FU・WA・RI
FU・WA・RI > 健康・美容 > レビュー > 目の下のクマにメイク効果実感!資生堂スポッツカバーファウンディションのカバー力!

目の下のクマにメイク効果実感!資生堂スポッツカバーファウンディションのカバー力!


こんにちは、taeです。

突然ですが、目の下にあるクマ!「このクマがなければもう少しかわいくみえるのに!」と思ったことありませんか?

私はあります!

睡眠不足でもなく、そんなにも疲れているわけでもないのに、目の下を占領してるこのクマ。普通のファンデーションではなかなか隠せない、というのが長年の悩みでした。

もちろんクマ対策のケアやコンシーラーをいろいろ試してきましたが、私のクマがひどすぎるのか?気休め程度にしかならないという状態。

そんな時に知ったのが資生堂スポッツカバー ファウンデイションです。

最近話題になっているアイテムなんですが、実は30年以上前からある資生堂のロングセラー商品です。
元々はあざや傷痕などをカバーするためのファンデーションとして発売されたんだそう。

そのカバー力が注目され、コンシーラーとして使うという方法がSNSなどで拡散。あらゆる世代に定番のアイテムになっています。

今回は噂のスポッツカバーファウンディションのカバー力についてがテーマ。
私の大きな悩みでもある目の下のクマにスポッツカバーファウンディションの効果はあるのかどうか徹底レビューしていきます!

「クマがなければもう少し若く見えるのに!」
「このクマがなきゃメイクがもっとキマるはず!」
「クマがあることで不健康に見られがち」

などなど、目の下のクマに悩んでいるという人は必見です!

さっそくレビューを見る


資生堂スポッツカバー ファウンデイションについて



[出典:http://www.cosme.net/howto/I0002020]

実は30年以上前に発売されているのに、この数年でSNSやクチコミで人気急上昇の資生堂スポッツカバー ファウンデイション

ベースメイクに使うアイテムなんですが、一般的なベースメイクと違って、あざ・シミ(肝斑)・火傷や傷あとなどをカバーするためのベースメイクアイテム。

つまり、普通のファンデーションなどではカバーしきれない肌悩みに対応してくれるベースメイクアイテムなんです。


一般向けではなく、火傷や傷跡をカバーする目的で発売された、ということもあって昔からあるにも関わらず知っているという人も少なく、販売しているところも少なかったのですが

「あざや傷あとをカバーできるくらいカバー力が高い!」というところに注目が集まり数年前から美容好きの間では話題に。

そして、さらにSNSなどの発達でより多くの女性に注目されるようになりました。

最近は販売されるお店が増えてきたり、ネットでも購入できるようになったのでこのスポッツカバー ファウンデイションをコンシーラーとして使うのが定番になっていますよね。

価格が手ごろで、コスパもいい!というのも人気の理由♥

ちなみに資生堂公式オンラインショップは送料無料キャンペーン中。1品でも送料無料なのでおすすめです♬



タイプの違いと目的別の使い方

スポッツカバー ファウンデイションはS・H・Cの3タイプあり全部で8種あります。


♥タイプ:S【ベースカラー(全体用)】

なめらかな感触でのばしやすく、薄いあざなどをカバーします。

[出典:http://www.cosme.net/howto/I0002020]

・S100:明るいオークルS

・S101:ややダークなオークル

・S102:やや茶色味がかかったオークル

・S300:明るいピンク 


全体に使えるSは使いやすくて便利です。柔らかくて、少量でも肌に密着してしっかりカバーしてくれます。

ちなみに、S100は万能カラーと言われているのでどんな肌にもなじみやすいカラー。

クマ以外にも薄いシミやそばかすのカバーならS100がおすすめです♬




♥タイプ:H【ベースカラー(部分用)】

やや固めのテクスチャー。しっかりと肌にフィット、あざ・シミ(肝斑)・火傷や傷あとなど濃い肌悩みをカバーします。

[出典:http://www.cosme.net/howto/I0002020]

・H100:明るいオークル

・H101:ややダークなオークル




目立ってしまう深刻な悩みをカバーする部分用ベースカラー。

固めで伸びがあまりよくないので、慣れるまでは使いにくいかもしれません。

一旦手の甲などに置いて体温で温めて使うといいです。固めな分カバー力は高く、よりしっかり密着します。




♥タイプ:C【コントロールカラー】

SやHだけではカバーしきれなかった濃いあざなどの色を補正し、自然な肌色に近づけます。

[出典:http://www.cosme.net/howto/I0002020]

