FU・WA・RI
FU・WA・RI > 健康・美容 > 歯を白くする方法徹底調査!歯の健康を考えたホワイトニング歯磨き粉10選とおすすめキット

歯を白くする方法徹底調査!歯の健康を考えたホワイトニング歯磨き粉10選とおすすめキット


こんにちは、キレイ女子を応援する美容情報発信サイトFUWARI編集部です。

今回のテーマは「歯の美白」。

キレイ女子を目指すならお肌と同じくらいこだわりたいのが「歯の白さ」ですよね。
芸能人やモデルが見せる白い歯にあこがれる人も多いのではないでしょうか?
歯のホワイトニング、と言えば芸能人などがクリニックや審美歯科に通って特別にお金と時間をかけてするものってイメージがありますが、最近は一般の人でも「白い歯」にこだわりを持つ人が急増中。実際にホワイトニング専門のクリニックも増えてきて身近になってきてはいるんですが、クリニックでのホワイトニングは歯の状態によって1本数万円もかかってしまう事も。 歯のホワイトニングにかけられるお金や時間を考えるとちょっとハードルが高いと感じる人も多いと思います。また時間やお金を天秤にかけると、そこまでして?と思う人も少なくないはず。

そこで今回はクリニックよりもお金をかけずに、手軽に自宅で歯を白くするセルフホワイトニングの方法をいくつかご紹介したいと思います。
併せて、歯を白くしたり、白くなった歯を維持するために効果的な食べ物やNGな食べ物、おすすめ歯磨き粉なども紹介しているので是非参考にしてみてくださいね。

  • 白い歯にあこがれる
  • お金をかけずに歯を白くしたい
  • クリニックに通う時間がない
  • 歯の健康を維持したい
  • こんな人は必見です。

    歯が黄ばむ主な原因まとめ

    歯が黄ばむ原因は体質なども含めていくつかあります。

    1.食事やたばこによって付着する歯の表面(エナメル質)の汚れ
    歯の黄ばみと言うとまず思いつくのはたばこのヤニではないでしょうか?特に年配のヘビースモーカーにみられる歯の黄ばみは長年にわたって喫煙を続けた結果徐々にヤニが蓄積されたもの。 また色の濃い食べ物によっても着色汚れが歯の表面にとどまると歯が黄ばむ原因となってしまいます。
    着色汚れの原因となる食べ物(飲み物)とは?
    ・ポリフェノールを多く含む食品:コーヒー・赤ワイン・グレープジュース・ブドウ・ブルーベリー
    ・タンニンを多く含む飲み物:紅茶・緑茶・ウーロン茶
    ・カラメル色素などの着色料を使った食品:コーラや色のついた炭酸飲料・飴・ガム・アイスクリーム
    食物に含まれる着色汚れの原因となる成分には、ポリフェノールやタンニン、カラメル色素などの着色料などがあります。

    2.加齢による色の変化
    本来の歯の白は、歯の表面のエナメル質とその内側にある象牙質の色の組み合わせにより個人差があります。
    エナメル質は加齢とともに摩耗していくため、時間の経過とともに薄くなっていきます。 象牙質はもともと黄色っぽい色をしているため、本来の象牙質の色が濃い人は歯本来の色が黄色っぽい色になります。
    この象牙質も加齢とともに色が茶色っぽく変化してしまいます。 エナメル質の摩耗や象牙質の変色具合にも個人差がありますが、茶色っぽく変色した象牙質が摩耗して薄くなったエナメル質から透けて見えることでより歯が黄色っぽく見えてしまいます。 エナメル質の摩耗については加齢だけではなく、歯の磨き過ぎや使用する歯磨き粉の成分によっても摩耗しやすくなることがあります。

    3.歯石がついている
    歯石は、歯磨きで磨き残した歯垢が唾液中のミネラルと結合してできます。歯と歯茎の境目や歯と歯の間にできるので歯そのものが黄ばんで見えることがあります。 石のように固くなってしまった歯石は歯磨きでは取り除くことができなくなるだけでなく、歯石がついている部分はさらに歯垢が付きやすく、細菌の温床になるため歯周病の原因にもなってしまいます。

