FU・WA・RI
FU・WA・RI > 結婚 > 結婚式 > 憧れのリゾート婚♥申し込みから挙式までの流れ教えます!

憧れのリゾート婚♥申し込みから挙式までの流れ教えます!


女性なら一度は憧れる海外挙式。

特に、青空の下で二人の愛を誓うことができる「リゾ婚」と呼ばれるリゾート婚は、写真やパンフレットを見てもうっとりしてしまいますね(*´∀`*)

ハワイの教会|FU・WA・RI

女性だけど、いざ、海外挙式にしようと思うと、

  • 海外まで行って準備不足だったら…
  • 費用は高いのかな?
  • 友達は来てくれるかな?
  • 一生に一度の結婚式ちゃんとできるかな?
  • 英語話せないけど大丈夫?
  • といろいろと不安な気持ちになったりしますよね。

    そこで今回は、海外挙式をする場合の費用や準備期間、挙式前の流れなど、ウェディングプロデュース会社に10年勤務してきた元ウェディングプランナーの女性にお話を伺ってきましたよ。

    最後は、ハワイやグアムで実際にリゾート婚した女性に体験談を語っていただきましたので、これから海外挙式を考えているという方はぜひ参考にしてくださいね。

    海外挙式に掛かる予算とは?

    お金
    まず何と言っても気になるのは、海外挙式に掛かる費用ではないでしょうか?

    細かい見積もりは、プロデュース会社や旅行会社へ行ってからになりますが、ざっくりとした相場を頭に入れておきましょう^^

    行き先によっても異なりますが、今回はリゾ婚の中でも一番人気のリゾート地、ハワイでの結婚式を基準に紹介していきますね。

    カップル2名ほか6名の参列者 合計8名の場合

    結婚式

    カップルのほかに両親や兄弟など身内だけで挙式する場合の人数です。

    旅費や食事代、式場からパーティー会場へのお車代、ブライダルフォトなどが含まれて約100~150万円が相場親戚やお友達がもっと来るという場合は、食事代として1人約15,000円が追加されるのが平均的だそう。

    もし二人だけで挙式するという場合の費用は、約60万円くらいに抑えられるとういことです。

    ちなみに、ウェディングドレスをオーダーすると、平均1着30万円くらいからが追加料金として掛かります。

    最近はレンタル落ちなどの中古品を安くで購入する人も増えていますが、その場合、持ち込み料が掛かることもあるので確認しておきましょう。

    参列者の交通費・宿泊費は新郎新婦が支払いするの?

    ハワイ挙式|FU・WA・RI

    日本で挙式する場合でも、遠方から来られる参列者のために、交通費や宿泊費を新郎新婦が支払うことが多いですよね。

    ということは、せっかく海外まで来てくれるのだから、飛行機代や宿泊費はカップルで支払いするものなの?

    基本的には、参列者は自費で来てくれるそうです。これが両親などの身内であっても自費で来てくれることが多いそうです。

    お友達が参列してくれる場合、若い年代だったり、旅慣れている子であれば、海外旅行気分で格安航空券や安い宿を取って参列してくれる子もいるようです。

    その代わり、ご祝儀をお断りするパターンが多いようです。

    お金に余裕のある人であれば、1人30,000円ほどの金額をお渡しすることもあるようです。

    ですので、基本的にカップルが支払うのは、挙式代、海外での移動代、パーティー代となります。

    人気のリゾート地ハワイでの挙式について

    ハワイ挙式|FU・WA・RI

    海外挙式と言えば、やっぱり青空があり、海がありといったリゾート地が思い浮かびませんか?

    やはり人気なのは、ダントツで「ハワイ」だそうです。こうしたリゾート地で結婚式を挙げることを「リゾート婚(リゾ婚)」と呼び、国内であれば沖縄も人気です。

    ハワイの場合、全国の主な空港(北海道・東京・関空・福岡)からも出航している、直行便が出ている、また現地で日本語が通じやすいというのが人気の理由のようです。

    参列者に、おじいちゃんやおばあちゃんがいる場合は、ハワイより近場のグアムが選ばれることもあるようです。

    青空の下のウェディング 雨が降ったらどうなる?

