FU・WA・RI
FU・WA・RI > 健康・美容 > 基礎化粧品 > 美容オイル > 美容オイルの効果がスゴイ!美肌力を上げるなら取り入れるべし!

美容オイルの効果がスゴイ!美肌力を上げるなら取り入れるべし!


アトピー持ちのため年中乾燥に悩まされているtaeです。    

スキンケアを毎日しっかりとしていても季節の変わり目や室内のエアコンで乾燥してしまうという方は多いのではないでしょうか? 

そんな時は、美容オイルをスキンケアに組み込んでいくのがおすすめです。

でも…オイルというと「べたつく」「重い感じ」「皮膜感が気になる」「朝のスキンケアには不向きでは?」と少々マイナスのイメージを持っているという方も多いと思います。

実際に私もそう思っていました(笑)

ですが最近の美容オイルはそんなことはなく、使いやすくなじみやすくなっていますし、使い方次第でベタつきを抑えてしっかりと保湿することができるのです。

そこで今回は、

  • 美容オイルの種類と効果
  • 傷跡を薄くする効果が期待できる?
  • べたつかずに使える方法
  • おすすめの美容オイル
  • より効果的な使い方
  • についてお話していきます。 

    美容オイルが苦手という方や肌悩みに合わせた美容オイルを知りたい方にぜひぜひ読んでもらいたいです!

    美容オイルについて

    美容オイル

    美容オイルとは?

    美容オイルとは、植物などから抽出されたオイルで、肌や髪など美容に効果的とされているオイルです。

    顔だけでなくボディケアや髪、そして爪にも使うことができ、中には口にすることもできるものがあるのです。

    美容液という位置づけではもちろん、マッサージの際やクレンジングとしても使用できる便利なアイテムです。

    美容オイルの基本的な使い方は?

    美容オイル

    スキンケアとして使用する際の使い方はとても簡単です。

    肌に1~2滴を手のひらに取り、手の温度でオイルを温めてからしっかりと肌になじませるだけなのです。

    もちろん乾燥具合等によっては多くてもOKです。

    スキンケアの最後に使うことによって肌に1枚バリアが張られたような状態になるのです。

    また逆に、ブースター美容液としてスキンケアの最初に使う事もできます。

    最初に使うことで肌が柔らかくなり、その後に使うスキンケアの浸透がよくなるのです。

    どんな肌質の人でも使えるの?

    美容オイル

    美容オイルは乾燥肌の人の保湿に効果的なイメージで、脂性肌の方には向かないと思われがちです。

    皮脂というある意味、自らの天然オイルが常にあるような状態なので「余計べたつきそう…」と思われがちですが、実は過剰な皮脂を抑えるという効果があるのです。

    皮脂というのは乾燥を感じると分泌されやすくなります。

    そのため、化粧水で肌を整えた後にオイルを1滴なじませることで肌の保持が持続し、過剰な皮脂分泌を抑制できるのです。

    また、敏感肌の方にも比較的安心ですが、一概にいいとは言い切れないのです。

    オイルは植物などの天然素材から作られているものが多いので、その植物が刺激になってしまうこともあります。

    実際アトピー持ちの敏感肌の私は調子が悪い時や少々荒れている時には刺激を感じることがあります。

    敏感肌でもそうでなくても使用する前にはパッチテストをするのがおすすめです。

    美容いオイルの効果とは?

    ポイント

    美容オイルはオイル自体の種類もその栄養もさまざまです。

    どんな種類があってどんな効果が期待できるのかは後ほどお話しますが、基本的に得られる効果としては、

  • 保湿
  • 血行促進
  • 肌の代謝アップ
  • 炎症の抑制
  • などが期待できます。

    美容オイルの種類とその効果

    美容に有効なオイルは色々あります。どんなものがあり、どんな効果が期待できるのかを見ていきましょう。

    ホホバオイル

    ホホバオイル
    美容オイルといえばこれを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

    実際にオイル単体としてだけでなく、スキンケア製品に配合されていることの多いのがこのホホバオイルです。

    ホホバオイルは、砂漠地帯に生息するホホバという植物の種子から抽出されるオイルです。

    無色透明でさらりとしたホホバオイルは、オイルの中でも群を抜いて安全性が高く、低刺激という特徴があり、ビタミンEが豊富に含まれている「砂漠からの黄金の液体」と古くから重宝されていたといいます。