    4.虫歯による変色
    食べ物に含まれる糖がエナメル質に付着すると歯が溶けて出して虫歯が進行していきます。虫歯になると菌の繁殖によって歯が茶色く変色したり、ひどくなると歯が黒く変色します。 虫歯による変色場合はクリニックでの治療で、変色部分を削ったり、詰め物をするなど適切な処置が必要となります。

    5.歯の治療に使われた素材(詰め物・金属など)の劣化
    歯の治療によって使用した詰め物などは時間とともに劣化して変色したり、色素沈着が起こります。歯の表面をきちんと磨けば元の色に近づけることもできますが、素材によっては内部まで変色していることも。 詰め物などの劣化による黄ばみはクリニックなどで新しい詰め物に取り替えるなどの治療が一般的です。 また進行した虫歯や虫歯治療によって神経が死んでいる、通っていない状態の歯は、徐々に茶色く変色していきます。個人差はあるものの、一般的なブラッシングケアなどでは元の白さに戻すことは難しいとされています。

    歯の変色を防ぐには?

    歯の黄ばむ原因は他にもありますが、加齢や虫歯(治療)、象牙質の本来の色などは一般的なブラッシングなどでは白さを取り戻すのは難しくなるので、自身の歯の黄ばみ原因に合った治療やホワイトニング法が必要。 歯の表面につく着色汚れに関しては普段の生活習慣を見直すことで改善することが可能です。
    喫煙者であれば、喫煙を控える、禁煙する、というのが一番の近道なんですが、なかなか難しいですよね。
    食物による着色汚れが原因の変色を防ぐには、コーヒーなどの原因となる成分、ポリフェノールやタンニン、着色料を使った食べ物を控えることが予防法の一つになります。
    ただ歯の黄ばむ原因すべてを取り除くというのは不可能なので、食事後はすぐにうがいをするなど意識することでケアが習慣化すると変色しにくい歯に近づけることはできます。

    自宅でできる歯を白くする5つの方法

    ここからは、クリニックに通わずにできる歯を白くする方法を紹介します。自宅で簡単に、今日からでも始められる方法ばかりなので是非参考にしてみてくださいね。

    ①いつもの歯磨き粉に重曹をプラス

    料理や掃除などでも大活躍、おうちに重曹があると重宝しますよね。実は昔から歯磨き粉に重曹が使われていたのをご存知ですか?
    現在でも重曹をそのまま歯ブラシにのっけて磨いたり、もしくはハッカ油などと混ぜて磨きやすいペースト状にして使っている人も多いのだそう。 また普段の歯磨き粉に重曹を一つまみ振りかけて歯磨きをする、という方法もあります。
    実際の歯磨き粉にも使われる成分なのでなんだか効果はありそうですよね。

    しかし実は「重曹が歯を白くする成分である」というわけではありません。 もちろん市販の歯磨き粉も同様ですが、日本で販売されている歯磨き粉は歯を漂白して白くする効果のある成分を配合できない決まりになっています。 重曹にホワイトニング効果がある、というのはお掃除の効果同様に「歯のクリーニング効果」です。 劇的に歯を白くできるわけではありませんが、歯についた着色汚れを分解して研磨作用によって汚れを落としてくれる効果があります。
    ただ重曹を歯のホワイトニングに使用するには注意したいポイントがいくつかあります。
  • 研磨作用でエナメル質が傷つく可能性がある
  • 重曹はナトリウムなので塩分が過剰になる可能性がある
  • 油脂やタンパク質を分解するので口の中の粘膜に刺激となることがある
  • 添加物の入っていない歯磨き粉としては優秀な重曹ですが、使用量や使用頻度について使いすぎには注意が必要です。

    ②歯の消しゴムを使う

    歯の消しゴムは、鉛筆で書いた字を消す消しゴムのように歯の表面をこすって歯の表面の着色汚れを落とすもの。
    軽量で持ち運びに便利になので外出先でも歯の汚れを落とすことができます。