    リゾート婚の写真などを見ていて、不思議だったのは、雨が降った場合の対処方法ってあるの?って思っていて、それに関しても質問してみると、ハワイって雨がほとんど降らないらしいです。

    そういえば、結婚してハワイに住んでいた人が「ハワイの人って傘差さない」って話していたっけなーと思い出しました。

    一番降水量が多い季節でも、1ヶ月や100mm弱。しかも、朝のうちに降ってしまうことが多いため、挙式には影響がないそうです。

    ハワイ平均雨量
    出典:http://www.plus-hawaii.com/go/info/kihon/kiko.html

    雨が降っても、にわか雨程度であること、そしてその後に虹が出ることもよくあるので、ロケーション的にもいい感じになるみたいです♪

    堅苦しくないハワイでの挙式

    南国ハワイで挙式する場合は、日本の形式張った段取りは必要ないから、新郎新婦はじめ、参列者も気楽に参加できるのもメリットの一つです。

    ハワイの正装で参列

    ハワイ挙式 アロハシャツ|FU・WA・RI

    日本で挙式するときは、身内は留袖だの訪問着だの、着付けはどうするなど、とっても面倒くさいイメージですが、ハワイでの正装と言えば、アロハやムームー。

    なので、男性はアロハ、女性はムームーで参列することが多いそうです。

    新郎側・新婦側でそれぞれ色を合わせることもあるそうで、とっても楽しそう。

    ただ、着用してはいけないものがあります。それは下記の通りになります。

  • ビーチサンダル
  • 短パン
  • Tシャツ
  • デニム
  • 花嫁さんも美味しい料理を堪能

    日本の披露宴では花嫁さんは食事をあまり食べられないというのが一般的ですが、ハワイでは挙式後のパーティーで、気にせず食べることができるそうで、ドレスのお腹周りがきつくなってしまう人もいるそうです^^;

    IMG_0138

    引き出物不要

    引き出物は何にしようと悩みますが、海外挙式に参列してくれる方に対しては、荷物になるため、基本的には引き出物不要だそうです。

    何かしたいという場合は、プチギフトとして現地のお土産を用意してあげるといいそうです。

    ハワイ挙式|FU・WA・RI

    ハワイでの挙式は気軽でアットホームな雰囲気になりそうですね^^♥

    ハワイでの教会とチャペルには違いがあった!

    結婚式と言えば、愛を誓う場所である教会やチャペル。私の頭の中では、どちらも同じようなものという認識しかありませんでした。

    しいて言うなら、チャペルはホテルなんかに併設されているものというくらいのイメージでした。

    実は、ハワイでは、式場に教会を選ぶか、チャペルを選ぶかによって、メリット、デメリットがあるのを知りました!

    「教会」というのは、地元の人がお祈りをしにくる場所。まぁ、これは理解できますね。

    IMG_0044

    「チャペル」というのは、“式を挙げるために建てられたもの”なんだそうです

    IMG_0035

    なので、「チャペル」は、景色がキレイなところにあったり、流行の建物だったりするそうです。(今現在なら、ヴァージンロードがガラス張りになっているとか。。。赤絨毯とかはないみたい!)

    ウェディングプランナー的には、「チャペル」がおすすめ。

    その理由は、列席者が待機できる場所があるので、お式の時間まで座って待てる。教会では、待機場所がないので立ちっぱなしで待つことになるそうです。

    また、結婚式を挙げるために建てられているので、ドレスを着た花嫁さんが使うことを前提としたトイレは広くて使いやすいのが特徴。反対に教会のホテルのトイレは狭いそうです。

    緊張すると、トイレに行く回数も増えるので、この点も式場を選ぶ時にはポイントに押さえておきたいですよね。

    ほかにも、チャペルは、パーティー会場に近いところに建てられていることが多いため、移動時間が短縮できるというメリットもあります。

    妊婦さんの海外挙式について

    妊婦さんの海外挙式

    最近は、できちゃった婚も多いため、妊娠中に式を挙げるカップルも増えていますよね。

    妊婦さんの海外挙式についても聞いてきました。

    基本的に妊娠中の場合は、かかりつけ医の承諾が必要とのことです。

    お医者様によっても異なりますが、初期でも行っていいという場合もありますし、安定期に入ってからならと言われる場合もあります。

    多くの妊婦さんは安定期(4~6ヶ月)に行かれるようです。ただ後期に入って、いつ生まれてもおかしくないという時期になると、各航空会社規定により診断書や医師の同伴が必要になります。

