FU・WA・RI
FU・WA・RI > 健康・美容 > オーガニックコスメ > [HANAオーガニック]花粉やPM2.5にも打ち勝つ新生ウェアルーUVの魅力!

[HANAオーガニック]花粉やPM2.5にも打ち勝つ新生ウェアルーUVの魅力!


こんにちは、キレイ女子を応援する美容情報発信サイトFU・WA・RI編集部です。


今回は2017.4.1にリニューアルされるHANAオーガニックのメイクシリーズのご紹介です!

花精油やオーガニックハーブを使ったHANAオーガニックの製品は、心身両面に働きかけて自らが持つチカラを取り戻してくれるコスメ。
そんなHANAオーガニックのウェアルーUVが、PM2.5などの環境ストレスにも対応した日中用美容液ベースとして生まれ変わります。

パワフルなオーガニック成分を新配合して進化した、ウェアルーUVの魅力をたっぷりお伝えしてきます。


HANAオーガニックついて


HANAオーガニックはフランスの国際的なオーガニック認証団体を基準にして、オーガニックコスメを研究開発するブランドです。
基準を満たした植物を世界中から集めて作られたHANAのオーガニックのコスメは、石油系成分、動物性成分を一切使用していません。
化粧品を塗る、だけでなく天然植物から抽出した花精油の香りにもこだわり、自律神経にも働きかけるホリスティック美容。
植物の力で肌の再生力、免疫力を高めてくれるので、どんな年齢、どんな肌質の人にもおすすめできます。


HANAオーガニックが考える美白とは

■ シミ=大切なもの。但し、とどまり続けるシミは、肌が不健康なサイン
■ 美白=肌を本来の白さ、健康な状態へ導くこと


この肌の不健康なサインをもたらしているのは「肌内部で起こる微弱炎症」
今回リニューアルされたウェアルーUVは、「肌の炎症」に着目し、その原因から肌を守る機能を強化。
肌がもつ本来の透明感を取り戻します。


あらゆる肌悩みは炎症から始まる

HANAオーガニックが考える美白は「肌内部で起こる炎症」を防いで、本来の白さ、健康な状態に導くこと。
この肌内部の炎症は、シミくすみの原因になるだけなく、肌の乾燥、しわやたるみなどあらゆる肌悩みを引き起こす原因だと知っていましたか?

特に慢性的な微弱炎症が肌の老化を進めしてまう大きな原因となっていることが分かりました。

炎症のメカニズム


新生ウェアルーUVの魅力

2017年春にリニューアルしたHANAのベースメイクシリーズの中でも
特に注目したいのは日焼け止めベースの「ウェアルーUV」です♡
これまでの日焼け止め効果はそのままに、肌内部の炎症を未然に防ぐパワフルな植物エキス3種類が新配合されています。

◇4/1発売開始<日焼け止めベース>ウェアルーUV商品詳細

内容量 30ml
通常価格 4,000円(税別)
UVカット効果(SPF値) SPF30 PA++
カラー ピンクベージュ・イエローベージュ

ウェアルーUV2色のサンプルがついた7日間トライアルセットが1480円でお試し可能です♡




ウェアルーUVの2色の比較がこちら。ベースをイエローベージュ、鼻すじなどをピンクベージュで際立たせるなどパーツで使い分けるのもおすすめです♥
HANAオーガニックのトライアルセットにはウェアルーUVが2色同時にお試しできます。オーガニックコスメならでは花精油の香りが体の内側からも癒してくれます。

◇コンセプトは「時間美容」

私たちの肌のトラブルのほとんどが日中の環境が原因で起こると言われています。
今回のコンセプトは、日中のダメージから肌を守り、くすみや揺るぎない健康な肌を育む「時間美容」です。
・紫外線
・PM2.5や化学スモッグなどの大気汚染物質
・スマートフォンやLED電球からのブルーライト
などの日中に受ける様々な肌ダメージに多角的にアプローチすることで、「日中に必要なスキンケア」を実現しています。

◇大注目!新配合の植物エキス3種類

日中の外的ストレスから肌を守ってくれる新配合の植物エキスは3つ。
それぞれの働きをまとめてみました。

1⃣イザヨイバラエキス
イザヨイバラキスは、肌表面の抗炎症作用ではなく、肌内部の炎症を抑える働きがあります
特に紫外線ダメージを受けた細胞から放出されるDAMPs(ダンプス)は炎症を連鎖させてしまう原因物質。
イザヨイバラエキスはこのDMAPsの発生とそれによっておこる肌内部の炎症をを防ぐので、早い段階でシミや老化原因に対応が可能
HANAオーガニックは、この不必要に炎症を引き起こす原因物質DAMPsを防ぐエキスとして100種類もの植物から厳選してイザヨイバラエキスを配合しています。
時間美容に取り入れることで、日中のダメージから肌を守ります。


