愛用者も多い布でできたライナー
    おしゃれな下着を身に着けながらもデリケートゾーンをコットン100%のライナーが優しく守ってくれます。
    また、きついガードルやタイツなどで締め付けると肌への負担が増加するので、ゆるくて締め付けの少ない下着もおススメです。

    3.スキンケアの見直し

    デリケートゾーンをボディソープで洗っていませんか?
    ボディソープは洗浄力が高く、必要な油分や常在菌まで洗い流してしまうので、バリア機能が低下してかゆみの原因に。
    必要な油分を残して、肌表面にうるおいを残すデリケートゾーン専用の石けんで洗うとかゆみ改善につながります。


    デリケートゾーンかゆみを改善する5つのアイテム

    ここからはデリケートゾーンのかゆみに効果的なアイテムを紹介していきます。

    効果バツグンの専用石けん

    専用石けんならジャムウ石けん
    インドの伝承医学アーユルヴェーダをルーツにもつインドネシアの民間薬、ジャムウ。100%天然素材でできているのが特徴で、中国の漢方のように、目的に合わせて配合します。インドネシアではこのジャムウは普通の薬局に並ぶほどポピュラー。このジャムウは女性が自身を磨く為に発達させたレシピもあり、特にデリケートゾーンの臭いやおりものの異常を改善させたりする効果で有名です。ジャムウ石けんは植物由来で肌に優しく高保湿だけでなく、雑菌などの繁殖も防いでくれるので、デリケートゾーンかゆみだけでなく、黒ずみやニオイなど幅広い効果が期待できます。

    ドルチェローズNAMAジャムウソープ(1個 80g/1600円(税抜))

    デリケートゾーンの3大悩み(ニオイ、かゆみ、黒ずみ)に効果のある天然植物由来成分が23種類も配合された贅沢な生ジャムウ石けん
    アルガンオイル、ココナッツオイル、オリーブオイルなど肌が潤う植物美容オイル配合で高保湿なので洗い上がりがしっとり。
    コールドプロセス製法なので、贅沢な有効成分を破壊することなく製品化しています。
    セラミドやヒアルロン等化粧品に使用される保湿成分も配合されているので、マイルドでしっとりした洗い上がりを実感できます。

    =無添加へのこだわり=
    ・サルフェート/・シリコーン/・アルコール/・防腐剤/・鉱物油/・合成着色料



    ペマエンジェルレディハート(1個 80g/初回特別価格:2052円(税込))
    じゃむう石けん

    ジャムウ石けんの中で最も知名度が高いペマエンジェル。デリケートゾーン用スキンケア用品で取り上げられたメディアは多数。

    日本人女性の為の独自レシピでもちろん国産。天然由来の植物エキス、オイルがふんだんに配合されています。
    ダマスクローズの香りも人気ですが、コスパと泡立ちのよさも人気の理由。
    デリケートゾーン かゆみだけでなく、におい、黒ずみなどデリケートゾーンのあらゆる悩みに対応してくれます。

    =無添加へのこだわり=
    ・合成界面活性剤などの化学添加物/・保存料



    2.オーガニック処方の専用石けん

    デリケートゾーン専用の石けんの中でも特にオーガニック素材にこわだわった専用石けんです。

    アンボーテ フェミニーナウォッシュ(150ml)

    インスタグラムやSNSでも話題のアンボーテ フェミニーナウォッシュ。世界的オーガニックコスメ認証のコスモスを取得した日本で初めてデリケートゾーン用液体ソープ。全成分の約50%がオーガニック成分のアンボーテはダマスクローズ、アロエベラ、ローズヒップなど保湿力高いオーガニックハーブをふんだんに使い、汚れを落としながらもしっかり保湿。肌を整えて雑菌の繁殖を防いて特ににおい、かゆみに効果を発揮します。
    ★アンボーテフェミニーナウォッシュについては別記事で口コミレビューがあるのでそちらも参考にしてみてください。



    アムールモア(1個 80g)

    100%天然オイルでオーガニックハーブにこだわったジャムウ石けん。
    ホホバオイル、オリーブオイル、パームオイル、ココナッツオイルを使用し、さらに6種類のアロマ成分いり。

    ノンパラベンで、合成香料/着色料不使用、合成界面活性剤不使用、肌トラブルの原因になる石油系成分も一切使用せず。
    肌に優しく安心、安全な成分な上に、女性らしくあるための成分も配合されているので、女性の為に作られた石けんです。