    歯の消しゴムの主成分は研磨剤の為歯の表面の汚れを削って落とすことができますが、デメリットとして強くこすると歯の表面に研磨剤による細かい傷がついて、以前よりも着色汚れが付きやすくなったり、ブラッシングでも取れにくい汚れが付きやすくなってしまうことがあります。 また歯の消しゴムは歯と歯の間やすき間は歯ブラシよりも磨きにくいため全体使いに不向き。使い方としては歯ブラシの代わり一時的に使用する、ピンポイントの汚れ落としには有効です。

    ③歯のマニュキュアを塗る

    今すぐ、今日、この時間に歯を白くしたい!という人には歯のマニキュアがおススメ。
    歯のマニュキュアは爪のマニュキュア同様におしゃれの一つとしてのアイテムです。効果は半日から1日なので根本的に歯が白くなるわけではありませんが、1日だけでも白い歯なりたいという人は試しててみてもいいかも。

    歯のマニュキュアは爪のマニュキュアのように歯に白い塗料を塗って表面的に歯の色を変えるものなので、場合によっては塗料の厚みが出てしまったり、塗ムラが出来てしまうことがあるので、手の器用さや製品の選び方によっては思っていたイメージ通りに仕上がらない可能性も有ります。 また口の中に入る可能性もあるので、配合成分には注意して選ぶようにしましょう。

    ④ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使う

    今回紹介する「自宅でできる歯を白くする方法」の中ではもっとも簡単で手軽に始められるのがこの方法ではないでしょうか?

    今ある歯磨き粉をホワイトニング効果のある歯磨き粉に変えるだけ。といういたってシンプルな方法です。 歯を白くするホワイトニング成分配合の歯磨き粉に変えるだけで効率的に歯を白くすることができるので、クリニックのホワイト二グを受けるよりも手軽で、そして高い費用をかけることなく歯を白くできます。

    ただホワイトニング成分については市販の歯磨き粉とクリニックでは使用する薬品が全く違うので歯を白くするためのアプローチや効果については違いがあります。日本では歯を漂白して意図的に白くする効果のある成分(過酸化水素など)を歯磨き粉に配合することは薬事法で禁止されているので、ホワイトニング効果のある歯磨き粉では本来の歯の色以上に白くすることはできません。
    それでも一般的な歯磨き粉に比べると、ホワイトニング用成分が配合されている歯磨き粉は毎日のブラッシングでだんだんと歯を自然な白さに戻してくれるので手間や時間やお金など総合的にみておすすめの方法と言えます。

    ホワイトニング歯磨き粉の選び方

    毎日の歯磨き粉を変えるだけで、だんだんと歯を本来の白さに取り戻してくれるホワイ二ング歯磨き粉は自宅で簡単に始められるセルフホワイトイニングケアにはピッタリ。
    最近では様々なホワイトニング成分配合の歯磨き粉が販売されているので、興味のある人は多いと思います。
    ですが、ホワイトニング歯磨き粉の選び方には注意が必要です。
    実はホワイトニング歯磨き粉って基準があいまいなんです。選び方を間違えると思ったより効果がなかったなんて言うことも。 また、歯磨き粉を変えたことによって歯は白くなったけど、虫歯になってしまったり歯ぐきが弱ってしまったりしてしまうと歯磨き粉の本来の意味がなくなってしまいますよね。 ここでは「失敗しないホワイトニング歯磨き粉を選び方」をいくつか紹介したいと思います。

    1.歯磨き粉として役割をきちんと果たす
    歯を白くしたい!といくら望んでも、その歯自体が虫歯を患っていたり、歯周病や歯肉炎などの歯ぐきが健康でなければ歯のホワイトニングどころではありません。ホワイトニング歯磨き粉には本来の歯磨き粉としての役割をきちんと果たしてくれる成分にこだわりたいですよね。
    【歯磨き粉の具体的な役割】・むし歯の発生と進行を防ぐ・歯の着色を防ぐ・歯を白くする・口中を浄化する・口臭を防ぐ・歯周病を防ぐ・歯石が溜るのを防ぐ・タバコのヤニを付きにくくする