2⃣オウゴンエキス
PM2.5や排気ガス、たばこの煙などの大気汚染物質による環境ストレス。この環境ストレスによる肌老化に効果のある成分として大注目の成分がオウゴンエキスなんです。
環境ストレスにさらされることで肌の内部に炎症が起こることが分かってきました。生薬にも使われるオウゴンエキスは、炎症作用が原因で起きるコラーゲン繊維の分断を抑え、肌のハリの維持をサポートしてくれます。


3⃣ホワイトカカオエキス
スマートフォンやパソコン、LEDライトなどから知らず知らずのうちに浴びてしまうブルーライト。
最近はブルーライトカット眼鏡が発売されるなど、目や体への影響が懸念されていますね。
ブルーライトの体への影響として睡眠障害や自律神経の乱れ、新陳代謝の低下などが報告されています。
ホワイトカカオエキスはブルーライトによって引き起こされる肌内部のたんぱく質オプシンの凝縮を防ぎ、ブルーライトストレスを和らげる働きがあります。また酸化チタンはブルーライトも紫外線も跳ね返すので、日中だけでなく夜間のスマホ、パソコン仕事にも強い味方になってくれそうです。


◇ウェアルーUVのおすすめポイント

新生ウェアルーUVの魅力は新配合成分だけではありません。従来の魅力も合わせておすすめポイントをまとめてみたので、初めての人もそうでない人もぜひ参考にしてみてくださいね。

♥UVカット、化粧下地、ライトフファンデーションが一つになった心強い日中用美容液
♥ノンケミカルなのに高い日焼け止め効果(SPF30 PA++)
♥紫外線散乱剤、ミネラル粒子をオイルでコーティングすることで肌に直接触れない設計
♥化粧持ちが大幅UP。化粧崩れを防ぐ植物由来成分配合で密着感とメイクの持続時間がUP
♥クレンジング不要(石けん、洗顔料で落とせます)
♥心にアプローチする6種類の花精油を配合
♥皮膚の常在菌バランスを整えるバイオエコリア配合


もちろんこれまでのHANAオーガニックの厳しい独自基準「10の約束をクリア」しています。

☑ナノ化原料の不使用
☑紫外線吸収剤の不使用
☑石油系合成界面活性剤、合成ポリマー、石油由来成分、合成防腐剤は一切使用していません。

リニューアルしたメイクシリーズ

HANAオーガニックのメイクシリーズが生気メイクシリーズとしてリニューアル♬
全アイテムにイザヨイバラエキスが配合され、日中でもスキンケア効果を実感できるメイクアイテムに生まれ変わっています。

<フェイスパウダー>
ウェアルーパウダールーセント
内容量:12g 通常価格:3,200円(税別)
SPF値:SPF20 PA+
フェイスパウダーにはUVカット効果がプラス。上質ミネラルの光反射作用できめ細かく透明感のある肌に仕上げます。
従来からの独自アプローチに加えて、日中の外的ストレスに対応する植物エキスや皮脂バランスを整えてバリア機能を強化する植物エキスなどさらに多角的にアプローチすることで、メイクしながら素肌をコンディショニングしてくれます。


左が新しくなったウェアルーパウダールーセント。従来のパウダーに比べるとパフがスリムになってコンパクト自体の厚みもかなり薄くなっています!化粧ポーチもかさばらないので、嬉しいですよね♪

<マルチカラークリーム>
ウェアルーカラーヴェール
内容量:7g 通常価格:3,500円(税別)
チークにもリップにも使えるカラークリームです。体温でとろける天然植物オイルをベースにピュアミネラルを配合。肌本来の血色を再現する色設計なので、どんな肌色にもしっくりなじんでくれます。
イザヨイバラエキスで肌内部の炎症を防ぎながら、カミツレエキスが血行促進。血色のいい健やかな印象に仕上がります。
<目元用マルチパレット>
ウェアルーマルチアイズ
通常価格 3,800円(税別)
アイブロウ、アイシャドウ、ハイライトの3役をこなすマルチパレットです。
天然ミネラルで陰影をつけて、立体感のある表情を美しく見せてくれます。
顔の中でも皮膚が薄い目元。植物オイルを配合して乾燥はもちろん外的ストレスからのダメージに配慮した処方となっています。

