FU・WA・RI
FU・WA・RI > 健康・美容 > 紫外線対策 > 夏の徹底UVカット!美容のプロも実践!紫外線完全防御術のすべて

夏の徹底UVカット!美容のプロも実践!紫外線完全防御術のすべて


夏の暑さが苦手なtaeです。こんにちは。

夏といえば海や山へのお出かけや旅行、BBQなどアウトドア派の人には楽しみの多い季節ですが、インドア派の人にとってはお出かけがますますおっくうになる季節かもしれませんね。

暑さと日焼けが気になって、、、と、という方も多いのでは?
夏は1年の中で1番紫外線の影響も受けやすい季節ですね。

普段お出かけをしないインドア派の人にも夏は特にしっかりとした紫外線対策が大切なんです。

外に出ないから大丈夫?
日焼け止めは塗りたくない?
UVケアは面倒。
UVカットはそんなに大事?

紫外線は美容の大敵。多くの肌トラブルや肌老化の原因にもなっています。
肌の老化の8割は紫外線が原因ともいわれるほど、紫外線が肌に与えるダメージは大きいんです。肌のくすみが気になりだしら本気のUVケアが必要かもしれません。

今回は夏の重要課題、紫外線とUVカットについてご紹介します。

まずは紫外線がどんな影響を及ぼすのかというお話から、日焼け止めが苦手な方やよりしっかりとUVカットをしたい方へプロも実践する対策方法についてお話ししていきますね。


紫外線の基礎知識

紫外線は地球上に降り注ぐ太陽光線の1つです。
UV1 その波長の長さによって紫外線A波・紫外線B波・紫外線C波に分けられています。

UV-A・UV-B・UV-Cと表記する場合もありますが、今回は前者の方でお話を進めていきますね。

それぞれの紫外線は波長が長い順にA→Cとなっており、長さはもちろんその特徴や人に及ぼす影響も違ってきます。

今回は「美容に」というところに重点を置いてお話をしますので、波長が短い紫外線C波からお話ししていきます。


紫外線C波

UV2 紫外線C波は、波長が短く一番エネルギーが強い紫外線です。

浴びると皮膚がんになってしまうなどの重大な悪影響を及ぼす恐れのある危険な紫外線ですが、この紫外線C波は大気圏のオゾン層によって吸収されてしまうので、地球上にはほとんど降り注いでいません

ただ近年ではオゾン層の破壊が進んでおり、すでに穴が開いてしまっているといわれている南極あたりの地域では年々紫外線C波が降り注いでくる量が増えてきているといいます。


紫外線B波

UV3

普段降り注いでいる紫外線のうち1割程度がこの紫外線B波。

波長が短い紫外線で、影響を受けるのは肌表面や角質層で、炎症を起こしたり細胞を傷つけたりします

真夏の海などの炎天下にいることで肌が赤くなりヒリヒリと痛む日焼けが紫外線B波によるものです。

この日焼けは皮膚のやけどなので、症状がひどくなると水ぶくれになることもあります。

さらにその症状がメラニン色素の生成を促してしまい、シミの原因になるので厄介な紫外線の一つです。

日本ではめったにありませんが、紫外線量の多い地域で毎日浴び続けることで免疫力を低下させ、皮膚がんの原因にもなるという報告もあります。


紫外線A波

UV4 一番波長の長い紫外線が紫外線A波です。

季節を問わず、日常降り注いでいる紫外線の9割を占めています。

エネルギー自体は一番弱いので皮膚の病気を引き起こしたり、炎症を起こすという危険性は低いのですが「美容には」という観点からみると、この紫外線A波には注意しなければいけません。

波長が長いので太陽の隠れている雨や曇りの日でも紫外線A波は降り注いでいて、室内でも電気をつけずに本を読めるくらいの明るさであれば紫外線A波が室内に届いているといいます。

そして恐ろしいことに・・・肌の奥の真皮の部分まで届いてしまうという、まったく油断のならない紫外線なのです。このお話は「特に注意すべきは紫外線A波」の項目で詳しくさせて頂きますね。


UVカット化粧品に記載されている数値や記号について

UV5

日焼け止めクリームやUVカット下地などには「SPF30 PA++」などという表記がされているのを見たことがある方は多いと思います。

この数値や記号は、紫外線をどれだけ防いでくれるかという目安になるもの。

SPFというのは、Sun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)の略で、「紫外線B波を浴びた時に皮膚に影響が現れるまでの時間をどれだけ遅らせることができるか」つまりどれだけの時間日焼け止め効果を持続できるかの目安になるのです。

