FU・WA・RI
FU・WA・RI > 健康・美容 > 紫外線対策 > 敏感肌におすすめしたい低刺激で紫外線吸収剤不使用の日焼け止めランキング!

敏感肌におすすめしたい低刺激で紫外線吸収剤不使用の日焼け止めランキング!


こんにちは、キレイ女子を応援する美容情報発信サイトFU・WA・RI編集部です。

春から夏にかけてゆらぎがちな肌。紫外線も強くなってきたのに日焼け止めも塗れないなんて人も多いのでは?

また日焼け止めを使って肌が荒れたことのある女性も多く、敏感肌の日焼け止め選びは慎重になってしまいますよね。

一度経験してしまうと、次から一体何を基準を日焼け止めを選ぶべきか本当に迷ってしまうと思います。 今回のテーマは「敏感肌におすすめした紫外線吸収剤不使用の日焼け止めランキング」。

日焼けもしたくない、肌あれもしたくない、という方に日焼け止めを選ぶポイントをふまえておすすめの顔用日焼け止めを紹介してきます。



敏感肌が日焼け止めを選ぶ3つのポイント

肌のバリア機能が低下した敏感肌にとっては、紫外線と日焼け止めどちらも刺激物になることがあります。敏感肌の人は気をつけて選びたいですね。

日焼け止めを選ぶときにもなるべく肌に負担をかけない優しいものを選ぶようにしましょう。

敏感肌の人が顔用日焼け止めを選ぶときのポイントは?

1⃣紫外線吸収剤を使っていない
2⃣ノンケミカル(ノンケミ)タイプを選ぶ
3⃣クレンジング不要(洗顔料のみで落ちる)
それぞれ詳しく解説していきますね。
1⃣紫外線吸収剤を使っていない

紫外線吸収剤は多くの日焼け止めに使用されている成分。特にSPF値の高いものやウォータープルーフ、レジャー用日焼け止めによく使われています。

その名の通り紫外線を吸収する化学物質で、吸収された紫外線を化学反応によって熱に変化させて放出することで、皮膚を紫外線刺激から守ってくれます。

紫外線防止の効果も高く、使用感のなめらかさ、白浮きしにくいなどのメリットがありますが、UVカット効果が高い分肌への負担は避けられません。

普段肌あれを起こさないような人でも、あらゆる原因でバリア機能が低下していると紫外線吸収剤が肌への刺激成分となることがあるので注意が必要。

紫外線吸収剤が化学物質であることのほかに、紫外線を熱に変える際に別の物質に変化してしまったり、熱として放出するときに肌の水分が蒸発し乾燥しやすくさせると言われています。敏感肌の人が肌への負担や安全性を考えたとき、できるだけ避けたい成分です。


2⃣ノンケミカル(ノンケミ)タイプを選ぶ

①にも関連することですが日焼け止めの場合、「ノンケミカル=化学物質不使用」というわけではなく、「紫外線吸収剤不使用」を意味することが多いようです。「ノンケミカル=紫外線吸収剤不使用」の意味合いが近いので、もし化学物質の不使用の日焼け止めを探しているときは注意してくださいね。ノンケミカルの日焼け止めには化学物質が使用されていることがあります。

◆紫外線散乱剤使用

紫外線散乱剤を使用した日焼け止めをノンケミカルと呼ぶこともあります。紫外線散乱剤も日焼け止めよく使われる成分で、紫外線吸収剤とよく比較されるメジャーな成分です。紫外線吸収剤に比べ、紫外線を反射するだけなので、化学変化したり、熱を放出したりする肌負担はありません。なので、赤ちゃん用、SPF値の低い低刺激な日焼け止めによく使用されています。

紫外線散乱剤を使用した日焼け止めの中でも安全性が高いと言われているのが、

「酸化チタン」

もう一つ紫外線散乱剤として有名な成分に「酸化亜鉛」というものがあります。

酸化亜鉛はまれに金属アレルギーを起こす可能性がありますが、酸化チタンにはアレルギーを起こさないので、おすすめの成分です。


3⃣クレンジング不要(洗顔料のみで落ちる)

敏感肌の人にとってクレンジングも大きな肌負担の一つ。強い洗浄成分で落とす必要のある日焼け止めはそれだけで肌負担大。 石けんなどの洗顔料で落とせるものやW洗顔不要の日焼け止めを選ぶようにしましょう。


毎日メイクする人なら

毎日メイクする、という人には、化粧下地からファンデーションまでをこなす多機能な日焼け止めがおすすめ。 特に敏感肌のUVカットも考えたBBクリームやCCクリームなどそれだけでメイクが完了するのでおすすめです。


顔用日焼け止めクリームランキング

敏感肌が日焼け止めを選ぶときの3つのポイントについてお伝えしてきました。

ここからは敏感肌が選ぶおすすめの顔用日焼け止めをランキング形式で紹介していきます!