    これらの役割をきちんと果たしながら、ホワイトニング効果が実感できるものを選びたいですよね。

    2.磨き過ぎない歯磨き粉
    歯の白さの大前提として歯の健康があります。 歯の健康を考えた場合に歯磨き粉にこだわりたいのは研磨剤
    ・入っているかどうか?
    ・入っている場合には最小限かどうか?
    ・微粒子になっているかどうか?
    などが重要なポイント。 私たちよく目にする一般的な歯磨き粉は研磨剤が配合されているものがほとんど。ですが研磨剤は使い方によってはホワイトニング効果にも歯の健康にもよくありません。
    実は歯の黄ばみの原因の一つに「磨き過ぎ」があげられます。着色汚れを落とすために配合される研磨剤は、歯を磨き過ぎることで歯の表面に無数に傷をつけてしまうことがあります。
    この傷の隙間に食べ物や着色汚れが入り込むと通常のブラッシングではなかなかとることができず、以前よりも黄ばみやすい状態になってしまいます。 また、磨き過ぎによってエナメル質が削り落とされることで知覚過敏などの原因にもなると言われています。

    3.汚れを落とすためのホワイトニング成分
    もちろんホワイトニング歯磨き粉を選ぶ際には、汚れを効率的に落とすための成分が配合されているかどうかが大きなポイントです。 最近では歯磨き粉自体に汚れを浮かす、汚れを分解するなどの成分が配合されていて、ブラッシングでゴシゴシ削り落とすよりも安全かつ確実に黄ばみ原因を取り除いてくれる歯磨き粉が登場しています。
    研磨剤のように研磨作用に頼らないホワイトニング成分配合の歯磨き粉がおすすめです。

    4.発泡剤・合成界面活性剤の不使用
    歯磨き粉には様々な成分が配合されていますが、中でも気を付けたいのが発泡剤。歯磨き粉の泡立ちをよくするために配合されていて、一般的な歯磨き粉の多くに配合されています。 特によく使われる成分としてはラウリル硫酸ナトリウムがあげられます。ラウリル硫酸ナトリウムは台所用洗剤やシャンプーなどにも使われている成分ですが、歯磨き粉にも使われることが多い成分。 以前より人体への悪影響などが懸念されていて、強い脱脂力とタンパク質変性作用があるので口内の皮膚を傷める可能性があります。 歯磨き粉に配合されるラウリル硫酸ナトリウムは経皮吸収が認められている成分にもなるので、出来るだけ不使用の歯磨き粉を選びたいですね。 また、歯磨き粉の泡立ちの良さは、実は歯を磨けているように思わせていることが多く、磨き残しの原因ともなるため、発泡剤不使用の歯磨き粉を推奨する歯科医やクリニックが多いようです。

    ホワイトニングと歯の健康を同時に叶える歯磨き粉10選

    ここからは、10年20年後の歯の健康を考えたこだわりのホワイトニング歯磨き粉を厳選してご紹介。虫歯や歯周病、口臭などお口の中をトータルにケアしながら歯のホワイトニングまで叶えてくれる高品質な歯磨き粉です。是非参考にしてみてくださいね。

    Lilly White(リリーホワイト)
    世界で最も虫歯の少ない虫歯予防の先進国スウェーデンの予防歯科に着目して開発。 「歯を白くする」「歯周病の予防」「虫歯の予防」「口臭の予防」の4つ効果が認められた医薬部外品の歯磨きジェルです。

    《Lilly Whiteの特長》
  • クリニックでも使用される「ポリリン酸ナトリウム」配合で高いクリーニング効果を実現
  • 着汚れの再付着を防いで、磨くたびに本来の白さを取り戻す
  • 高い殺菌作用のある有効成分が菌のかたまり「バイオフィルム」まで殺菌除去
  • 歯ぐきの健康をサポートする有効成分配合


  • 《Lilly Whiteの商品情報》
  • 内容量:30g
  • 通常価格:5,980円(税別/送料600円)
  • 定期購入価格:毎月3,980円(税別/送料無料)
  • ※1回の受け取りからでも解約・休止が可能


