FU・WA・RI
FU・WA・RI > 健康・美容 > 冷え対策 > ペットボトル温灸などの簡単冷え対策で温活を始めよう!

ペットボトル温灸などの簡単冷え対策で温活を始めよう!


こんにちは、FU・WA・RI編集部です。

2016年1月は数十年ぶりの寒波到来ということで、九州や沖縄にも雪が降っていて大騒ぎでしたね∑( ̄[] ̄;)

雪

私が住んでいる関西地方では雪は降らなかったものの、寒さは半端ない!今日も布団から出て暖房付けて、また二度寝しちゃいました(-_-)zzz

自称・末端冷え性(末端冷え性という病名はないらしい)の私は家族の中でもかなりの冷え性で寒がりです。さすがに、この寒波には家族も寒いと言っていますが。。。

20代のころから、いや10代の頃からと言ってもいいくらいの冷え性の私がおすすめの今すぐできる簡単な冷え対策、さらに、最近知った「ペットボトル温灸」を紹介しますね!

冷え性の放置は危険!冷えは万病の元になり理由

冷え性くらいと放置していると危険です!

冷え性、要は血液の循環が悪いことで起こっています。同じ体型で、同じ服装、同じ気温の中でも、ある人は寒い、足先が冷たいと感じる、もう一人はちょうどいいと感じる。

これは、血液循環の違いによるものです。もちろん、筋肉量の違いもあります。男性に冷え性が少ないのは、女性よりも筋肉量が多い、また子宮などの婦人科系の内蔵がないことで、血液循環を妨げないということも挙げられます。

この血液循環が悪いと、冷え性で困るだけでなく、免疫力が低下して風邪を引きやすくなります。

また、新陳代謝が落ちるため、太りやすくなったり、むくみやすくなり、ダイエットの妨げになります。血液は酸素や栄養素を体全体に運んでいるので、お顔への栄養素や酸素が足りず、くすみ、肌荒れ、シミの原因にもあり、美肌にも影響を及ぼします。

冷えをとるということは、

慢性的な体調不良から、水虫やヘルペス、アトピーなどのアレルギーや皮膚病、不妊症や生理不順、婦人科系の病気、シミ・シワ・白髪、ギックリ腰などの腰痛、そう鬱や不眠症、あらゆるがん、認知症などさまざまな病気に効果があります。まさに万病に効くといっても過言ではありません。

【参照】これが本当の「冷えとり」の手引書

たかが冷え性と放置せず、今すぐできる冷え対策からはじめましょう!

今すぐできる簡単!冷え対策方法

2-1.体全体が温まるカイロを貼る部位

カイロ
貼るカイロは、私にとって冬はもちろん、秋冬も欠かせないアイテムで毎年箱買いしています。

そんあ貼るカイロ、なんにも知らないころは、やたらめったら貼っていました。肩甲骨の間、腰、お腹…ポケットには貼らないカイロをとか(笑)

ですが、効率よく体全体を温めるなら「骨盤の上」に貼りましょう。骨盤の上、ちょうど骨の上です。腰ではありません。

ここはマッサージの時でもさすって上げると体が温まりやすくなります。

便秘がちの人は下腹部もおすすめです。ちょうど挟みこむように、前後で貼ると冷え対策バッチリです。

毛糸のパンツがお腹まであるとgood!

腹巻き
密かに愛用している毛糸のパンツ^^;

寝る時も温かくて重宝しています。女性は薄い下着を履いている人が多いですが、お腹周りは子宮や卵巣などの大事な臓器が集中しています。

なので、冷やさないように注意してあげる必要があります。生理不順や生理痛がひどい人は特にです。

そこで、お腹まですっぽりカバーできる毛糸のパンツがおすすめです。毛糸のパンツと繋がっていると、ズレないからずっと温かです♪

首がつくところを温める

マフラーと手袋
首をはじめ、首がつく体の部位、手首、足首を温めると血液循環が良くなって体が温まりやすくなります。

外出時も、これらの部位から風が入ってこないように防寒するだけでも寒さから身を守ることができます。

体調が悪くてお風呂に入れないときは、足首・手首をお湯に付ける、足浴や手浴もおすすめです。

ネギやショウガ温め食材を積極的に摂る

お鍋
ショウガと言えば、体を温める食材として有名ですね!

お味噌汁や紅茶に入れても美味しくいただけます!そして、冬と言えば「鍋」。

味噌鍋にショウガをすって薬味で入れたり、白ネギをたっぷり煮込んだり、青ネギを薬味に使ったり、そしてそこに唐辛子を振って食べたり、とにかく意識して「温め食材」を摂取しましょう^^

寒い外から帰ってきてからのお鍋やスープは最高に温まりますね。

安心&安全 130円でできるペットボトル温灸

ペットボトル温灸|FU・WA・RI (3)

鍼灸師の若林理砂さん考案の「ペットボトル温灸」が話題です。

お灸女子なんかが数年前に流行りましたが、若林さんは「子供にもお灸をしてあげたい」と思いしてあげてたそうですが、火を付けると子供がオレンジになったお灸を指で摘んでしまいそうになる、というのを見て考案したのが「ペットボトル温灸」

子供にも安心安全なのですが、私たち大人も安くて簡単にできる「ペットボトル温灸」はとっても嬉しい^^

では、ペットボトル温灸の方法をご紹介しますね!