    3.敏感肌におすすめオーガニックライナー

    デリケートゾーンのかゆみ、肌荒れの改善に肌に直接触れる下着の素材を変えてみるのも有効。
    締め付けの緩い、綿100%の素材などがおすすめ。パンティライナーの布ナプキンも人気です。
    布ナプキンというと、生理用ナプキンと思われがちですがおりもの用など普段の日に使えるライナーがあります。
    肌に優しく低刺激で、使い捨てではないので下着の一部として使えます
    これから紹介する布ナプキンはオーガニックコットン使用。使い始めるとその使い心地のよさに手放せなくなる、と好評です。

    nunona(ヌノナ)の布ナプキン

    nunonaの布ナプキンの製品はオーガニック線維の世界基準「GOTS」を取得し、原材料の95%以上が有機栽培されたオーガニックコットンを使用しています。生理中はもちろんおりもの、軽い尿漏れなどが気になる人に愛用者多数。
    コットン独自の柔らかいふんわりしたつけ心地で、動いてこすれてもかゆくならないの大きな特徴です。デザインやサイズのバリエーションも多いので、下着を選ぶように布ナプキンを選ぶことができます。
    またnunona公式通販サイトではデリケートゾーン専用ソープも取り扱っているので、一緒に使うと効果的。
    初めて布ナプキンを使ってみたいという方には30日間返金保証付きのセットがあります。


    INNER DIRECTION(インナーディレクション) LINTEN(リンテン)

    LINTENの布ナプキンのこだわりは100%オーガニックコットン使用、国内生産で高機能。
    水分は逃さず、湿気だけを逃す撥水シートで、蒸れにくく、 またオーガニックコットンの優しい肌触りでデリケートゾーンのかぶれに悩む女性に大人気です。
    特に生理中の肌荒れ、紙ナプキンでかぶれるという人におすすめ。
    トライアルセットなら2600円で購入可能でお得です。


    地球洗い隊 Sunny Days(サニーデイズ)

    「掃除をしながら地球を洗おう!」コンセプトに、微生物によって汚れを分解する環境に優しい洗剤を提案している会社です。
    洗剤以外にも地球環境にやさしい製品づくりにこだわりがあります。
    Sunny Daysもその中の一つ。
    とにかくムレ、かぶれがなくなると好評。
    デビューセット1800円はプチサイズで普段の日に試してみることもできるのでおすすめです。


    4.乾燥・敏感肌専用ボディソープ

    赤ちゃんやアトピー肌にも使えるというとにかく低刺激で保湿力の高いボディーソープ。
    もちろんデリケートゾーンにも使えるものばかりです。

    しみずの無添加石けん(200ml)

    こちらはアトピー肌に悩む方に開発されたデリケートスキン専用のボディソープ。
    どうしても乾燥に傾いて、かき壊してしまうほどの悩みに。

    体内でセラミド生成をサポートするビタミン、ビオチンを配合。
    ビオチンは科学的にも皮膚のかゆみに大きく関係していることが分かっています。
    しみずの無添加石けんはビオチン配合、不要な成分とことん無添加にこだわった石けんです。
    どうしても治まらないデリケートゾーンのかゆみに、試してみる価値はありそうです。

    しみずの無添加石けんは60日間返金保証で試すことができます。


    リマーユクリアソープ(1個 90g)

    日本で最初の救急絆創膏で有名な創業130周年の歴史を持つ「リバテープ製薬」の商品。
    家庭向け製品以外にも医療関係向け製品も数多く手掛けています。

    リマーユシリーズのクリアソープは馬油の配合率が20%の保湿力に優れた石けんです。
    敏感肌、乾燥肌の人に有効で、子供から大人まで使用可能。

    原材料のよさと、精製度の高さで馬油のニオイは全く気になりません。
    天然成分にこだわっているので香料・着色料はもちろんのこと、アルコール系の成分、防腐剤を代表するパラベンやフェノキシエタノールも使用していません。

    顔、体、髪にも使えます!
    リマーユクリアソープを始めて購入の方に限り、20%OFFで購入いただけます。



    コラージュフルフル泡石鹸(300ml)