    プレミアムブラントゥース
    世界5か国で売上NO.1を達成。口に入れるものだからオーガニックにこだわった植物由来成分をぎゅっと凝縮した歯磨きジェルです。

    《プレミアムブラントゥースの特長》
  • オーガニック成分にこだわったホワイトニングジェル
  • パパイヤから抽出した酵素パパインが黄ばみ汚れ(タンパク質)を分解
  • 抗菌・抗炎症・歯ぐきの血行促進などトータルにケアできる20種類以上のハーブを凝縮


  • 《プレミアムブラントゥースの商品情報》
  • 内容量:30g
  • 通常価格:7,980円(+税/送料650円)
  • 定期購入価格:初回限定:3,980円(+税/送料無料)/2回目以降:4,980円(+税/送料無料)
  • ※90日間返金保証付き


    リュミエールブランネージュ
    歯科医師監修のホワイトニングに特化した歯磨きジェル。ブラッシングするだけで画期的な着色汚れ除去作用を持つ高濃度のミネラルウォーターです。

    《リュミエールブランネージュの特長》
  • 独自成分が着色汚れに反応して膨らむエネルギー、瞬発力を利用して汚れを剥離。はがして落とすを実現
  • 高濃度のカルシウム・ケイ素を含むアルカリの複合ミネラル溶液で長時間にわたって口内の除菌、衛生維持効果
  • 大手口コミサイト「@コスメ」歯磨き粉部門1位獲得実績あり


  • 《リュミエールブランネージュの商品情報》
  • 内容量:30ml
  • 通常価格:6,000円(税別/送料540円)
  • 定期購入価格:初回価格:2,980円(税別/送料無+料)2回目以降:4,980円(税別/送料無料)
  • ※10日間返金保証付き


    薬用パールホワイトプロEXプラス
     3種類のホワイトニング成分を配合。製薬会社が開発したブラッシングするだけ美容歯科と同等の効果が得られると話題の歯磨きジェル。

    《薬用パールホワイトプロEXプラスの特長》
  • 厚生労働省がヤニとり効果を認定した成分「ポリリン酸ナトリウム」配合
  • 3種類のホワイトニング成分配合(メタリン酸Na、ポリリン酸Na、DL-リンゴ酸)
  • 有効成分IPMP(イソプロピルメチルフェノール)が歯周病菌、バイオフィルムの奥まで除菌。
  • 利用者の80%以上が1週間以内にホワイトニング効果を実感


  • 《薬用パールホワイトプロEXプラスの商品情報》
  • 内容量:30ml
  • 通常価格:8,400円(税込)※45日間返金保証
  • 定期購入価格:初回特別価格:3,240円/2回目6,480円
  • ※定期購入の場合返金保証なし


    [薬用]ちゅらトゥースホワイトニング歯磨きジェル

     ホワイトニングケア成分、虫歯ケア、歯周病ケアなど口内をトータルにケアできる有効成分配合の歯磨きジェルです。

    《[薬用]ちゅらトゥースホワイトニングの特長》
  • 虫歯の初期段階にアプローチする新成分GTO配合
  • 有効成分IPMP(イソプロピルメチルフェノール)が歯周病菌、バイオフィルムの奥まで除菌。
  • 3種類のホワイトニング成分配合で着色汚れを浮かして、再付着も防ぐ成分も配合


  • 《[薬用]ちゅらトゥースホワイトニング商品情報》
  • 内容量:30ml
  • 通常価格:5,980円(税別)
  • 定期購入価格:初回限定:3,980円(+税/送料無料)2回目以降:4,980円(+税/送料無料)

  • レディホワイト
    3種類のホワイトニング成分に虫歯・口臭・歯周病に効果のある薬用成分をプラスした歯磨きジェルです。


    《レディホワイトの特長》
  • 虫歯の初期段階にアプローチする新成分GTO配合
  • 歯と汚れの隙間に浸透して汚れを浮き上がらせるリンゴ酸DLを配合
  • 虫歯、歯周病、口臭予防に効果的なアラントイン、イソプロピルメチルフェノール、キシリトール配合

  • 《レディホワイト商品情報》
  • 内容量:30ml
  • その都度購入:8,500円(税別)※60日間返金保証
  • 1日2回定期コース:通常価格:5,500円(+税/送料無料)30日分初回限定:2,750円(+税/送料無料)
  • ※60日間返金保証はその都度購入プランのみ対象