    飛行機

    ● JAL
    出産予定日を含め8日以上28日以内の搭乗…診断書の提出が必要
    出産予定日を含め7日以内の搭乗…診断書の提出と医師の同伴が必要
    ● ANA
    出産予定日を含め15日以上28日以内の搭乗…診断書の提出が必要
    出産予定日を含め14日以内の搭乗…診断書の提出と医師の同伴が必要

    参照:http://192abc.com/42733

    また、5日くらいだから。。。と海外旅行保険に加入しない人も多いと思いますが、妊娠中は思いがけない体調の変化もあります。

    海外では救急車に乗るのにも費用が発生するため、お守りだと思って、海外旅行保険には加入しておきましょう。

    クレジット付帯の場合は、どこまで保険が出るのか事前に確認しておきましょう。

    海外挙式をスムーズに行うための段取り

    せっかく海外で挙式するのですから、最高の思い出に残る挙式にしたいですよね。

    結婚が決まってから挙式までの流れを紹介していきますね。

    1.日取りを決める

    スケジュール

    挙式したい日程から遡って、半年前に申込をするのが一般的。

    人気の季節、日程、例えば、10月~11月の大安や土日、春であれば5~6月は、人気の会場がすぐに取れなくなるので、どうしてもここでしたい!というところがあるのであれば1年~1年半前に予約しておくことがおすすめなのだそう。

    早いからと言って、嫌がられることはないとのことなのでご安心を。

    申し込みの時期と同じ時期に、レンタルするウェディングドレスも選びます。妊娠中の場合は、お腹周りや胸が大きくなることも見越して、やや大きめを。

    4月上旬は旅行代金がぐーんと下がるので、費用を抑えたい人にもおすすめ。

    ちなみに、キャンセルは、会社によっても異なりますが、基本的には1ヶ月前で、2ヶ月前というところもあります。

    あと、クリスマス12月25日、年始1月1日は挙式できないそうです。12月24日は会場によるので要チェックです。

    日本人はクリスマスに挙式って憧れますが、基本的にクリスチャンはお祈りをする日なので、挙式ができないようです。

    2.プロデュース会社 or 旅行会社に申し込み

    私は初めて知ったのですが。。。(みなさんはご存知でしょうか?)

    海外挙式や沖縄などでのリゾート婚をする場合、プロデュース会社で申し込むか旅行会社で申し込むかの2パターンあるそうです。

    それぞれ、どちらを選択するかによって下記のような違いがあるそうです。

    旅行会社で申込する場合

    JTBとかHISなどの旅行会社に行くと、海外挙式向けのパンフレットがあるのを見たことがあるでしょうか?

    旅行会社では、パッケージで申し込むことができます。そのため、旅行の手配と挙式の手配すべてしてもらえます。比較的安いのも特徴です。

    また、各プロデュース会社が持っている会場を紹介してもらえるので、いろいろな式場から希望の場所を選ぶことができます。

    ただ、デメリットは、ドレス選びや式の段取りの打ち合わせなどは、選んだ式場を持っているプロデュース会社へ出向く必要があるということ。と言っても、2~3回くらい。

    田舎でプロデュース会社が遠く、旅行会社しかないという場合には便利。

    プロデュース会社で申込する場合

    結婚式のプロデュース会社というものがあり、主なプロデュース会社は下記の通りです。

    プロデュース会社 公式ホームページ
    ワタベウェディング http://www.watabe-wedding.co.jp/
    アールイズ ウェディング http://www.arluis.com/
    クチュールナオコ http://www.couture-naoco.com/
    ベストブライダル http://www.bestbridal.co.jp/
    TUTU(チュチュ) http://www.tutuwedding.com/