    そして、ワックスエステルという人の皮脂の主成分と同じ成分が含まれていて、低刺激という特徴がありますので、アトピーや敏感肌そしてニキビなどのトラブルを起こしやすい方でも安心して使うことができます。

    酸化もしにくく、さらっとした使い心地でありながら保湿力も高いので美容オイルデビューにも最適です。

    全身の保湿ケアやクレンジングやヘアケア、そして肌を柔らかくしてくれる効果がありますので妊娠線やセルライト対策にも使えるオールマイティーな美容オイルです。

    オリーブオイル

    オリーブオイル

    これもホホバオイルと並んで美容オイルとしては有名ですね。

    地中海地方で栽培されるオリーブの実から抽出したオリーブオイルは、美容オイルとしてだけでなく、イタリアン料理をはじめ様々な料理につかわれており、口にする機会も多い安全性の高いオイルなのです。

    肌のバリア機能を高める働きのあるオレイン酸を主成分とし、スクワランやビタミン、脂質やミネラルなどが豊富に含まれている脂質・ビタミン・ミネラルなどが豊富に含まれている、やや重めでしっとりとしたオイルです。

    顔や乾燥する部分の保湿やクレンジングにはもちろん、シェービングジェル代わりにも使えます。

    ちなみに、オリーブオイルを使う場合は必ず美容用のものを使用してください。食用のものは精製度が低いので肌に馴染みにくく逆効果になってしまうこともあります。

    アルガンオイル

    アルガンオイル
    オイルシャンプーって最近よく耳にすることはありませんか?

    これはオイルが入っていることによって髪に艶を出ししっとりとさせる効果のあるシャンプーなのですが、このオイルシャンプーに使われていることが多いオイルがアルガンオイルなのです。

    モロッコに生息するアルガンの実から抽出されるオイルですが、実はその抽出できる量が100㎏の実から1ℓほどしかないという超希少なものなのです。

    カロテンや必須脂肪酸、サポニンやビタミンEがとても豊富で肌の柔軟や抗酸化作用に優れているオイルです。

    全身に使うことができますが、特に髪に効果的です。

    ツバキオイル

    椿オイル

    そのままヘアケア製品の名前になっておるほど有名なツバキオイル

    椿の実からとれるオイルで、酸化しにくいオレイン酸を多く含んでいます。

    このツバキオイルの歴史は古く、江戸時代には使われていたといいます。「油を売る」ということわざの油というのは、このツバキオイルであったと言われています。

    昔から女性たちに好まれていたツバキオイルは重めの感触ですので、売る際に樽などからお客さんの容器に移し替えるのに時間がかかり、その間に世間話なんかをしていた…ということからきていることわざだと言われています。