    薬用ポリリンジェルEX
    TVショッピングなどで累計100万個を売り上げるロングセラー。特許成分「分割ポリリン酸」でホワイトニングと歯周病ケアを同時にケアすることを可能にした歯磨きジェルです。

    《薬用ポリリンジェルEXの特長》
  • 特許成分「分割ポリリン酸」配合
  • 歯を白くするだけでなく口腔内の健康を考えて開発
  • 医学博士監修の歯磨きジェル

  • 《薬用ポリリンジェルEX商品情報》
  • 内容量:30g
  • 通常価格:3,990円(税込)
  • 【ポリリンジェルEX ベーシックセット】
    ・薬用ポリリンジェルEX(30g)<薬用歯磨きジェル>
    ・薬用ポリリンデンタルリンス(500mL)<薬用液体歯磨き>
  • セット価格:6,240円(税込)
  • ※45日間返金保証はベーシックセットのみ


    はははのは
    製薬会社との共同開発した無添加歯磨きジェル。歯の黄ばみをはじめとする女性のお口の悩みに耳を傾けて開発。ホワイトニング成分はもちろん抗菌・潤いケアには完全無農薬のオーガニック成分配合するなど安心安全にこだわった歯磨きジェルです。

    《はははのはの特長》
  • 無添加処方の歯磨きジェル
  • ポリリン酸ナトリウムとメタリン酸ナトリウムのWのホワイトニング成分を配合
  • 着色汚れを分解するパパイン、天然の界面活性剤オーガニックのソープナッツの他10種類のオーガニック植物を配合

  • 《はははのは商品情報》
  • 内容量:30g
  • 通常価格:3,500円(税込)
  • 定期価格:初回限定:1,980円(税込/送料無料)/2回目以降:2,980円(税込/送料無料)
  • ※10日間返金保証付き※1回の受け取りからでも解約・休止が可能


    薬用オーラパール
    美白成分と歯周病予防成分を日本で初めて同時配合した薬用歯磨き粉です。ナノ粒子化したハイドロキシアパタイト、9種類の薬用有効成分配合で口内環境から多方面からアプローチ。トータルケアを考えた歯磨き粉です。

    《薬用オーラパールの特長》
  • 風邪薬の「ジキニン」で有名な全薬工業が開発
  • 9種類の有効成分配合で、この1本で口内のあらゆる悩みをトータルにケア
  • エナメル質の材料となるハイドロキシアパタイトをナノ粒子化して配合。歯の再石灰化を強力サポート

  • 《薬用オーラパール商品情報》
  • 内容量:75g
  • 通常価格:2,160円(税込)
  • 初回限定価格:1,944円(税込)


  • ビースマイルトゥースホワイトニング
    トゥースホワイトニングとマウスウォッシュにおいて2017年モンドコレクションをそれぞれ銀賞、金賞のダブルで受賞達成。美容家もおすすめの無添加処方の歯磨き粉です。

    《ビースマイルの特長》
  • 毎日の歯磨きで「簡単」「低料金」「自然な白さ」に、をテーマに開発
  • ポリアスパラギン酸配合で、通常の歯磨きではおち・ない汚れを「はがし落とし」ます
  • 汚れの再付着を防止するリンゴ酸、歯ぐきのケアに有効なビタミンCを配合
  • GTO,アラントイン、シメン-5-オールなど虫歯や歯周病をケアする有効成分を配合

  • 《ビースマイル商品情報》
  • 内容量:30g
  • 通常価格:4,800円(税抜)
  • 定期購入:初回半額:2,400円(税抜)/2回目以降:3,840円(税抜)


  • 歯のホワイトニングの効果をもっと早めるには?