アヤナス BBクリーム
内容量:25g/通常価格:4320円(税込)/SPF値:SPF25 PA+++

敏感肌専門ブランド「ディセンシア」のエイジングシリーズ「アヤナス」のBBクリーム。

UVカットだけでなく外部刺激ブロック、保湿、エイジングケアなど1本で7役をこなす大人の敏感肌にうれしい高機能なBBクリームです。

「①バリア機能を高める②炎症を抑えて美肌成分が効きやすい肌へ整える③肌内部のコラーゲン産生サポートする」

この3つの機能を合わせたディセンシア独自のトリプルリペアシステムが、肌を美しく見せるだけでなくエイジングサインと敏感肌にしっかりと対応してくれます。

別記事でアヤナスのBBクリームの口コミレビューがありますので、そちらも参考にしてみてくださいね。

=肌への配慮=
・紫外線吸収剤、アルコール、香料不使用
・皮膚科医立会いテスト承認済み
・アレルギーテスト済
※すべての方に皮ふ刺激がおきないわけではありません。

HANAオーガニック ウェア―ルーUV
内容量:30mL/通常価格:4000円(税別)/SPF値:SPF30 PA+++

オーガニックコスメのHANAはフランスのオーガニック認証団体エコサート基準で開発研究するコスメブランド。

植物の力で内からも外からも働きかけるホリスティック美容で多くの敏感肌女性から支持されています。

ウェア―ルーUVは2017年春新たな3つの植物エキスを配合してリニューアル、シミくすみの原因となる肌内部の炎症に働きかけます。

日中にさらされる炎症の原因である様々な外部刺激に対応できる植物エキスを厳選して配合。

UVカット、化粧下地、ライトファンデーションが一つになった日中美容液です。

ウェア―ルーUVについては別記事でも詳しく紹介していますので、そちらも参考にしてみてくださいね。▶HANAオーガニック ウェアルーUVリニューアル

★ウェアルーUVのサンプルが付いた「HANAオーガニック美白シリーズ7日間トライアルセット」があります。 天然100%オーガニックの美白美容液も同時に試せるのでおすすめです。




=肌への配慮=
・ナノ化原料の不使用・紫外線吸収剤の不使用
・石油系合成界面活性剤、合成ポリマー、石油由来成分、合成防腐剤の不使用

dプログラム アレルバリアエッセンスBB
内容量:40mL/通常価格:3240円(税込)/SPF値:SPF40 PA+++

花粉やほこりなどの空気中の微粒子汚れに対応するdプログラムのアレルバリアシリーズ。

アレルバリアエッセンスBBも高いUVカット効果に加え、アレルバリアテクノロジー搭載、美容液効果、化粧下地効果と1本4役をこなす敏感肌用日中美容液。

赤み、くすみへのカバー力、化粧もちの良さでも高評価です。

別記事でアレルバリアエッセンスの口コミレビューがありますので、参考にしてみてくださいね。

♥WEB限定でアレルバリアエッセンスBB体感セットを数量限定で販売しています。



=肌への配慮=
・紫外線吸収剤不使用のノンケミカル処方
・パラベン(防腐剤)、アルコール(エチルアルコール)、鉱物油、香料の不使用
・アレルギーテスト済み
※すべての方に皮ふ刺激がおきないわけではありません。

サエル ホワイトCCクリーム クリアリスト
内容量:25g/通常価格:4860円(税込)/SPF値:SPF50+ PA++++

敏感肌x美白のスキンケアシリーズが大人気のディセンシアのサエル。

CCクリームも下地、コンシーラー部門で数々のベストコスメに選ばれている実力派です。

「外部刺激ブロック」「くすみの3原色ケア」「保湿効果」「化粧下地」「薄化粧効果」「紫外線カット」「環境ストレスカット」と1品7役をこなす多機能クリーム。

最高のUVカット効果に合わせて、高いスキンケア効果とシミくすみに対応する下地効果が美白ケアが気になる敏感肌女性多数に支持されています。

♥サエルホワイトCCクリームをお試しできるサエル美白化粧品10日間のトライアルセットが人気です。 コスメ大賞6冠達成の薬用化粧水もお試しできるのでおすすめです。



=肌への配慮=
・紫外線吸収剤不使用
・アルコール、香料不使用
・皮膚科医立会いテスト承認済み
・アレルギーテスト済
※すべての方に皮ふ刺激がおきないわけではありません。