    主にヘアケアに使われることが多いですが、肌荒れ対策やシミ予防にも効果的で保湿力に優れていることからスキンケアにも使えるオイルです。

    ローズヒップオイル

    ローズヒップオイル

    ローズヒップの実の種子から抽出されるオイルです。

    ローズヒップといえば「ビタミンCの爆弾」とも言われているほどビタミンCが豊富な植物で、ハーブティとして有名ですよね。

    ビタミンCの他に、トランスレチノイン酸という美白に有効な成分が豊富であり、他にもオレイン酸やリノール酸、ガンマリノレン酸やリコピンが豊富なオイルです。

    保湿目的で顔をはじめ全身に使えますし、それだけでなく皮膚を再生する力が期待できますので、傷跡の修復にも効果的と言われています。

    もちろんビタミンCが豊富ですので、シワやシミの改善など美白効果も期待できます。

    スクワランオイル

    スクワランオイル

    こちらも美容成分としては有名ではないでしょうか。

    スクワランオイルは植物性もありますが、サメの肝臓から採った肝油の主成分であるスクワランに水素を加えたオイルが一般的です。

    純度99.0%以上の炭化水素化合物であるため、酸化しにくく、粒子が細かいので、肌へのなじみがとてもよく比較的サラッと使いやすいオイルなのです。

    また、スクワランは人間の皮膚にも存在しています。そのため、安全性が高く幅広い肌質の方に使っていただけるオイルです。

    もともと持っている成分ですので、スクワランオイルを使うことで、自分自身の肌が作り出す力を引き出して免疫力を高めてくれるという効果があるのです。

    他にも、保湿はもちろん粒子が細かくなじみが良いため、次に入る化粧品の吸収を良くする効果もあり、ブースター美容液代わりにも使うことができます。

    馬油

    馬油

    馬油はその名の通り馬の油・脂肪から作られるオイルです。

    実は馬の脂肪は人間の皮脂にとても近い成分なのです。

    美容にというよりは、古くは民間療法の特効薬の役割で火傷や傷の治療に使われていたといいます。今でも傷跡を消すために使うのにも効果的なのです。

    また馬油を塗った部分は血行がよくなり新陳代謝アップの効果がありますので、顔に使用した場合、肌がワントーン明るくなったようになりますし、筋肉痛の緩和の為にも効果的だといいます。

    重めのクリームを思わすようなテクスチャで、べったり感があるオイルです。

    そして独特の香りがあるため好みが別れるのですが、保湿力の優れておりバリア機能アップの効果がありますので、アトピー肌や敏感肌、乾燥肌には最適なオイルなのです。

    おすすめの美容オイル

    ソンバーユ

    馬油の代表といえば薬師堂のソンバーユです。

    ソンバーユ
    ソンバーユ 75ml 2,160円(税込) 

    出典元:http://www.rakuten.co.jp/bayuclub/

    実はこのソンバーユはアトピー持ちの私も子供の頃からなじみがあります。

    子供の頃はあのベタッとする感じと独特の香りが苦手でしたが(笑)塗ると乾燥が軽減されて痒みが治まっていました。

    今では従来の独特の香りの「ザ・馬油」というものももちろん販売されており、愛用者が多いですが、ヒノキの香りやジャコウやくちなしなど5種類の香り付きのものがありますので、お好みで選ぶことができます。

    個人的にはグリーンのふたのヒノキがお気に入りです。

    また、べたつきが少なくサラッとした使い心地のオイルタイプも販売されていますので、べたつきが苦手な方にもより使いやすくなっています。

    ソンバーユ 液状特製
    ソンバーユ 液状特製 55ml 1,879円(税抜)

    出典元:http://item.rakuten.co.jp/bayuclub/10000350/#top2

    どのタイプのソンバーユも、顔はもちろん全身の保湿に使えます。

    洗顔後にソンバーユをたっぷりと使ってオイルパックをすると、より肌がしっとりしますし、他にも育毛効果も期待できるので頭皮マッサージの際に使うのもおすすめです。

    使い方としてはシャンプー前に適量を頭皮になじませてマッサージします。そのまま5~10分ほどおいてから普通にシャンプーします。

    これをすることで頭皮が乾燥して湿疹ができることが少なくなりましたし、髪が傷みにくくなりました。

    また、ソンバーユは赤ちゃんに使ってもOKですし、口の中に入っても大丈夫なほど安全性が高いものなので、口内炎ができた際に綿棒なんかでちょっと塗ると治りが早くなりますよ。

    クナイプビオ オイル

    バスソルトで有名なクナイプの美容オイルです。

    クナイプビオオイル
    クナイプビオオイル 20ml 540円(税込)

    出典元:https://www.kneipp.jp/beautyoil/bio-oil.html

    これはたまたま半月ほど前に見かけて購入したオイルなのですが、すでに手放せなくなっているオイルです。

    気になったきっかけは「傷跡・ニキビ跡のケアに効果的」という点です。

    アトピー歴=年齢の私。

    現在、症状は落ち着いていますが、子供の頃より積み重なったアトピー跡が結構すごいのです。

    皮膚科に通って薄くする治療は受けていますが、それと並行して普段のケアでも薄くしていくと同時に、これ以上増やさないためのアイテムとして自分自身にマッチしたのがこのクナイプのオイルなのです。

    まず気に入ったのが香りです。

    オリーブオイルとサフラワー油、そしてグレープフルーツ油を主成分にしている美容オイルでさわやかな柑橘系の香りがします。

    思わず飲みたくなってしまうようなジューシーな香りなのです。

    一見やや重めのテクスチャですが、すっと肌になじみ吸い込んでいくのでべたつきが少なく使いやすいオイルです。

    気になるアトピー跡や体にはもちろん、普通の美容オイルとしてスキンケアやオイルマッサージにも使っています。少量でしっかりと伸びてなじみがいいのでコスパもいいと思います。