    赤ちゃん用ベビーソープも手掛ける持田製薬グループの持田ヘルスケア㈱の商品。

    真菌と細菌をW抗菌を日本で初めて可能にした石けんです
    もちろん赤ちゃんのデリケートゾーンにもおススメできるくらい、低刺激な商品。

    プッシュ式の泡石けんで、デリケートゾーンをこすらず優しく洗えます。
    無着色、無香料でニオイ、ムレ、かゆみに効果を発揮します。

    ■コラージュフルフル石鹸の特徴
    ・真菌と最近をWで抗菌できる薬用石けん
    ・敏感な肌にも使えるこだわり処方
    ・ニオイもすっきり洗う

    持田ヘルスケア㈱ではWEB限定先着1000名様に乾燥肌用化粧品コラージュBKサンプル500円分プレゼント(送料無料)のキャンペーンを実施しています。
    キャンペーンでの購入は下記リンクから。一番お得に購入できます。



    5.乾燥かさつきに高保湿な美容オイル

    潤い不足で起こるデリケートゾーンのかゆみには、オイルを使った手入れもおすすめ。
    お風呂で体を洗う際の石けんやボディソープに混ぜて使うこともできるし、入浴後のデリケートゾーンに薄く伸ばして使ってみたり。色々な方法で使えるので1本あると便利です。

    HANAオーガニック アーユスオイル

    (20ml/通常価格:4762円(税別))

    世界基準のオーガニック認定機関であるエコサート基準で商品開発を続けているHANAオーガニック。オーガニックセサミを主成分としたアーユスオイルは2016年秋にリニューアルされ、肌へのなじみもUP。
    オレイン酸とリノール酸のバランスにこだわり、オイルでありながら、サラリとしたつけ心地が人気です。
    肌の炎症を抑える効果があり、自ら潤う肌に導いてくれます。

    =主な保湿成分=

    ・オーガニックセサミオイル
    ・モリガンオイル
    ・ブラックシードオイル
    =特 徴=
  • 重すぎないテクスチャーでオイルなのに浸透が早い
  • オイルなのに肌なじみがすごく良い
  • べたつかず、さらりとした付け心地
  • アーユスオイルを試してみたい方は初回限定のトライアルセットがお得です。



    ヴァーチェ マルラオイル

    (1本18ml/通常価格:3974円(税込)初回限定:2980円(税込))

    南アフリカの厳しい大地で育ったマルラの実から抽出される天然オイル。
    マルラは南アフリカで「神の木」とも呼ばれるとても価値のある植物で、アルガンオイルを超える美容オイルとして注目のオイルです。
    ヴァーチェのマルラオイルは国産純度100%で無添加なので、余すところなく効果を実感できます。

    =特 徴=
  • 酸化、劣化につよく高い保湿効果があります。
  • 抗酸化力はオリーブオイルの約10倍
  • 浸透力が高くべたつかない


  • リマーユオイル液状

    (1本/60ml 通常価格:3780円(税込) 初回限定:3024円(税込))

    低刺激で高保湿のボディソープで紹介しているリマーユクリアソープの姉妹品なので相性抜群。上質な上澄みの馬油が主成分のオイルです。
    世界基準とも言われる国際オーガニック認証機関エコサート認証のアルガンオイル、五葉松オイル、スクワランを配合。オイルなのにぬめりがなく、サラリと肌になじみます。
    =特 徴=
  • エコサート認証の「アルガンオイル」、「五葉松オイル」、「スクワラン」配合
  • 防腐剤、香料、着色料、界面活性剤不使用
  • 創業130年の製薬会社が製品化した商品
  • 馬油の上澄みとハーブオイルでサラサラしたテクスチャーで高い浸透力があります。


  • メルヴィータ ビオオイル アルガンオイル

    (1本/50ml 3780円(税込))


    メルヴィータはロクシタン グループのフランス発のオーガニック認証コスメブランド。
    メルヴィータと言えばアルガンオイル、と言われるほどnロングセラー商品がこちら。
    世界中の化粧品で初めてエコサートを取得した企業の一つで、オイル美容のパイオニアとも呼べる存在。
    純度100%のアルガンオイルには肌なじみのいいオレイン酸とリノール酸、ビタミンEが豊富で、肌なじみが良く、べたつかないのが特徴。
    しっとりと保湿してくれるので、みずみずしい肌へ導いてくれます。

    =特 徴=
  • 低温圧搾法による一番搾りのオイルを使用。
  • 化学添加物不使用、非焙煎、非脱臭
  • 肌へのなじみがよく、高い保湿力
  • 皮膚が柔らかくなります。



  • フェミニーナ軟膏ってどう?

