FU・WA・RI
FU・WA・RI > 子育て > 教育・教材 > レアジョブでオンライン英会話!なぜかママが始めた無料体験②

レアジョブでオンライン英会話!なぜかママが始めた無料体験②


こんにちは。始めてレアジョブ無料体験中のみゆきです。



今回はVOL1の続きとして、実際の申し込みで体験したこと、初めてのレッスンの様子などをお伝えできたらと思います。

私がレアジョブの無料英会話を始めたきっかけについては

▷▷▷レアジョブでオンライン英会話!なぜかママが始めた無料体験①

も読んでいただけらと思います。

私のインターネット知識と英語レベルについて

レアジョブ英会話
先日、ママ友の一人に「オンライン英会話って知ってる?無料体験に申し込みしたの。自分が!!ね。」

と話したところ、すごい顔で

「レアジョブ?」「オンライン英会話?」「???」「みゆきさんて、英語できるの?」と質問攻めにあったんですが。

小学校でも英語が科目になるみたいなので、子どもが通える英会話スクールを探していること。
オンラインで学べる英会話スクールがあるって知ったこと。

通わなくてもいいし、時間も自由に選べるし、なにせ安い!ってことで、子どもでも習えそうか確かめたいのと、昔少しだけかじってあきらめてた英会話をもう1度勉強してみようか、と。

安いから、もし体験が良かったら子どもと一緒に始めよっかな?(*^^*)て思ってる

みたいな事を話したんです。確かにママ友の中で韓国語を習っているという人は聞いたことあったけど、英会話をやってるというママ友は聞いたことなかったかな?オンラインももちろん。

そのママ友はいまだにスマホも持たないPCも使わない主婦なんだけど、興味しんしん。私たちの世代はスマホ、タブレットになじみのある人とそうでない人の差が激しいんですね。私も決して詳しい方ではないんですが、新しいものや便利なものはどんどん取り入れたいと思っています。どちらかと、言えば好奇心が旺盛なタイプだと思いますが、もちろんPCやメカに強い方ではありません。職場でPCを使うので抵抗はなく、3.4年前からのスマホユーザーでもあります☺

英語のレベルについては、、、、
レアジョブ英会話
むかしむかし、大手の英会話スクールに通った経験はあります。英語を使っての仕事にあこがれたり、国際的な仕事につきたいと考えていた事もありましたが、、、、、学生時代に英検2級をとりましたが、到底話せるレベルではありません。

以前の職場は外資系だったこともあり、海外からの電話を取り次ぐことはありましたが、それ以外のややこしい電話は上司に代わってもらうこともしばしば。
英文でのメールのやり取りも多少ありましたが、基本的には上司がやり取りしていたので、私は読んで把握することで精いっぱい。

英語の学習をやめてかれこれ20年近くになります。

学生の頃に通っていた大手英会話スクールはグループレッスンでしたので、1対1で英語で会話をするという事は未経験の私でした。20年以上も前に3年ほどグループレッスン週1回50分の授業でしたが、今思うと、到底喋れるレベルにはなれないようなレッスンだった気がします。

ただ英語に対して抵抗感がマシになるといったことはあると思います。不自由なく会話する、仕事で英語を使えるようになると言ったレベルのレッスンではなかったんです。

オンライン英会話の中でもレアジョブは最大手で、しかも料金が安いので。
無料体験なので損することはないだろうし、もちろん好奇心もありました。

▷▷▷レアジョブの25分x2回無料体験申込はコチラから

会員登録とSkypeについて

レアジョブ英会話
VOL.1でも書きましたが、子ども向けの英会話スクールを探していて偶然たどりついたレアジョブ。

オンライン英会話の中でも最大手なんですね。会員数も34万人以上で講師数4,000人以上。企業の社員教育向けのプログラムなども提供しているので、サポート体制もしっかりしてそうなイメージを持ちました。

まずは自分が体験してみて、よかったら子どもにもやらせてみようと考えて会員登録しました。

無料だしね♪

レアジョブのHPから「無料体験レッスン」のボタンをクリックすると、無料会員登録画面になります。

①氏名
②メールアドレス
③パスワード
④スカイプ名・・・・後からでも登録できます。

スカイプ名は後からでも登録可能みたいなのですが、不安なので先にSkypeに登録してからにしました。

Skypeをiphoneにインストール

Skypeとはインターネット環境があれば、通話やチャット、ビデオカメラで会話のできるソフト。

私は家ではほとんどスマホでなんでも済ませてしまうので、自分のiphoneにSkypeアプリをインストールしました。

もちろんこのアプリも無料です。

アカウントの作成
氏名・・・・これは連絡先の表示名になるので本名でなくてもOKです。
SKYPE名・・ユーザーIDのようなものです。
パスワード 
パスワード再入力