    継続して使うなら100mlのサイズがおすすめで、私も購入済みです。

    クナイプビオオイル
    クナイプビオオイル 100ml 1,944円(税込)

    出典元:https://www.kneipp.jp/beautyoil/bio-oil.html

    無印良品のオイル

    無印良品の化粧品と言えば、安価で優秀なものがたくさんあり、私も化粧水や美容液などのスキンケア製品をよく使っています。そして、その無印良品に美容オイルがあるのです。

    顔はもちろん体や髪にも使用できる無印のオイルは、植物から精製した無香料・無着色の天然オイルです。

    オリーブオイルやローズヒップオイルをはじめ6種類あります。先ほどお話ししたオイルの種類による効能などを参照に、自分自身が欲しい効果に合わせて選ぶことができます。

    その中でもおすすめなのが!

    無印良品 ホホバオイル
    無印良品 ホホバオイル 50ml 972円(税込)

    ホホバの種子から搾ったオイルをスキンケアに最適に精製されてオイルです。

    べたつきが少なく、すっと肌になじみさらっとした使用感でとても使いやすいオイルです。

    50ml以外にも100ml・200mlとあります。この50mlのサイズは、さらっとした使い心地なので日中の乾燥対策にポーチに入れておくのにも最適です。

    乾燥がひどい肌の方にはメイク直しやエアコンなどによる乾燥を感じた際に、極々少量を薄くつけると効果的です。

    メイクをしている場合はつけすぎには注意です。

    Coyori(コヨリ)美容液オイル

    コヨリ美容オイル
    coyori美容液オイル 20ml(約1ヶ月分):通常価格4,690円 定期購入3,986円

    矢印coyori美容液オイルお試しサイズ2週間分10ml 980円&送料無料のキャンペーン情報はこちら

    よくネット広告を見かけるので気になっていたところ、モニター募集していたので試してみました。

    コヨリ美容オイル

    オリーブ・ツバキ・ユズ種子・コメヌカの4種類植物オイルに加えて、20種類の和漢植物エキスを配合した美容オイルです。

    届いて早速使用してみましたが、サラッとしたオイルでかなり使いやすいです。使いやすさで言えば、今回ご紹介したものの中では1番かもしれません。

    このモニター用のサイズの量で数回の使用でしたが、とにかく保湿力が高いということとが実感できました。

    スキンケアはまず保湿力重視!と考えている方にはいいオイルです。

    VIRCHE マルラオイル

    マルラオイル
    18ml(約2ヶ月分)通常価格3,974円

    矢印マルラオイルお試しキャンペーン価格2,980円&送料無料はこちら

    100%オーガニックのヴァーチェのマルラオイル。

    南アフリカにある「神の木」とも呼ばれているマルラの木の実から採れる希少な美容オイルです。これはアルガンオイルを超えるとも言われている美容オイルで、ビタミンC・E、リノレン酸、オメガ6・9など栄養素も豊富。