炎症のメカニズム

今回リニューアルされたウェアルーUVは日中の外的ストレスからくる「肌の炎症」にアプローチ。
肌内部で起こる炎症がシミくすみだけでなく肌老化を早めてしまうそのメカニズムについてまとめていますので、
参考にしてみてくださいね。

まず炎症と聞くと、肌あれ、敏感肌、赤みやかゆみを思い浮かべる人も多いと思います。
炎症は肌に入り込んだ異物に対して、健康な細胞が攻撃されないように守りながら、異物を攻撃する仕組み。
この仕組みが肌の老化を進めます。
通常健康な肌はバリア機能が外部刺激を跳ね返し、異物の侵入を防いでくれています。
肌に受ける外部刺激の主なもの
・紫外線
・ほこり
・PM2.5などの汚染物質
・化粧品などに含まれる化学物質
・アレルギー物質(花粉、金属など)


これらの外部刺激が肌に入り込んだ時、肌は炎症を起こします。

◇炎症が肌老化を進める仕組み

肌の内部に炎症が起きたとき、肌が真っ先にすること。それは

1.メラニン色素で守る
まずは、今以上に紫外線が細胞を傷めないようにメラニン色素を作りだします。

2.コラーゲン繊維を分断
肌のハリや弾力を保ってくれるコラーゲンですが、体は異物と戦うことを最優先するためにコラーゲン繊維を分断し、血管を太くします。
目的は血流を増やして白血球(細菌と戦う免疫細胞)を送り込むためです。


外部刺激と戦う肌は、肌としての活動を一時的に停止してしまうので、炎症が起きるとシミができやすく、うるおいが不足するためにしわやたるみができやすくなってしまいます。
肌のバリア機能が弱い敏感肌が老けてみられることが多いのはこの炎症が慢性的に起こっているから。

◇肌あれが治らない?


異物がいなくなるとお肌は通常モードに戻るはず。
ですが、肌荒れが長引いたり、敏感肌がなかなか治らないという人が多いのはなぜでしょうか?
ここ数年でも敏感肌の人を対象としたコスメも多数販売されるようになってきていますね。実は多くの女性の肌に、慢性的な炎症が起きてしまっています。

=炎症が慢性化する主な理由=
1⃣外部刺激となる異物の増加
紫外線やほこり、化粧品などの化学物質に加えて、PM2.5など環境汚染物質やスマートフォンやパソコンから浴びるブルーライトなどこれまでにないほど肌環境は攻撃を受ける機会が増えています。
2⃣炎症メカニズムの乱れ
免疫システムの司令塔とも呼べる「NF-kB(エヌエフカッパビー)」は、肌に外部刺激を受けると真っ先に反応して、活性化されます。
これが炎症やメラニンを作り出すスイッチとなり、刺激が収まれば通常モードに切り替わってくれるのですが、刺激過多の状態が続くと、常にNF-kBが活性化して炎症が慢性化してしまいます。さらに外部刺激によって突然死んでしまった細胞から放出されるDAMPs(ダンプス)と呼ばれる物質も、周りにある健康な肌に連鎖して不必要な炎症反応を起こし続けます。
3⃣自律神経の乱れ
免疫細胞である白血球の増減は自律神経と大きく関係しています。自律神経が乱れると炎症時と通常時のモードの切り替えがスムーズでできなくなってしまうんです。

これらの原因で肌の炎症が慢性化している女性は、肌荒れや乾燥肌、敏感肌がなかなか治らず肌老化を早めてしまっているかもしれません。新しく生まれ変わったHANAオーガニックのベースメイクシリーズは肌の炎症を引き起こす原因にアプローチ。
肌の内側から抵抗力を高めてくれるので、肌のバリア機能が高まり本来の白さを取り戻し、健康な肌へと導いてくれます。

まとめ

いかがでしたか?
肌を老化させてしまう肌の内部炎症は紫外線や大気汚染物質など、日中の外的ストレスがほとんど。
今回リニューアルしたベースメイクシリーズは日中の外的ストレスから肌を守りながら、血色のいい生命感のある肌に仕上げてくれるのでメイクしながらも日中に必要なスキンケアを可能にしています。UVカット、化粧下地、ライトフファンデーションが一つになった日中用美容液「ウェアルーUV」は特におすすめ。
紫外線やPM2.5、たばこの煙など外的ストレスに揺るがない強い肌を実現してくれます。

ウェアルーUVをサンプルが付いたHANAオーガニックのお試し7日間セットなら朝晩のスキンケアからすべてラインで使ってみることができます。まだHANAオーガニックを試したことない人は是非一度美白ラインを試してみてください。




キーワード