SPFの後に表記されている数字時間効果を持続させることができるという意味となります。

例えば日焼けの影響が現れるまでに20分程度かかる人がSPF30のUVカットを使った場合、20分×30 = 600分・・・約10時間、紫外線B波を防ぐ効果が期待できるということになります。

PAはProtection Grade of UVA(プロテクション グレイド オブ UVA)の略で、紫外線A波のカットをできる効果を示したものです。

PAの後の+の数が多ければ多いほど紫外線A波をカットできる効果が高いのです。

また、勘違いされがちですが、SPFもPAもその効果の足し算はされません。

具体的に言うと、SPF25 PA++の下地を使った上に、SPF20 PA++のファンデーションを使ったら、SPF45 PA++++になるわけではないのです。

一番高い数値が効果の目安になりますので、汗などで流れてしまった時はこまめに塗ることが大切です。

SPFもPAも数値や+の多さはあくまで目安です。
紫外線の影響を受けやすい人とそうでない人の個人差もありますので、選ぶときは注意が必要です。


紫外線が及ぼす良からぬ影響

肌の炎症

肌の炎症は主に紫外線B波による影響です。

先ほどのお話と重複しますが、浴び続けると火傷のような状態を引き起こしてしまい、炎症を起こします。
UV6

日本では注意が必要になるのは真夏のレジャーや冬のスキーやスノーボードなどで山などに行ったときくらいですが、オーストラリアなどの紫外線が強い国ではUVカットが義務付けられているほど、強い紫外線B波は皮膚がんなどの重大な皮膚トラブルを引き起こします。


乾燥や肌老化

多くは波長が長く、肌の中にまで入ってくる紫外線A波による影響です。
この紫外線A波については後でくわしくお話ししますね。


目への影響

UV7 (2)

実は紫外線は肌にだけではなく、目にもよくない影響を与えています。

目が紫外線を浴び続けてしまうと充血やドライアイを引き起こしてしまいます。

そして強い紫外線を浴びただけでなく、紫外線は蓄積されてしまうので白内障や視力障害を引き起こす恐れがあります。

また、目そのものへの害だけでなく紫外線を目で感じてしまうと脳が「メラニンを作れ!」という指令を細胞に出してしまい、いくら肌をUVカットしていてもメラニン生成が促されてしまうのです。


特に注意すべきは紫外線A波

先にもお話しした通り、紫外線Aはとても波長の長い紫外線で雨の日でも曇りの日でも降り注いでおり、室内にも入ってきて、さらには肌の奥の真皮にまで届いてしまう紫外線です。
UV8