琉白(るはく)シークワーサーブライト二ングUVヴェール
内容量:30ml/通常価格:3465円(税込)/SPF値:SPF50+ PA++++

オーガニックコスメの世界基準と言われるエコサート認証取得の沖縄オーガニックコスメ琉白。

有機農法で育った沖縄のシークワーサーを使ったのUV化粧下地は200回以上も試作を繰り返して開発され、天然由来100%で最高値のUV効果を実現。

高いSPF値と伸びよさ、崩れにくさを徹底的にこだわっています。 また日中メイクしながらのスキンケアを取り入れ、美容効果の高い植物エキスを配合。



=肌への配慮=
・紫外線吸収剤不使用
・ナノ化成分不使用
・石油由来成分、動物由来成分一切不使用。
・合成保存料(パラベン、フェノキシエタノール)合成香料、合成着色料、アルコール一切不使用。

キャメロン&ガブリエル ヘヴンヴェール
内容量:30g/通常価格:3456円(税込)/SPF値:SPF45・PA++++

オイル美容で知名度の高いキャメロン&ガブリエルですが、UVベース「ヘヴンヴェール」の高いUVカット効果と美容効果が大人気。

美容成分85%で、日中の美容効果、化粧ノリの良さやメイクの持ち時間など総合的に評価のが高く、愛用者リピーターが多いのもうなずけます。

またキャメロン&ガブリエルは「安心して使える」をキーワードとして、肌のバリア機能を低下させる懸念のあるものを極力排除した製品づくりで、敏感肌女性から多くの支持を得ています。



=肌への配慮= ・紫外線吸収剤不使用
・ナノ粒子散乱剤不使用
・合成界面活性剤、エタノール、パラベン、鉱物油、合成着色料、合成香料不使用

ソレオオーガニックス
内容量:40g/通常価格:2200円(税別)/SPF値:SPF30+・PA++

国をあげて皮膚がん予防に取り組んでいる紫外線対策先進国オーストラリアを原産国とするソレオオーガニックス。

SPF値30はオーストラリアで定められるSPF値の最高値なんです。

水にも汗にも強いウォータ―プルーフですが、石けんで洗い流すことができ、生後6か月の赤ちゃんも使えます。

UVカット成分(紫外線散乱剤)の酸化亜鉛を独自の技術で粒子化することで、白浮きしない透明感のあるつけ心地を可能にしています。

自然療法に基づいた100%天然成分配合のソレオオーガニックスは自然界の微生物が分解できる成分のみを使い、体にも環境にも優しい日焼止めクリームです。


=肌への配慮=
・紫外線吸収剤不使用
・合成着色料・香料、合成防腐剤、不使用
・専用洗浄料不要
・パッチテスト、スティンギングテスト済み
※すべての人にアレルギー、皮膚刺激が起きないというわけではありません。

ママバター UVケアクリーム
内容量:45g/通常価格:1200円(税別)/SPF値:SPF25・PA++

天然由来の高保湿成分シアバターを使ったナチュラルコスメで知名度が高いママバター。

UVケアクリームにもシアバターを5%配合し、肌のうるおいを考えた日焼止めクリームです。

冷暖房からの肌乾燥も防ぐので化粧下地として一年中愛用しているママバターファンも多数です。

♥ママバターのUVケアクリームはシンシアガーデンWEBショップで購入可能です。お得なラージサイズやアロマタイプなどもあります。


=肌への配慮=
・紫外線吸収剤不使用
・シリコン、合成香料、合成着色料、鉱物油、パラベン不使用
・アレルギーテスト済み
・皮膚科医による皮膚刺激性テスト済み
※すべての方に皮ふ刺激がおきないわけではありません。