・C1:マイルドなホワイト

・C2:ベージュがかったイエロー




硬さはHと同じくらいのコントロールカラーです。一旦手の甲などにとって柔らかくしてから使うのがおすすめ。

アイシャドウベースとしても使える色展開です。




薄目のシミ、そばかすなど素肌感を残しつつふんわりとカバーしたいときはS、コンシーラーのようにしっかりとカバーしたいときはH、CはSやHと併用して使うといった使い方が基本になります。

それぞれのタイプにも色の違いがありますし、使いやすさや好みで使い分ける・・・というのもOK。




目の下のクマの種類の見分け方


目の下にできるクマにはいくつかタイプがあります。


自分自身のクマのタイプを知っておくと、お手入れする時やメイクでカバーしたいときにも便利。


ここではクマの種類や原因をまとめています。

①青クマ
【原因】
青クマができてしまう大きな原因は血行不良や貧血です。血行不良は冷えや疲れ、睡眠不足やストレスが原因、貧血は鉄分不足などで起こります。特に目の下は皮膚が特に薄いので、血行が悪くなると表面に現れてしまいます。

ただ、青クマといっても青いのではなく、紫がかったり黒っぽく見えるものもあります。

【見分け方】
目の周りの皮膚を少し引っ張るとクマが薄くなればそれは青クマです。

【お手入れ方法】
貧血は普段からの食生活などの改善が必要。積極的に鉄分を摂るように心がけるといいかも。

血行不良にはホットタオルや蒸気のアイマスクのような商品で目の周りを温めたり、マッサージなどが効果的。




②茶クマ
【原因】
茶クマができてしまう大きな原因は色素沈着や肌クスミです。

敏感肌やアトピー肌の方に多く、目をこする癖やクレンジングの時に無意識に力を入れてしまうことで起こります。

色素沈着なので、体調や睡眠不足など関係なく常にあるという状態です。目元が黄みがかったり、茶色くくすんで見えます。

【見分け方】
目の周りの皮膚を少し引っ張っても薄くならず色そのものも一緒に移動するのが茶クマです。

【お手入れ方法】
これ以上濃くならないためにはできるだけ刺激を与えないこと。

クレンジングも肌に優しいものを選ぶようにします。

色素沈着はメラニン色素が原因なので、肌のターンオーバーを整えたり、しっかり美白ケア、紫外線対策をすることが大切。




③黒クマ
【原因】
黒クマが目の下に影がで来てしまっている状態です。その影の原因はたるみです。
加齢やケア不足、疲れなどでが原因で、影クマとも言われます。

【見分け方】
上を向いた状態で鏡を見たり、皮膚を引っ張ると薄くなります。逆に、明るくなっても黒い影が消えない場合は青クマもしくは茶クマと判断できます。

【お手入れ方法】
エイジングケア効果のあるアイクリームや目元パックなどでケア。

併せて青クマ同様、血行を良くすることも効果的です。




クマの種類を大きく3種類に分けてまとめてみましたが、クマの種類はどれか1種類だけというわけではありません。
血行不良からくる青クマと色素沈着からくる茶クマ両方あるという場合もありますし、それに影ができて黒クマもということも。

自分のクマの種類って結構見分けるのも難しい人もいると思うのでトータル的にケアするのがおすすめなんですが、日々の継続が必要だしすぐにには解消してくれないのでなかなか難しいですよね。




クマの種類に合わせて選ぶおすすめカラー

私のようにクマがひどいと、いくらケアしても、メイクで隠したくなる時ってあります!

スポッツカバー ファウンデイションはそんな時に大活躍してくれるアイテムなんです。

ここではそれぞれのクマの種類に合わせて効果的なスポッツカバー ファウンデイションのおすすめカラーを紹介します。

色はあくまで平均的な肌色の場合の目安なので、自身の肌色に合わせて選ぶといいでしょう。

①青クマにはオレンジ系     【おすすめカラー:S100/H100+C1】

②茶クマにはイエロー系・ピンク系【おすすめカラー:S300/H101+C2】

③黒クマにはベージュ系・クリアカラー【おすすめカラー:C2/S100】



スポッツカバー ファウンデイションでクマをカバーしてみた

実際にクマカバー目的として使ってみました。

まずはモデル?となるtaeのクマのデータ。


☆アトピー肌でドライアイのため、昔から目をこする癖があり色素沈着がある。

☆バリア機能が弱いため肌が薄く、貧血気味で血行が悪い。



つまり茶クマと青クマが両方ある!!という(厄介な)状態。

今回使ったスポッツカバー ファウンデイションがこちら

S300とS100です。
右側が万能カラーと言われているS100。
クマの種類別おすすめカラーを参考にすると、S300やH101が茶クマに効果があるみたい。

Hタイプの方がカバー力や落ちにくさでは上みたいなんですが、私はSタイプのほうがテクスチャーが柔らかくて好きなので、S300を使っています。
肌にのせるとこんな感じです。