メールアドレス
電話番号

とりあえず必須項目さえ入力すれば簡単にアカウント作成できます。

プロフィール画像を入れることも可能です。

無事一人でSkypeのアカウントを作成できたので、再度レアジョブのHPから無料会員登録を開始。

先ほどの4項目を入力して、確認画面、OKなら「登録URLを送信」をクリック。

登録したメールアドレスに本登録用のURLが送られてきます。

URLをクリックすると

性別、生年月日、英会話習得の目的(選択式)、自分のレベル(選択式)、TOEICの受験経験の有無、趣味(任意)をポチポチと入力して登録完了です!

Skypeのインストールからレアジョブの本登録まで、こんな私でも30分もあれば完了。
あっけないほど簡単に本登録が済みました!

現在レアジョブでは25分間レッスンを2回まで無料で体験できるキャンペーン中。
▷▷▷レアジョブの無料体験はコチラからも簡単に申込できます


初めて講師を予約してみた


登録が完了すると、レッスンの予約ができるようになります。レアジョブの1レッスンは25分。登録している講師の数は4000人超!この中から条件に合う講師を探すのは至難の業だと思います。

もし、条件検索がなければ何をどんな基準で講師を選べばいいか分からなかったんじゃないでしょうか?レアジョブのサイトの絞り込み条件検索に目からウロコなことがたくさんありました。予約可能講師を条件を絞っていきます

日付:まずクローズしている日はありません
時間帯:6:00~24:55から選択可能。
年齢 :講師の年齢は19歳~50歳以下で自分で希望を設定できます。
性別 :女性、男性
日本語のレベル:講師の日本語の会話レベルを選べます。私のような初心者や子どもにとっても日本語ができる講師がいるのはありがたい。

レアジョブ英会話
基本的にこのいくつかを選べば候補の講師がピックアップされてきます。他にも自分の英語学習の目的に合わせてもっともっと細かく絞り込めるので、便利。

レッスンの目的が明確な人ほど便利な機能かもしれませんね。

ちなみに私は無料登録を完了した夜に、今からでも受けられるかどうか講師を絞り込んでみたんですが、30分後くらい先の予約でも取れることに驚きでした。

講師を選べる、という考え方もなかったのでかなりの衝撃を受けたの確か。

講師を選ぶときの基準

レアジョブ英会話
参考までに私が初めて講師を選ぶ際に基準にした事

日付、時間帯はもちろんの都合(^^♪
年齢:なんとなく同じような年代を選びました。日本にいても会話の中で年齢差を感じる年代になってしまっているので(-_-;)、講師の方も同じような年代を選びました。
性別:女性講師。同性でも緊張しているくらいなので男性講師と1対1には抵抗がありました
講師歴:こちらが初心者なので、ある程度の経験がある人がいいと。講師歴3年以上の講師に絞り込みました。

レアジョブの講師数は相当数いると思うんですが、講師歴も0か月の新人さんから10年近くのベテランさんと様々です。

講師たちにはそれぞれ顔写真付き、音声付きのプロフィールがあるので、顔も声も確認できます。カメラのアイコンがついている講師とはWEBカメラで顔を見ながらのレッスンなので、声だけでレッスンするよりは安心感があります(*^^*)同じ画面で講師の空き時間が確認できるので、受けたい時間を選択すると予約完了。

はじめてのレッスン

予約が完了すると、登録のメールアドレスに「予約完了のお知らせ」が届きました。

講師名と予約日時の他に、「レッスンまでの流れ」「レッスン開始前までの準備」「レッスン開始後」ほかにカスタマーサポートの連絡先など詳しく書かれていたので、とりあえず熟読(;^_^A

レッスン開始が近づくにつれて、ソワソワドキドキしていました。30分以上も前からSkypeのアプリを開いては閉じ、オンラインを何度も確認(笑)

21:30ぴったりに講師からのコール!

緊張がMAXの瞬間でしたが、勇気をだして「応答」ボタンを押しました。

「Hallo! Miyuki san!」といわれ、

「Hallo~(;^_^A」「……….」続きが出てこない(-_-;)

たぶん声ふるえてたんじゃないかな(笑)と思います。

先生「Nice to meet you, Miyuki san.」

私「Nice to meet you……」
オウム返しに答えるのが精いっぱい。。。

このあたりからかなり記憶自体があいまいなんですが、先生から「今日がレアジョブでの初めてのレッスンですね」

たぶんこんなことを言ってるんじゃないか、という予想をもとに

「Yes、Yes.」(^^;なんて答えたような。

で、たぶん私の受け答えがそんな感じなのを察してくれたのか、

「今日が初めてのレッスンなので、自己紹介します」

「Today is our first lesson.」 とか 「introduce」とか?