    ホワイトニング歯磨き粉には即効性がない、というのも事実。もっと効果を早く実感したい!という人におすすめなのが、LEDライトを使ったセルフホワイトニングキットとの合わせ技。
    酸化チタンを主成分とするジェルを白くしたい歯にぬり、LEDライトを照射するだけで光触媒作用で歯の着色汚れを分解してくれます。
    光触媒作用を利用したホワイトニングは「痛みがない」「歯にダメージを与えない」ので定期的にお手入れすることできれいな白い歯を維持でき、歯が本来持っている自然な白さに戻すことができます。

    ホワイトWスター
    発売以来10000万個を売り上げる大ヒット商品。ジェルとLEDライトがセットになったホワイトニングキットなので、届いたその日から本格ホワイト二ングケアが可能です。

    《ホワイトWスターの特長》
  • 自宅で好きな時に、時間を気にすることなくホワイトニングケアができる
  • 酸化チタンの光触媒効果に効果的な青色LED5灯式を採用
  • ポリリン酸ナトリウム配合で歯石の沈着を防いで口臭の原因歯周病を予防する


  • 《ホワイトWスター商品情報》
  • 内容: ①ホワイトWスターライト(5灯式LEDライト):1個 ②ホワイトWスタージェルⅡ(7g):1本
  • 価格:5,370円(税抜)
  • ※送料無料/5灯式LEDライトプレゼント


    ホワイト3(トリプル)スター
    ホワイトWスターの進化版。専用ジェルに配合される酸化チタンを見直して光触媒効果がUP。


    《ホワイト3スターの特長》
  • 自宅で好きな時に、時間を気にすることなくホワイトニングケアができる
  • 酸化チタンの光触媒効果に効果的な青色LED5灯式を採用
  • ポリリン酸ナトリウム配合で歯石の沈着を防いで口臭の原因歯周病を予防する
  • 専用ジェルが1本から2本に増量されてよりお得


  • 《ホワイト3スター商品情報》
  • 内容: ①ホワイトWスターライト(5灯式LEDライト):1個 ②ホワイトWスタージェルⅡ(7g):2本
  • 価格:6,350円(税抜)
  • ※送料無料/5灯式LEDライトプレゼント



    白い歯を維持する方法

    せっかく歯が白くなったら、できる限りその白さをキープしたいですよね。
    ここで紹介する方法は直接的に歯を白くする方法ではありませんが、ホワイトニング効果を長持ちさせるために気を付けたいことやおすすめしたいことをまとめています。

  • できるだけストローを使って飲む
  • 色の濃いものを食べた後は口をすすぐ
  • 歯ブラシは乾いた状態に歯磨き粉をつけて使用する
  • 電動歯ブラシで磨く
  • 歯の健康を維持する(定期健診がおすすめ)
  • 食後30分後に磨く

  • 歯を白くする食べ物があるって本当?

    着色汚れの原因となる食べ物については前半でも紹介していますが、歯の黄ばみが気になるという人には歯の汚れを落としてくれる働きがあるといわれている食べ物があります。

    ♥歯の再石灰化をサポートするカルシウムやリンを含む食べ物:チーズや牛乳・ヨーグルトなどの乳製品
    ♥歯の色素沈着を防ぐリンゴ酸を含む食べ物:リンゴ・なつめ・なしなどのフルーツ
    ♥食物繊維の多い食べ物:タマネギ、セロリ、ニンジン、ブロッコリー、オレンジ、するめ、ビーフジャーキーなど


    その他ブロッコリーやナッツ類、ゴマなども歯の着色汚れに効果のある食べ物と言われているので、歯が黄ばみやすい食事と一緒に摂ることで歯の白さを長く維持してくれそうです。

    まとめ

    いかがでしたか? 今回は手軽に自宅で歯を白くするセルフホワイトニングの方法をいくつかご紹介してきましたが、歯の黄ばむ原因は様々なので自分自身に合ったホワイトニング法でケアすることが大切です。
    また、最近ではホワイトニング効果のある歯磨き粉や歯磨きジェルが多くありますが、白い歯を維持するには歯の健康が大前提となります。 だから歯を白くするケアと歯の健康維持を同時に考えたホワイトニングケアを心掛けたいですよね。
    今回紹介したホワイトニング歯磨き粉はどれも歯や歯ぐきの健康を同時に叶えてくれる体にも優しい歯磨き粉です。毎日使うものだから、安心安全なものを選んで、真っ白い自分の歯を80歳までキープできるようにケアしていきましょう。




    キーワード