    こうしたプロデュース会社で申し込みする場合は、基本的には挙式の手配をしてもらうことができます。

    ウェディングドレス選び、試着、写真のオーダー、ブーケ、式場の手配、パーティー会場での料理の手配などなど、すべてプロデュース会社でしてくれます。

    旅行の手配もしてもらえますが割高に。ただ、自分で式の日程に合わせて手配することもできるので、飛行機はマイルで行けるとか、格安航空券で行って費用を抑えたいという方におすすめです。

    3.旅行の手配は4~5ヶ月前

    旅行の手配

    式場が決まったら、旅行の手配です。出発日の4~5ヶ月前に行いましょう。

    航空券、ホテルの手配。パスポートの期限もチェックしておきましょう。

    旅行会社の場合は、パッケージになっていることも多いので、パンフレットや旅行会社の人の話を参考にして手配してもらいます。

    ご自分で手配する場合、ひとつポイントとして押さえておきたいのは、ホテル選び。

    ここはケチらず、多少高くても素敵なホテルを手配しましょう。

    IMG_0102

    ハワイでの挙式は、ホテルからリムジンに乗って、挙式する会場まで移動するのが一般的。

    リムジン|FU・WA・RI

    そのとき、ホテルで着付けしてもらって、ホテルから移動するというシーンも写真に収めることができるから。

    ハワイ挙式 ホテル

    しょぼいホテルだと絵になりませんからね。写真で残しておきたい場合は、思い出に残る素敵なホテルを予約しておきましょう。とりあえず、式が終わる日まででも(笑)

    4.挙式日3ヶ月前

    ティアラ

    挙式日3ヶ月前に、アルバム、ドレスに合わせる小物など、オプションの相談をします。ちなみに、現地カメラマンは日本語が話せるそうです。

    写真撮影のときのポーズも事前に伝えることができます。使いたいアイテムがある場合は、自分で持参します。

    ブーケのデザインもこの時期に決めます。

    ハワイ挙式 ブーケ

    オーダードレスの場合は、4ヶ月前に出来上がってきているので、この時期に小物選びをします。

    日本で行う披露宴は、スピーチや余興があったり、段取りがいろいろありますが、そのような形式張ったことが基本的にはないので、パーティーの内容と言っても、コース料理、ケーキカットの内容と、手紙などを読むならその進行を相談するくらい。

    ハワイ挙式 ケーキ

    ちなみに、コース料理の試食は事前にできません。が、美味しくなかったなどのクレームは今まで言われたことはなかったそうです。

    挙式日1ヶ月~2週間前

    もう申し込み関係はすべて終わっている状態。

    1ヶ月前には請求書が発行されて、2週間前に入金して、出発日を待ちましょう。

    ちなみに費用はローン会社を通して支払いすることもできます。支払い回数、月々の支払額などはローン会社に相談して決めます。

    ハワイでの日程(例)

    新婚旅行を兼ねて長めの日程を組むカップルも多いと思いますが、最低3泊5日~の日程が必要です。

    1日目
    [日付変更線を超える]
    同日ハワイでの1日目
    22:00出発

    10:00到着→挙式最終打ち合わせ 約2時間

    2日目 挙式&パーティー
    3日目 フリータイム
    4日目 ホノルル出発
    5日目 夕方日本着

    日本である程度の打ち合わせが済んでいるので、ハワイでの最終確認は2時間ほど。リハーサルメイクなどもこのときに行います。

    午前中に挙式、ランチタイムにパーティーという流れが多いのですが、朝はゆっくり寝たい、サンセットの中、挙式したいという場合は夕方からの挙式も可能とのこと。その場合は、ディナータイムがパーティーとなります。

    ハワイ サンセット

    午前中挙式をして、海辺のサンセットで写真を撮りたいという場合も可能ですが、オプションとなるため追加料金が必要です。

    ドレスはレンタルの場合、現地にありますが、オーダーの場合は機内持ち込みで持って行きます。(ロストバゲージの危険性をさけるため)

    ハワイ挙式 ウェディングドレス

    現地でスタッフがキレイにアイロンをあててくれるので安心してくださいとのこと。

    その他 海外挙式について知っておきたいこと

    073d7e9e6cd875dc710b835c838a8e15_s

    写真ができあがるのはいつくらい?