言ったよね今?

合ってるか分かりませんが、聞き取れたのはそんなレベル(-_-;)

先生がすごくゆっくりと、短い文で自己紹介してくれたおかげでパニックにならずに済みました(^^;

なんとなく聞き取れたおかげで少しずつ緊張が和らいでいく感じがありましたね。

「次はみゆきさんのこと教えてください」みたいに言われて、また緊張(;^_^Aこの年になって、自己紹介するという機会がなさ過ぎて、日本語でも何を言おうかと思うくらいなのに、ましてや英語???

「My name is Miyuki. 」

「I have two sons.」

「・・・・・」

頭が真っ白になってしまいました。

先生が助け舟をだしてくれて、「ドゥ ユー ハブ ア ジョブ?(仕事してますか?)」「ホワット アー ユー ドゥイング?(今日は何をしましたか?)」などいくつか英語で質問してくれたので、その質問になんとか答えているような感じでしたね。

先生が一生懸命会話を続けようとしてくれたことが本当にありがたいと思いました同じくらい「もどかしさ」も感じましたが(;^_^A…

体験用のレッスンではなくて、本物のレッスンが受けられる、という事が分かりました。
▷▷▷レアジョブの25分x2回無料体験はコチラから


教材を使ったレッスン

お互いの自己紹介が終わったころで10分くらいは経っていたのかな?自己紹介がすむと、先生の方から「Miyuki san, Let’s start lesson.」(レッスンを始めましょう)と声をかけがあったんです。

「ビギナー用の教材(material)があるからやってみないか?」との提案もありやってみることに。

このあたりのやり取りは、聞き取れたとかいうレベルではなくニュアンスで乗り切ってる感じです。。。。

レアジョブには学習目的に合わせた教材もある、とは事前に知っていたんですがまさかチャット機能を使って送ってくれるなんて驚きでした。

先生は「I will send you material」「Please wait.」とゆっくり話しながらchat box(チャットボックス)にテキストのURLを貼りつけてくれました。

私のi Phoneの右上にあるチャット用の吹き出しにオレンジ色の印がついていて、タップするとチャットボックスが開きました。

その中のURLをタップすると、

「Conversation Material for Beginner」と書かれた教材が開きました!

レアジョブ英会話
これが初めて受けた時の#1の教材の1ページ目です。日本語も書かれているので、聞き取れなかったとしても何をしようとしているのかは、わかるようになっています。

先生の話す英語とこの教材をヒントに「hobbies」(趣味)についてのレッスンを受けました。先生が私に勧めてくれたこの教材はexercise 1~4で構成されていて、順に進めていく感じです。この日はexerxise 2が終わったところで、ちょうど25分になりました。

exercise1はイラストの吹き出しにかかれている英語を読んでみる。
exercise2はイラストを見て、説明する。というものでした。

さすがにexercise2は難しかったです( ;∀;)何から?どのように?真っ白になった頭からひねり出すように単語をいくつか言ったとおもいます(笑)

さすがに脳内物質が出まくっていたんでしょうね。

レッスンのお礼とさよならを言ってSkypeを切ったときは、安堵とともに疲れがどっときたのを覚えています。

何年かぶりに味わったすごく刺激的な25分でした。

初めてのレッスンを終えて


緊張したり、頭が真っ白になったり、ホッとしたりと、脳も心も忙しかったです(;^_^A

講師の先生がスムーズに運ぶように引っ張ってくれたのでよかったです。

終わった後の疲労感もすごいものでしたが、すがすがしい気持ちも。

こんな感覚、最近では珍しい。

先生が言ってる事もなんとなくは理解できてレッスンを受けられるんですが、思った以上に言葉が出てこない自分にも驚きでした。

多少のショックもありましたが、まぁ、とにかく無事にレッスンを終えることが出来たことが単純にうれしかったです。

伝えたいこともまともに伝えられずに終わった25分でしたが、やり切った感覚もあってすこしハイになっている自分がいましたね(笑)
いろんなものが凝縮された、あっという間の25分間でした。
▷▷▷レアジョブの25分x2回無料体験申込はコチラから

この記事を書いた人

山田みゆき
二児の男の子を子育て中です。家族の中では紅一点のはずなのに、ママが一番男みたい、て言われてます。 男子に囲まれてますます男勝りになっていきそうな気がしてます。子育てで凹むことも多々ありますが、仕事も家事も子育てもめいいっぱい頑張り中です(*^^*)



キーワード