FU・WA・RI
FU・WA・RI > 子育て > 必見!子どもについイライラしちゃうあなたへ贈る8のメッセージ

必見!子どもについイライラしちゃうあなたへ贈る8のメッセージ


はじめに

子育てに奮闘している頑張るママへ贈ります!!

1.イライラしちゃうことがダメだと思ってませんか?


イライラがダメなことはないんです。むしろ、相手は予期せぬ行動が大得意な子ども様なので、「なんでこんな時に限って・・」なんて自分の段取りに合わせられないことの方がしょっちゅうですよね!

私も1対35人の子どもたちを相手にしているので、常に何か起きていますから、非常によく分かります(笑)

でも、子どもが好きな気持ちがあれば、それは必ず伝わるので、多少怒鳴ってしまっても良いんです(^^)してしまった時は「さっきはごめんね」と謝ることが出来たら最高です。そして、本音を言ってください。素直な子どもだからこそ言ってください!

最近、やることいっぱいで忙しくてイライラしちゃったこと、夜寝れずに疲れていること、ちゃんと話してあげたら、子どもも安心します。頼っていいんですよ甘えてください。子どもはいつでもママのためにと思っています。

私も疲れたときは、お昼寝タイムをするときあります。一瞬だけですが。急に寝ます(笑)

先生だからそんなことしちゃいけないって思っていましたが、あるときそんなことをやめて、もっと素直に自分に正直になることにしました。子どもたちは受け入れてくれました。ちゃんと付き合ってくれます。むしろ「もっと寝ていいよ(^^)」と、みんな私の頭を撫でてくれながら、横で一緒に寝てくれます。どっちが大人かわからない(笑)

素直な気持ちをいうだけで、なんだかすっきり!ありがとう!という気持ちになれます。子どもたちには常に明るくて笑顔で。。もちろんそれが理想かもしれませんが、それより素直なママでいてくれた方が、頼ってあげたほうが、逆に明るくて笑顔な生活が増えるような気がします。大丈夫!子どもはママのこと、思っている以上にちゃ?んと見てますよ(^^)

2.「自分と同じ」を手放す


我が子だから自分と同じだと思ってませんか?いくら親子でも自分と同じ感覚でないはずです。

そう、自分とは違うことをまずは受け入れてください。自分の基準にすると「なんでそうなるの?」とイライラしちゃうと思います。そうか!私はこうだけど、あなたはそういう行動をするのね!と自分と同じを手放すことが出来たらどんなに楽でしょうか(^^)

家族は色えんぴつです。私がピンクなら、パパはブルーであなたは黄色という具合に。色は違えどそれが重なったとき、単色では表現できない綺麗な色になりますよ!ぜひ個性を発揮させてあげてくださいね(^^)あなたの家族はどんなグラデーションができますか?

3.美容院に行く


綺麗になります。いつもと違う環境に行くことでリフレッシュ出来ます。人と話すことで、すっきりしましょう!美容院に行かなくても生活出来ますが、良い気持ちになることで、お子さんも旦那さんも喜びますよ♬

綺麗になって満たされてきてください!そういう時間を積極的に作る、そうなれる場所に足を運ぶのです。いつ行きますか?今からぜひ予約を!

4.食べたいもの、行きたい場所に行く


自分が満たされる時、もの、人、場所、何をしている時でしょうか?
一度考えてみてください。それを知っていることで予定を入れておけば、楽しみが増え、気持ちが潤ってくるはずです(^^)

5.イライラした時の対処方法を考えておく


トイレで叫ぶ、寝る、植物に話しかける、カラオケに行く、友達に話すなどなど、あなたなりの対処方法を考えておけば、どうしてもイライラが止まらない時、一呼吸おけますよ??

6.自分がまだまだだと思ってますか?


育児をしているそれだけで偉業なんです(^^)

人がいなければ、話題のポケモンgoだって、編み出されないですし、使ってもくれない、この世界は人ありき、人で成り立っているんです。その人材を育成するって凄いことだと思いませんか?当たり前のことだと思ってませんか?

そんな凄いことを、毎日当たり前にこなすあなたは凄いんです!!

当たり前のことが当たり前にできる、もっと自分を褒めて認めてあげてくださいね(^^)

7.比べているとき


あなたが苦しいとき、こんなことはないですか?

「同じ学年のあの子は喋れているのに、私の子は全然喋ってくれない。」
「あの子は文字が書けるのに私の子は文字を書くどころか興味もない。」
「あの子は何でも自分から出来るのに、自分の子は、ママママと全く離れてくれない。」

そう、人との違いが私たちを苦しめます。

基準を0にしたら、どうでしょうか。あの子に比べたらまだまだできないことも、初めのスタートに比べたら少し成長していませんか?

比べるものをあの子ではなく、我が子の0の時にしてみてください。お互い、少し楽になってくると思います。

7.余分なエネルギーに力を入れていませんか?


まだ起きてないことに不安がったり、あなたを不快にさせるだけの交友関係、やってしまった後悔を引きずるなど、考えても仕方がないことにエネルギーを使っていませんか?考えても仕方がないことにフォーカスしてさらに落ち込むことより、子どもと自分のためになることにもっとエネルギーを注いでみてください(^^)

8.我が子に求めるもの、こうあって欲しいもの1つ決めるなら何?


とにかく元気でいてほしい、明るい子、人に貢献してほしい、スポーツ万能!誰とでも分け隔てなく付き合える子、幸せになってほしいなど、子どもに願うこれだけは譲れないものは何でしょうか?1つだけ決めてください。

それに向かって、その軸に向かって行動する習慣にしてみてください。

例えば明るい子になってほしいという願いがあるのに、子どもに毎日「あなたはダメな子」ばかり言っていたとしたら、その子は明るい子になるでしょうか?大好きなお父さんやお母さんから毎日否定されたら、日々自信をなくし明るい子ではなくなってしまうかもしれません。

自分の決めた目標に対し、言行一致しているか、問うてみてください。目標があることで行動のバロメーターになるはずです。

【おわりに】

いかがでしたか?いつもイライラしてしまう、グチグチ言ってしまう、そんな自分が嫌になる。。こんなことがあると思いますが、子育てでイライラをしてはいけないなんて思わないでくださいね(^^)受け入れてください!


それも含めて、子どもはいつもママのことが大好きなんですよ♡

基盤はお母さん、もっと自分にエネルギーを使ってあげてください(^^)そしてぜひもっと子どもを頼ってあげてくださいね(^^)


この記事を書いた人

大隅千明
大隅千明
幼稚園で働いで10年目、様々な子どもたちや保護者の方との出会いで、育児の素晴らしさを実感しています。その中で、育児で最も重要な存在なのは「お母さん」ということに気付いて、毎日育児を頑張っているお母さんの応援団になりたいと思っています。お子様の成長を一緒に楽しみ、一緒に悩んで、創造力豊かで自信と思いやりのある素晴らしい子どもたちを育成するお手伝いをしていきたいと思います。



キーワード