アビーノ 日焼け止め ローションSPF-70
内容量:85g/通常価格:2500円前後/SPF値:SPF50

アメリカの自然派コスメブランド「アビーノ」の日焼け止め ローション。

アビーノ製品の多くに使われる天然保湿成分オートミールは、鎮静効果もあり肌あれにも効果的で敏感肌女性にはおすすめ。紫外線カット成分には二酸化チタンと酸化亜鉛の2種類を使い、ミネラル成分で紫外線刺激から肌を守ります。海外製品につきPA値はありませんが、UVA,UVB共に高いUVカット効果があります。


=肌への配慮=
紫外線吸収剤不使用

パックスナチュロン UVクリーム
内容量:45g/通常価格:864円(税込)/SPF値:SPF15 PA++

プチプラで年中使える化粧下地として人気。日中外出の少なめ、日焼止めの使用を最低限に抑えたい人向けのUVクリーム。

スクワランやカミツレエキスなどの保湿成分配合で潤いを保ちながら、紫外線から肌を守ります。


=肌への配慮=
・紫外線吸収剤不使用
・界面活性剤不使用

マナラ BBリキッドバー
内容量:7g/通常価格:3672円(税込)/SPF値:SPF35・PA+++

ホットクレンジングでも大人気のマナラ。BBリキッドバーは、肌に滑らせるだけで手早くベースメイクが完了すると大人気。

日焼止め、化粧下地、ファンデーション、美容液、コンシーラー、コントロールカラーの1本6役をこなします。

高いカバー力とナチュラルな仕上がりに加え、手を汚すことなく簡単にメイクできるので働く女性から高い支持を得ています。


=肌への配慮=
・紫外線吸収剤不使用
・タール系色素、合成香料、パラベン、鉱物油、石油系界面活性剤無添加
・エタノールフリー

日焼け止めの効果を上げるには

日焼止め正しい塗り方


せっかく日焼け止めを塗っていたのに、焼けてしまった?なんて経験はありませんか?
日焼止めは朝のスキンケアに必須です。
洗顔→化粧水→乳液→日焼け止め
の順に正しく塗ってください。
UVカット機能のついた化粧下地やファンデーションなら乳液の後はそれだけでベースメイクは完了します。
乳液や日中美容液にUVカット機能があるなら
化粧水→UVカット乳液→ファンデーション
とすると薄付きでメイクによるヨレを防ぐ事も出来ます。

日焼け止めを使ったときの過ごし方

2~3時間以内に塗りなおす
残念ながらどんなに強い日焼け止めも汗や皮脂などで落ちてしまうと本来の効果を得ることができません。 長くても3時間をめどに全体の塗り直しがおすすめ。
目の紫外線防止も効果的
目に入る紫外線を防ぐと、日焼け止め効果を高めたり美白ケアの効果が高まるとしっていましたか?
角膜が紫外線刺激を受けると、その情報は脳に伝えられます。脳は紫外線から肌を守ろうと防衛反応を起こし、メラニン色素を作るように伝達されるため、シミ、くすみができやすくなってしまいます。
目の紫外線を防ぐと日焼け止め防止はもちろん視力の低下、眼病予防にもなります。
紫外線防止グッズとの併用がベター
ひどい肌荒れ、敏感肌でもこの方法はおすすめ。
深刻な敏感肌は高いUVカット効果のある日焼け止めを塗ることも難しいことがあります。
そんな時は、つばの広い帽子やUVカット効果の高い日傘などのグッズを賢く利用したいですね。

「ノンナノとは?」

日焼止めの用語で目にする「ノンナノ」。
これは化粧品の原料を「ナノ化していない」という意味で使われています。
ナノ化すると美容成分が浸透しやすくなったりといいイメージを持っている人も多くいると思いますが、実はナノ化技術は開発からまだそんなに時間が経っておらず、使い続けた場合の肌への安全面などが懸念されています。
ナノ化された日焼止め成分が角質層のさらに奥に入る可能性もあり、ナノ化原料不使用とするコスメメーカーも多数。
オーガニックコスメや自然派コスメなどは特にナノ化不使用にこだわった日焼け止めを販売しています。日焼止めを選ぶ際には「ノンナノ」も一つのキーワードとして覚えておくといいかと思います。

まとめ

いかがでしたか?
今回紹介した日焼け止めはすべて紫外線吸収剤不使用の日焼け止めランキングです。
最近は紫外線吸収剤不使用でも高いUVカット効果のあるものも多数出てきておリ、敏感肌でもシーンに合わせて使い分けることができるのでうれしいですよね。
トライアルやサンプル、返金保証のある日焼け止めもあるので、気になる日焼け止めが見つかったら試してみてくださいね。



キーワード