皮膚の病気を引き起こすとか、炎症を起こすという危険性は低いですが、こと美容面においてはこの紫外線A波が最も厄介で注意すべきものです。


乾燥を引き起こす

UV9

肌の中まで届いてしまう紫外線A波は、肌表面のみならず肌の中から水分を蒸発させて乾燥を引き起こしてしまいます。

浴び続けるとどんどんインナードライが進み、水分が失われ乾燥が悪化するとともに、キメも荒くなってしまいます。


肌老化を引き起こす

UV10

肌老化の原因の8割が紫外線と言われています。
真皮にまで紫外線が届くということは、真皮内にある肌を作る成分やハリや弾力に必要な成分まで壊してしまうということ。

つまり、若々しいハリや弾力を作り出してくれるコラーゲンなどの成分を破壊することで弾力を低下させてしわやたるみなどの肌老化を引き起こします。


シミやくすみを引き起こす

これも同じく、中まで入りこむことでメラニン色素の生成を促してしまいます。

そうなるとシミも増えますし、弱い紫外線とはいえど日焼けですので肌表面にも黒くならないまでもくすみができてしまいます


紫外線にはメリットもある

殺菌作用

紫外線は美容面では大敵ですが、健康面ではメリットもあるのです。

その一つに殺菌作用があります。

天気のいい日にお布団を干すとふんわりしますよね。
実はあれは紫外線による日光消毒によるもので、中に潜むダニなどの微生物をやっつけてくれるからなのです。

つまり洗濯物を室内干しにすると生乾きのようなにおいが気になるのは紫外線による殺菌ができていないからなのです。


骨を丈夫にする

皮膚が紫外線B波にさらされることで、ビタミンDが体内で生産されます。

ビタミンDは骨を作るために必要な成分です。

最近では少なくなったといいますが、赤ちゃんや小さい子供を日光浴させるというのは骨を強くする効果を期待してのことだったのです。


美容のプロも実践の紫外線対策

降り注いでくる紫外線は残念ながらとどまることはありません。

それどころかオゾン層が破壊されている影響で年々強くなっていっています。
紫外線の影響を受けたくないのであればしっかりとガードすることが大切。

ここからは美容のプロも実践のUVカットのあらゆる方法をご紹介します。


UVカット化粧品

UV11 いわゆる日焼け止めです。

日焼け止めの成分は大きく2つに分けることができます。
それは紫外線吸収剤使用のもの紫外線拡散剤使用のもの

紫外線吸収剤というのは、その名の通り紫外線を吸収する成分が含まれているもので、肌に乗せた紫外線吸収剤が肌の上で紫外線を吸収することで、紫外線が肌へ侵入するのを防ぐというもの。

紫外線拡散剤は紫外線を跳ね返して拡散する成分が含まれているので、肌の上で紫外線を跳ね返すことで紫外線を防ぐというものです。

どちらもUVカット効果に違いはないといわれていますが、使われている成分が異なりますので、どちらの成分が合うかどうかは個人の判断が必要になります。

参考までに言うと、紫外線吸収剤の方が化学変化を起こしやすい成分が使われていることが多く、紫外線拡散剤は化学変化を起こさない成分が使われていることが多いので、敏感肌の方やお子様には後者の方がおすすめといえます。

そして先ほどお話ししたSPFとPAですが、これもUVカット化粧品で選ぶ際の基準になります。

いずれも数値が高いほど紫外線を防ぐ効果はありますが、肌への負担も比例して大きくなことがあります。

真夏の日中でも、街中だとSPF25 PA++もあれば十分と言われていますが、大切なのはこまめに塗りなおすこと
最近ではスプレー式の日焼け止めも出ており、手を汚さずにどこでもUVカットができるので便利です。また髪にも使えるものも多く販売されているので、肌も髪も同時にUVカット可能です。


日傘

これも紫外線対策には鉄板ですね。

日傘といえばよく聞くのが「色は白より黒の方が紫外線カットできる」という説。

実はこれは半分正解

白は紫外線を反射して防ぐのに対して、黒は紫外線を吸収して防ぎます。
紫外線防止率としては黒の方が高いのですが、ただ色だけで選ぶのはNGです。

一番大切なのは「UVカット加工がされているか?」ということです。
UVカット加工がされていれば色はあまり関係ありません。

最近はUVカットはもちろんのこと、熱線もカットしてくれて暑さも和らげてくれる加工をされた傘もあり、1本で多機能な日傘も多数
黒の日傘でかわいいデザインはなかなか見つからなかったんですが、こんなにかわいくて多機能な日傘を見つけました紫外線を察知するとロゴの色が変わるので、うっかり防止にもなるんです!
UV12

>>>mikifille白川みきのおリボンUVカット日傘はコチラ
UVカット99.9% 体感-7℃ 晴雨兼用 ¥5,981(税込)


帽子とサングラス

UV13

帽子もUVカットアイテムとしては定番ですね。
つばの広いものやサンバイザーなどは、顔もガードできます。

髪や頭皮も紫外線の影響を受けて日焼けしますので、帽子は効果的です。

そして先ほどお話しした通り、目も紫外線の影響を受けますし、目が紫外線を感じることもメラニンを増やす恐れがあります。

特に車の運転時やレジャーの時はサングラスをするようにした方がいいでしょう。
帽子もサングラスもおしゃれとして楽しむこともできますね。


UVカット加工素材の衣類

UV14

車に乗る際などに腕を日焼けからガードするロンググローブはもちろん、カーディガンやパーカー、カットソーなどのUVカット加工がされている衣類は定番になりつつあるのではないでしょうか?