    挙式の写真は、1ヶ月~1ヶ月半後にできあがるのが一般的。

    もし、日本で行う披露宴や二次会でお披露目したい場合は、このくらいの日数は頭に入れて日程を決めましょう。

    データは150枚くらいすべてもらえるそうです。

    挙式の写真について

    チャペルや教会での挙式中(入場~退場まで)の写真は、列席者が撮影することができないところが多いそうです。もちろん、カメラマンが撮影しております。

    また、挙式後、新郎新婦が再入場して撮影できます。

    アレルギーのある子どもの食事について

    パーティーに子供さんがいる場合、子供用の食事の用意はもちろんできますし、ある程度のアレルギー対応もしてもらえるとのことなので、事前に伝えておきましょう。

    ドレスの時に付ける下着について

    ウェディングドレスのときに身に着けるブライダルインナー。

    ブラジャーとウェストニッパーとつながったもの、セパレートのものとありますが、ドレスの線がキレイに出るのは、セパレートのものだそうです。

    また、セパレートの場合、式が終わってからもブラジャーだけ使うというメリットもあります。

    また、挙式までに数回身につけておく、洗っておくことで、当日締め付けすぎなくて楽に過ごせるそうです。

    挙式前日はエステがおすすめ

    飛行機での移動で足や顔がむくんでいたり、疲れが顔に出ることもあるので、着いた日はゆっくりエステで疲れを取り除いておくこともおすすめだそうです。

    男性はめったにしないエステ体験ができるとあって好評なんだそうです。

    私たち結婚式はリゾ婚でした!

    ハワイ挙式|FU・WA・RI

    ハワイやグアムなどのリゾート地で結婚式を挙げた女性5人の体験談です。

    結婚式に掛かった費用やメリット、デメリットについてお伺いしています!

    ハワイで挙式 掛かった費用は200万円以下

    吹き出しホノルルのホテルで、結婚式を行いました。

    良かった点は、結婚式と新婚旅行がを兼ねれたのでトータルでの費用が抑えられたこと、天気もよく海辺で撮影をしましたが、後からみても本当に素敵な写真が残せたこと。

    結婚式は身内のみを呼んで行いましたが、皆ハワイが初めてだということもあり、その高揚感が式自体を盛り上げてくれたところも良かったと感じます。又、行く前からそのホテルに憧れを抱いていて決めたので、ここで結婚式が出来たという満足感もありました。

    逆に、悪かった点は、飛行機の空きが少なくなかなか日取りやプランが決められなかったことで、身内の都合の調整とかが大変でした。元々海外で結婚式を挙げるならそうなるとは予想していましたが、申し込む会社によってもオプションや料金が異なり、使える航空会社も違うなど、比較すればするほど大変な状態になりました。

    又、式前後の日は旅行としてゆったり過ごせたのですが、当日は早朝から慌しく、式の段取りをしてもらう現地の方々(日本人)もバタバタしており、もう少し落ち着いて式を迎えたかったというのが正直な印象です。チャペルの周りで、別のウェディング姿の人を見かけたので、矢継ぎ早に、式をこなしているのかと思われます。

    せわしない挙式は避けたい人は、1日何組の人が挙げるのか?などを事前に聞いておくのも参考になるかと思います。

    ハワイで挙式 掛かった費用は約400万円

    吹き出し悪かった点は、やはり式に来れる人が限られてしまうことです。「えーハワイなの!?すごーい、でも行けるかなぁ…」という友人のリアクション、そして結局行けないと言われることが多かったです。

    旅費もかかるので仕方のないことだと思いますが、国内だったらもっと来てくれたのかなぁと思うことはあります。

    後は海外婚ということで準備が色々大変でしたが、国内でも挙式には様々な準備が必要なので、その辺はあまり気にしていません。

    悪かった点よりも良かった点が圧倒的に多いです。

    やはりあれだけ自分たちだけのためにお金と時間を使う機会は、これから先もうないと思います。最高の贅沢でした。

    私は夫がアメリカ人で、私の両親は英語を話さないのでそれまでどこかずっと夫に気を使っていましたが、ハワイで一緒の時間を過ごしてから本当の意味で緊張が解け、家族になれたように思います。