結構はっきりと色の違いがわかります。

万能カラーと言われているS100はいかにも使いやすそうなイメージのオークル。

S300はピンクがかったオークルです。

実際にクマに使っていきます。

手持ちのメイクアイテムにスポッツカバーファウンデイションをプラスしてメイクを仕上げてみますね。

【使用アイテム】(写真左から)

・米肌 澄肌CCクリーム01

・アクセーヌ スーパーサンシールド EX SPF50+・PA++++

・資生堂 スポッツカバーファウンデイション S100&S300

・CANMAKE マシュマロフィニッシュパウダー MO 



まずは下地のみの状態。

ここにスポッツカバー ファウンデイション→CCクリーム→パウダーを重ねていきます。

S100とS300のカバー具合をそれぞれ試してみますね。

これがS100を使って仕上げた写真です。

ある程度クマのカバーはできてるのかな?という感じ。

ですが、つけてすぐはいいのですが時間がたつとカバー力が薄れてくる・・・といいますか、クスミが出てくるとそれに負けてしまう感じがありました。

ただ万能カラーと謳ってあるだけあって、使い勝手がよくて気に入ってます。

シミやソバカス、赤みはしっかりカバーしてくれます!

うすーく使えば、アイシャドウの前のベースにも使えます。

次にS300で仕上げるとこんな感じ。

S100よりもずいぶんクマが目立たなくなりました!

こちらはクスミが出てきても負けてしまう感じはありませんでした。

S300はかなり満足いくカバー力だと思います。
私の茶クマには確実に効果を発揮してくれたと思います。
茶クマにお悩みの方にはぜひぜひ試してみてほしいです♡




S100もS300もちょこっと使うだけなのに、どちらもカバー力が高くて崩れにくい!!
1回の使用量がごく少量なので、コスパもとてもいいアイテムで気に入っています♬


スポッツカバー ファウンデイションの使い方と使用量の目安

スポッツカバー ファウンデイションは少量でもすごく伸びて、カバー力があるので使用量には注意が必要です。
目安としては、両方でこれくらい。

指先にちょんととる程度で十分です。

普通のコンシーラーのつもりで使うとべったりと厚塗り感が出てしまうので少しずつ塗り足していくのがポイントです。

少なめにとって少しずつ指先でトントンと叩くようにつけていきます。

ちょっと足りないな・・・と感じたらもう少しとって重ねて使いましょう。

筆やチップなどを使ってもOKです。


スポッツカバー ファウンデイションのメリット&デメリット

スポッツカバー ファウンデイションのメリットとデメリットをまとめます。

♥メリット

・優れたカバー力

・コンシーラーとして使うにはコスパがいい

・色によってはアイシャドウベースなどにも使える

・ぴったりと密着するので崩れにくくよれにくい



♥デメリット(注意点など)

・量に注意しないと厚塗りっぽくなってしまう

・気を付けてつけないとよれてきれいに仕上げれない

・カバー力が高い分しっかりとクレンジングが必要

・売っているところがまだまだ少ない



まとめ

皮膚が薄く血行が悪いということもあり、昔からクマは悩みの私はいろいろな対策やコンシーラーを試してきました。

ですが、コンシーラーに至っては本当に満足できるものはなく「こんなもんかな」とあきらめていた時に、資生堂のスポッツカバーファウンデイションを知りました。

知った当初はロングセラー商品にかかわらず知っているという人も少なかったんですが、今ではコンシーラーとして定番になるくらい注目度上がってますね。

価格が手ごろでコスパも高いので、隠したい肌悩みを持っている・・・という方に知ってもらいアイテムです♥

クマやシミがなかなかカバーできない・・・とお悩みの方はぜひ一度試してみてくださいね!

資生堂のオンラインショップは送料無料キャンペーン中です。1品からでも送料無料で届けてくれるのでおすすめ。
スポッツカバーファウンデイションが気になるという人は是非資生堂のオンラインショップをのぞいてみてくださいね。


※キャンペーンは予告なく終了することがあります。ご了承ください。

この記事を書いた人

tae
愛知県在住のtaeです。カフェ巡りとロックが大好きな30代。生まれ持ってのアトピー体質の為スキンケアには余念がなく、今はエイジングケアと健康が気になるお年頃です。



キーワード