    抗酸化力はオリーブオイルの約10倍
    もあると言われています。

    エイジングケア、保湿ケア、オイルマッサージはもちろん、ヘアケアやネイルケアにも使うことができます。

    HANAオーガニック アーユスオイル

    HANAオーガニック ayusoil
    アーユスオイル 内容量20ml(約3ヶ月分):通常価格4,762円・定期購入3,810円

    矢印HANAオーガニック アーユスオイルの詳しい商品情報はこちら

    オーガニックコスメの認定機関であるエコサートの基準で開発されているオーガニックコスメのHANAオーガニックさんのアーユスオイルです。

    肌の浄化作用があるオーガニックセサミ、そしてアフリカで常食されているほど栄養素が高い「奇跡の木」と呼ばれる貴重なモリンガオイルをブレンドした美容オイルです。

    アロマ精油のダマスクローズやイランイラン花油、レモングラス油などもブレンドされているので、香りによるリラックス効果も感じながらスキンケアできます。

    湯船に浸かりながらのフェイシャルマッサージは至福のひと時ですよ♪

    より効果的な使い方

    ベタつきが気になる場合

    最近の美容オイルはサラッとした使い心地のものが多くなってきていますが、一つここで気をつけていただきたいことがあります。

    成分の中に「ミネラルオイル」と表記されていたら、使用は避けてください。石油系のオイルで肌に浸透しません。

    肌に浸透しないので害はないと言われていますが、美容効果もありませんし、ベタつくため、洗い流したり拭き取りが必要です。

    美容オイルは、天然100%のものを使用します。

    それでもやはりオイルの種類によっては「ベタつきが気になる!」という方も多いと思います。

    ミストそんな方におすすめの使い方は「濡れた肌に使う」ということです。

    ミストタイプの化粧水をシューッと吹きかけて肌を濡らして使うという方法です。

    そうすればオイル自体の滑りも良くなり使いやすいですし、ベタつきが気になりにくく、しっとりとした肌になります。

    もっと簡単な方法としては、お風呂あがりや洗顔後にタオルで水分を拭き取る前にオイルを使うという手もありますよ。

    美容オイルを簡単に取り入れる

    「オイルを使ってしっかりスキンケアしたいけど、時間がない」という方におすすめなのが、オイルをお手持ちの化粧水や乳液、クリームなどのスキンケア品に混ぜて使うという方法です。

    美容オイル 手

    この時にしっかりと手のひらなどで混ぜることが大切です!

    こうすることによって普段のスキンケアをしているだけでオイルを取り入れることができるので、保湿力がアップします。

    日中の乾燥が気になる人は、ファンデーションに1滴ほど垂らしてよく混ぜて使うのもおすすめです。

    これは夏場やベタつきが気になるという方にもおすすめです。

    ただし!使う時だけ混ぜてくださいね。オイルは酸化しやすいものもありますので、混ぜたものを作っておくということはNGです。

    オイルでサンドイッチ!?

    スキンケア

    より乾燥が気になるときや肌が疲れているなって時はもちろん、日常的にもおすすめなのが、美容オイルでサンドイッチです。

    これは私もやっている方法で、どんなものかというと、

    洗顔後まず1~2滴のオイルをなじませます。

    その後化粧水をつけます。

    そしてまた1~2滴のオイルをなじませます。

    最初のオイルで肌の角質を柔らかすることで化粧水が浸透しやすくなり、しっかりと化粧水で肌に潤いを与えたところに更にオイルで保湿ができるのです。

    美容オイルの注意点

    注意

    選ぶ際は質のいいものを選ぶ

    化粧品を選ぶうえでは当然といえるかもしれませんが、質が悪いものですと効果がでないどころか肌トラブルの原因になってしまいます。

    特に美容オイルに使われるオイルは天然であるものが多く、天然であるがゆえに純度が高すぎても敏感な方には逆効果になる場合があります。

    しっかりと成分を確認、口コミなどの評判のいいものをテスターがあったら、ちょっと試してみて選ぶようにしましょう。

    保存に注意

    オイルは中には酸化しやすいものもあります。

    保存する際、直射日光は避けて、一回開封したら早めに使うようにしましょう。

    稀に起こるというトラブル

    美容オイルは油であるがゆえに、いったんタオルなどの繊維にしみ込んでしまうと洗濯でなかなか落ちない場合も多いのです。

    ただそれだけなら気にしなければ問題がないのですが、そのオイルが取れきれないタオルなどを乾燥機に入れて乾燥をした際に発火する可能性もあるといいます。

    オイルマッサージ後や、軽くふき取りたい時は肌を傷つけないという意味でも化粧用や柔らかめのティッシュを使うのがおすすめです。

    オイルがついてしまったタオルなどは洗濯後には自然乾燥するようにしましょう。

    最後に

    美容オイル

    美容オイルはすでにスキンケアやヘアケア、ボディケアなどにお馴染みになっていると同時にまだまだオイルに対しての苦手意識を持っている方も多いと思います。

    最近のオイルは本当に使い心地がよく、効果的なものが増えてきています。

    そして美容オイルは少量でよく馴染むのでコスト面でも優秀なものが多いのです。

    これを読んでいただいて美容オイルの良さを知っていただけて「オイルが気になった」「使ってみたい」と思っていただき、オイルデビューでますます美肌を目指していただけたらいいなと思います!




    キーワード