最近はUVカットに加えて、接触冷感や吸汗速乾などの加工もされている多機能でオシャレな衣類も増えてきています。

実は日焼け止めを塗るのが苦手な私にはとてもありがたいアイテムですし、もちろん日焼け止めを塗ってからでも上から羽織ったりすればしっかりガードができますね。


カーテン

UVカットカーテン ニトリ 遮熱・遮像・ミラーレスカーテン 1790円(税込)~

室内にいても侵入してくる紫外線A波を防ぐためにUVカット効果のあるカーテンを使うのは必須かもしれません。

紫外線を防ぐだけでなく直射日光も防げるので、室内温度も上がりにくく暑さ対策もできて一石二鳥。

飲む日焼け止めサプリ


UV対策ホワイトヴェール


今年人気なのは飲む日焼け止めサプリです。
これはもう今が旬のUVカットの最終手段と言えるかも知れません。

ニュートロックスサンという天然のポリフェノールが体内から紫外線をブロックし、メラニンの生成を抑えます

これにより全身のUVカットを可能にする画期的なサプリです。

お出かけ前に飲むだけで約半日UVカット効果が期待できます。

何度も塗り直しが必要な日焼け止めも、日傘も帽子ももう不要という人も。

このサプリを飲むだけで、紫外線がもたらす肌への悪影響を回避でき、美肌成分も配合されているので肌荒れや炎症にも効果があります。

このサプリの凄いところは、すでに浴びてしまった紫外線にも効果を発揮する、という点です。

美容系雑誌にもいくつも取り上げられていますし、美容情報に敏感な人達の間ではすでにUVケアの常識になりつつあります。

UV対策ホワイトヴェール (2)



別記事でホワイトヴェールのレビュー記事があります。ホワイトヴェールについての詳しい特徴や効果などが気になる方は是非参考にしてみてください。

うっかり浴びてしまった紫外線!アフターケアの方法

UV対策16 まだ日焼け止めサプリを試したことがないという人や、サプリに抵抗感のある人もいるかもしれません。
そんな人は、やっぱり、うっかり日焼けしてしまう事ってありますよね。

「しっかりと日焼け止めを塗っていたつもりが、きちんと塗れていなかった・・・」
「日焼け止めを塗るのを忘れてしまった」
「遊ぶのに夢中になって日焼け止めを塗りなおすのを忘れた」

日常のお出かけくらいであればすぐには影響出てきませんが、これが海や山など日差しが強い中だったら大変です。

赤くなってヒリヒリした傷みが出たり、水膨れになってしまったり、と言う経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな時のアフターケアの方法をご紹介します。
紫外線を浴びたことで、ほてりを感じるようなときにも効果的です。

アフターケアをしっかりとすることでその後の肌トラブルや肌悩みの元を抑えることができます


まずは冷やす!

UV対策17 火傷をしている状態ですのでまずは冷やしましょう。

体を冷やしすぎない程度に注意しながら、水のシャワーを浴びるか水風呂に入りましょう。

広い範囲冷やせるので有効的です。

そしてその後にガーゼハンカチなどの柔らかい布で保冷材を包んで特に日焼けしている部分に優しく当てていきましょう。

またあまりひどいようでしたら、市販の日焼け後用の薬を使うようにしましょう。


やさしく水分補給

UV対策18

日焼けしている部分は火傷した状態になっているので水分も奪われてしまっています。だから肌への水分補給が必要。しっかりと保湿をしてあげることが大切です。

ただし、ここで注意していただきたいのが普段使っている化粧品よりも肌に優しいものを選ぶこと

日焼け後の肌はダメージを受けていますので、敏感肌用の化粧水などで優しく保湿することが大切です。

コットンパックなどをするのも効果的。

日焼け後のアフターケアは「ガッツリと美白を!」と考える方も多いと思いますが、それはダメージを受けている肌にはNG。

日焼け後の美白ケアは大切ですが、それは肌状態が落ち着くのを待ってから。

そして同時に体にも水分補給が必要です
日焼けをした日は、カフェインやアルコール、糖分が入っていないものがいいのだそう。

水か麦茶などがおすすめです。


体と肌を休める

日焼け後は肌のみならず体力も消耗しており体もダメージを受けています。

しっかりと睡眠をとって休養することが大切です。


まとめ

いかがでしたか?

本格的な夏はもうすぐそこまで来ています。

完璧な紫外線防御術を身に着ければ、お出かけもレジャーもめいいっぱい楽しめますね。

それでもうっかり日焼けしてしまったら、アフターケアも忘れずに。

今年の夏は紫外線までも味方につけて、美肌キープで夏を乗り越えたいですね。

この夏大注目の飲む日焼け止めサプリも是非試してみてくだいね。
>>>飲む日焼け止めサプリ ホワイトヴェールの詳しい商品説明はコチラ

この記事を書いた人

tae
愛知県在住のtaeです。カフェ巡りとロックが大好きな30代。生まれ持ってのアトピー体質の為スキンケアには余念がなく、今はエイジングケアと健康が気になるお年頃です。



キーワード