    フェミニーナ軟膏  
    デリケートゾーン(陰部)のかゆみ、といえば小林製薬㈱のフェミニーナ軟膏を思いつく人は多いんじゃないかと思います。

    フェミニーナ軟膏は、デリケートゾーン(陰部)のかゆみやかぶれを鎮める治療薬としては日本で初めて発売されました。
    陰部のかゆみ治療薬としては代名詞になってるんじゃないか、とも思います。

    事実フェミニーナ軟膏の効果はかなりの人に認められていて、愛用者も多いと聞きます。
    最近ではAMAZONなどのインターネットの通販でも販売されているので、手軽に入手できるようになりました。

    薬などに敏感になる妊婦さんも愛用者が多いですね。第2類医薬品としての位置付けですが、産婦人科で使用を禁止されることはまずないようです。

    もちろん妊婦さんは産婦人科医に相談の上、使用してくださいね。
    妊娠することによって膣内環境もホルモンバランスも変化することで、デリケートゾーンが過敏になりかゆみが気になる妊婦さんが多いそうです。

    ※第2類医薬品・・・「第一類医薬品」以外で、副作用等により日常生活に支障をきたすほどの健康被害が生じるおそれがある医薬品である。医薬品には第1類医薬品から第3医薬品まであり、販売できる方法もそれぞれ違います。第2医薬品は第1医薬品のように必ず薬剤師による情報提供の義務はありません。

    〇フェミニーナ軟膏は次のような症状に効果のある薬品です

    フェミニーナ軟膏 ・生理時のかゆみ
    ・下着かぶれ
    ・おりものによるかゆみ
    ・汗ムレによるかゆみ
    ・陰部周辺ぶの悩み
    ・その他の炎症・かゆみ・かぶれなど

    〇フェミニーナ軟膏を使うにあたっての注意点
    ・デリケートゾーンと言ってもフェミニーナ軟膏は粘膜部、膣内には使用できません(膣内のかゆみが気になるようなら医師の診断をお勧めします)。
    カンジダ膣炎には効果がありません!
    これは小林製薬のフェミニーナ軟膏の取扱説明書に大きく記載されています。
    パッケージにも「本剤はカンジダ症の治療薬ではありません。フェミニーナ膣カンジダ錠などカンジダ治療薬と併用しないでください。」と印字されています。
    IMG_2766aaa

    フェミニーナ軟膏の即効性がある事でも有名なので、使用して2.3日にもかからず症状が改善することがほとんど。

    1週間使用して効果を感じないのであれば、別の原因があることを疑ったほうがいいかもしれません。

    治らないから、と塗り続けるのは得策ではありません。

    まとめ

    デリケートゾーンのかゆみを改善するには

    ・清潔を心がける
    ・肌にできるだけ刺激を与えないこと
    ・保湿を心がける

    最近はデリケートゾーン専用石けん、ソープなども増えてきているので一度試してみてください。

    この記事を書いた人

    むっ ちゃん
    むっ ちゃん

    20代の頃は美容部員をしていました。

    好奇心が強く、いろんなことにチャレンジしてみたいです。

    コスメやサプリなど美容、健康を中心とした情報を発信しています。

    よろしくお願いします。





    キーワード

    サプリメント育児子育てプラセンタ美容液クレンジングトライアルセット美白エイジングケア乳酸菌敏感肌エトヴォススキンケア保湿クリームオールインワンジェルレビュー教育プラセンタサプリ幼稚園オールインワンコスメ化粧水乾燥肌対策セルフホワイトニング歯磨き粉ホワイトニングHANAオーガニックプチプラコスメUVカットデリケートゾーンセラミド日焼止めオーラルケアミネラルファンデーション英会話まつ毛美容液チェルラーシートマスクリ・ダーマラボ筋トレブライトエイジクオニスレシピアヤナスダイエットキュットスリムダーマフィラーサプリフラーレン化粧品ディセンシアベースメイク水クレンジングUVケアオーガニックコスメ保湿化粧水ヴァーチェ腰痛産後妊娠中資生堂無添加コスメセラミドクリームアイクリームアイパックアルマード冷え対策夏バテ日帰り温泉花粉症アレルギー海外挙式リゾート婚イシュタールドライフルーツマジックフェイシャルお弁当リペアジェル トライアル米肌澄肌美白時短家事時短家電すそわきが抹茶口臭サプリ塩抜きダイエットプレミアムブレスクレールVライン脱毛シェイプアップ恋愛嫉妬リペアファンデーショントライアル美容オイルえごま油スーパーフードナイト美容液ラピエル顔汗ナイトブラふくらはぎ