    夫の両親とも打ち解けて、お互いなんとかコミュニケーションをとろうとしていました。

    式についても、あの一体感が実現したのはハワイというリゾート地でみんな一緒にリラックスした効果のおかげだと思います。

    ハワイで挙式 掛かった費用は約260万円

    吹き出しハワイのオアフ島、コオリナチャペルで身内だけで挙式しました。

    日本で披露宴をするよりも安く、また両親や兄弟、甥っ子姪っ子とハワイに行くことも良い思い出になりました。

    日本では中々乗ることの出来ないリムジンがホテルまでお出迎えしてくれたりと挙式当日はホテル出発時点からドラマチックな演出が待ち構えています。

    オアフ島のコオリナ地方では雨が少なく年間では晴れの日が多いので、挙式当日はしっかり晴れてくれました。青い海をバックに、素敵なチャペルでの挙式、挙式が終われば浜辺で写真タイム。

    プロのカメラマンが自然に撮ってくれたり、参列者達と自由に写真を撮ったり。そのあとはチャペル横のレストランで参列者達とお食事タイム。参列者も身内だけなので気を使うことなく青い海を見ながらゆっくりと食事が楽しめます。

    ホテルに帰ってからもスウィートルームで宿泊していればワインやフルーツのサービスが受けられます。ハワイでの挙式は日本では味わうことの出来ない雰囲気を味わうことが出来、また映画の中のワンシーンの様な体験が出来ます。

    グアムで挙式 掛かった費用は200万円以下

    吹き出し昔から海外で挙式をする事が夢だったのでとても良い思い出になりました。本当はハワイでの挙式が良かったのですが予算の関係でグアムになりました。

    思った以上に開放感もあり、ショッピングも楽しく出来ましたし、ブランド物が安く購入できたのが嬉しかったです。

    挙式自体は家族のみの式でしたが、教会の雰囲気や外の風景などもとてもよく写真が映えます。移動も全てリムジンを手配してくれましたが、金額もそこまで高いわけではなかったです。

    夜のホテルの食事では外国の方がダンスをしたり特殊な芸をしたりと楽しかったです。

    1週間の宿泊で行ったのですが、毎日出てくるホテルの食事がほぼ同じでした。朝はバイキングだったので良かったのですが、夜は3日目には飽きたので別のお店に行ったらとても高くてびっくりしたので事前リサーチが必要です。

    後は分からない事があっても現地の方に日本語で通じ事も多く、少しの英語力しかなくても困る事がなかったので安心しました。

    ハワイで挙式 掛かった費用は約260万円

    吹き出し2014年にハワイで挙式しました。

    ハワイへは年に一度くらいのペースで旅行しており、結婚式は是非ハワイでと決めていました。主人にとっては初めてのハワイであり、参列者にとって負担になるのではないか?と不安な部分もありましたが、リゾートならではの開放感やハワイの持つピースフルな雰囲気にそんな想いも吹き飛びました。

    参列者の為に挙式の日以外のスケジュールも組み、ハワイを満喫できるように計画しました。到着した翌日が挙式だったので、現地コーディネーターとの打ち合わせ、主人のタキシードが現地レンタルだった為、衣装合わせ、参列者の顔合わせ、と1日目からかなり慌ただしく国内での挙式とは異なる点だと思います。

    フォトやビデオをお願いしていたのですが、やはりリゾートという事もあり綺麗な海やビーチをバックにしての撮影は素晴らしいものになりました。

    普段なかなか一緒に過ごすことの出来ない身内や友人とハワイという特別な場所で過ごすことが出来たことも良い思い出となりました。

    まとめ

    ハワイ挙式|FU・WA・RI

    ふんわりと、海外挙式っていいなーって思っていましたが、堅苦しい挨拶や進行もなく、面倒くさがりの私にはピッタリだなーって感じました!

    日本で挙式、披露宴して、その上、新婚旅行までとなると、費用もかさむし、海外挙式の方が安くつきそうです。

    また、挙式、パーティーだけで終わりではなく、翌日、みんなで観光したりすることによって、両家が仲良くなれるっていうメリットもあると聞いて、なんだかいいなーって思いました!

    もし、相手が見つかって(笑)結婚式をすることになったら、海外挙式を第一候補に考えますー。




    キーワード