準備するもの

ホット専用のペットボトル

水と熱湯

たったこれだけ。130円ほどでお茶を買ってきたら、それを再利用すればいいだけです。

私は火を使わない「太陽」というお灸を買っていたけど、けっこう高くつくんで、これだったら安上がり!

ペットボトル温灸の作り方と方法

ホット専用ペットボトル温灸に、お湯をボトルの3分の1入れる。それから、3分の2の熱湯を注いでできあがり。


このペットボトルをツボに押し当てるという方法です。きちんとツボに当たらなくても、その周辺に当たっていれば大丈夫!

ペットボトル温灸|FU・WA・RI (4)

当て方は、ツボにペットボトルを当てて3~5秒離してまた当ててを5回繰り返します。熱かったら、3秒経たないうちに離してもOK。

下記に冷え対策に効果的なツボを紹介しています。

冷え性対策に効果的なツボ

  • 涌泉
  • ペットボトル温灸|FU・WA・RI (5)

    足の疲れはもちろん、筋肉の疲労回復、体力や気力の回復、お腹や腰の冷え、生理不順にも効果的なツボ。足の指を曲げたときにできるくぼみの辺りが涌泉です。

  • 肩井
  • ペットボトル温灸|FU・WA・RI (7)
    首の付け根から腕の付け根にある肩の骨のちょうど真ん中辺りが肩井というツボ。肩こりや首のこりに効果的。

  • 三陰交
  • ペットボトル温灸|FU・WA・RI (6)
    内くるぶしから指4本分上のところが三陰交。冷え対策はもちろん、生理不順、生理痛など女性の婦人科系の悩みにも効果的。

  • 関元
  • ペットボトル温灸|FU・WA・RI (8)
    おへそから指4本下にあるツボが関元。冷え対策のほか、便秘改善にも効果的。

    それ間違ってる!冷え対策

    ヒートテックの重ね着で冷え対策バッチリ?

    ここ数年で冬の定番アイテムとなった「ヒートテック」。ピッタリしたヒートテックを2~3枚重ね着しているから大丈夫!

    なんて思っていませんか?残念ながら、これはビミョー。。。

    ピッタリしたヒートテックは血流を悪くしてしまって、冷え体質を悪化させてしまうという危険性があります。なので、少しゆったりめのものを着るのがおすすめです。

    足のむくみ対策と呼ばれる靴下もNGです。以前、マッサージサロンで働いている時に履いてたんだけど、血流悪くなって気分が悪くなったこともあるので、私は今は履いていません。

    温かい飲み物なら体を芯から温める?

    紅茶
    緑茶、紅茶、コーヒー、温かい飲み物を飲むとホッとしますね^^

    外出先で冷えきった体を芯から温めたい、そんな時におすすめの飲み物は「紅茶」。

    「温かいコーヒーしか飲まないよ!」とドヤ顔で言ってくる人いるんですが、イヤイヤそれ間違ってますから!って言いたくなります。

    南国で栽培されるコーヒーは体を冷やす飲み物なんです。そこに砂糖を入れちゃうなんてもってのほかです!

    ベトナムやタイでは、砂糖たっぷりのあま~いコーヒーを飲みます。あれは、熱さを冷ますため。寒い日本の冬で飲むものではありません。

    で、緑茶なら良いんじゃない?と思われますが、まぁ、悪くはないけど、体を芯から温めるなら紅茶です。

    紅茶の茶葉は醗酵しているので、体を温める「熱産生」を助けてくれる効果があるんです。これにショウガを入れて飲むのも効果的!

    お風呂の温度は40度以上になってない?

    お風呂
    寒い冬は、熱めのお風呂に入りたいところですが、40度以上はNG!

    40度以上で人間の自立神経は入れ替わります。なので、40度以上のお風呂は、活動型の「交感神経」が働いてしまいます。

    じっくり温まり、寝付きも良くするには、38~39度がおすすめです。おやすみモードの副交感神経が優位になって、体がリラックスして血行がよくなり冷え対策に効果的です。

    最後に。。。

    残念ながら、冷え性という体質はすぐには改善しません。

    毎日の積み重ねで少しずつ効果が現れます。だからこそ、できないことを無理してしたり、お金がかかりすぎて続けられないということよりは、日常生活にすぐ取り入れられる方法で対策していきましょう^^

    私も苦手なランニングは続きませんでした^^;家の中でマッサージをしたり、お風呂にゆっくり浸かる方が自分の性に合っているなーと感じています。




    キーワード