FU・WA・RI
FU・WA・RI > 健康・美容 > 脱毛 > ムダ毛0宣言!!EpiBeaute(エピボーテ)除毛クリーム体験レビュー

ムダ毛0宣言!!EpiBeaute(エピボーテ)除毛クリーム体験レビュー


こんにちは、キラキラ女子目指して奮闘中のまりなです。


✔ムダ毛が気になるけど処理する時間がない
✔脱毛サロンに行ってる時のムダ毛処理ってどうするの?


などなど、女性にとってムダ毛は大きな悩みの種ですよね。

私も実は毛深いのが悩みで、肌の露出があまり好きじゃありません(;^ω^)

頑張って処理しても、すぐ生えてきてちくちくして来るし、除毛サロンの体験行ったら、「毛穴が深いから回数多めにしないと」って言われて、それ以来は恥ずかしくて行けていません(笑)

でも、肌を見せるおしゃれもしたい、来年の夏こそと、「除毛クリーム」を探してみました。


そこで見つけたのが、今回、紹介する「EpiBeaute(エピボーテ)」です。

除毛クリームってニオイがきついし、ヴィ○テの除毛クリームを使って肌が荒れたこともあって、悪いイメージしかなかったのですが、「EpiBeaute(エピボーテ)」は美容成分も含まれていて、ニオイも抑えられているということで、除毛クリームに再挑戦してみることにしました!!

自宅で出来るムダ毛ケア

ADリッチクリーム

最近は、ムダ毛ケアの方法も様々で、脱毛サロンも多くなりましたよね?

でも、サロンに行くには費用もかかるし、人に体見られるの恥ずかしいし、気が進まない。

サロンに行ってみたけど、高いだけであまり効果がなかった。

カミソリや毛抜きで処理すると、お肌が荒れてしまう。

ムダ毛ケアの方法を選ぶにも、いろいろ悩んでしまいます。

その点、除毛クリームは自宅でも簡単に出来るし、誰かに見られることもなく、最近はお肌に良いものもあって女性の間では人気があるそうです。

除毛クリームとは

EpiBeaute


除毛クリームは、生えている毛を化学成分で溶かしてから取り除く仕組みになっています。

毛を溶かし、ちぎっている状態なので、永久脱毛のように毛が生えてこなくなるというわけではありません。

最近、脱毛クリームというものもありますが、脱毛クリームと除毛クリームは名前が違うだけで、ムダ毛処理の方法は同じです。

脱毛クリームのほうが毛が抜けそうな感じがしますが、毛を溶かしてちぎるという部分は同じです。

なぜ除毛クリームが人気なのか、除毛クリームのメリットとデメリットと一緒に見ていきましょう。


除毛クリーム3つのメリット

3

自宅で出来るムダ毛ケアの中では、除毛クリームは優秀ですよね?

除毛クリームのメリットを3つ紹介します!!

①チクチクしない、黒いポツポツが気にならない

カミソリ

カミソリで剃った後って、短くなった毛がチクチクしませんか?

私も腕の毛を剃ったとき、友達と腕が当たり「チクチクする!」と言われたことがあります(´・ω・`)

でも、毛が生えてるよりマシだと思って剃ってたけど、2回に1回は切り傷を作ってしまうので、個人的にカミソリ苦手です。

毛抜き

また、毛抜きで抜くという方法もありますが、ムダ毛で悩んでいる「ムダ毛女子」には不向きな方法です。

時間がいくらあっても足りません!!

しかも、毛抜きで抜いていると時々埋没毛になってしまい、黒いほくろみたいになってしまいます。

除毛クリームなら、そんな心配はいりません。

毛を溶かすときに、毛先を細くしてくれるので、除毛後もチクチクしないし、毛穴からしっかり除毛するので、黒いポツポツが残ることもありません。


②短時間で簡単お手入れ

除毛

除毛クリームは5分~10分で、ムダ毛処理が出来るので楽ちん。

カミソリや毛抜きだと、時間がかかっちゃうけど、除毛クリームなら、除毛したい部分に塗ってから5分程度で除毛出来てしまうので、忙しくても手軽にムダ毛ケアが出来ちゃいます。


③脱毛サロンに通いながらも使える

女性

脱毛サロンに通っているときは、毛の周期が変わるからムダ毛処理は控えるようにと言われてしまいます。

でも、夏の薄着の時期やプールや温泉旅行などのお出かけの予定があるときは、ムダ毛処理するしかありませんよね。

そんな時に活躍するのが除毛クリームです。

カミソリのようにカミソリ負けして傷が出来ることもなく、毛の根元から引き抜く毛抜きのように毛の周期を乱すこともありません。

除毛クリームは、毛の根元を溶かして毛を取り除くので、毛の周期を乱さずに脱毛サロンに通っている間もムダ毛処理として使えます。

肌が荒れたり、炎症を起こしてしまうと、脱毛サロンの施術が受けられなくなる可能性があるので、医薬部外品に指定されているお肌に優しい除毛クリームを使うようにしましょう。


除毛クリーム2つのデメリット

逆に、除毛クリームのデメリットとは?

①顔やVIOのムダ毛処理はできない

デリケートゾーンかゆみ

除毛クリームは、粘膜に近い部分には使用しないほうがよいと言われています。

最近は、デリケートゾーン用の除毛クリームもありますが、基本的には顔やデリケートゾーンには使用できないそうです。

除毛クリームによっていしいようできる部位が表示されているので、どこに使えるか確認してから使うようにしましょう。


②一時的な効果

デリケート黒ずみ

除毛クリームもカミソリや毛抜きのように、完全に脱毛してくれるというわけではないので、定期的なお手入れが必要になってきます。

毛が生えてこなくなるというのは、とても難しく、脱毛サロンに通っていても2~3年かかると言われています。

除毛クリームでも、最近のものは「抑毛成分」が配合されていたりして、毛が生えてくるのが遅くなってきたという評判もあるので、自宅できちんとケアを続けられそうなら、除毛クリームでのケアも悪くないでしょう。

自分に合った除毛クリームを選ぶ3つのポイント

3

除毛クリームってたくさんあってどれを使えばいいか分からないという方は、参考にしてください。


①肌質にあったものを選ぶ

最近では、保湿成分、美肌成分が配合されている除毛クリームが多いので、乾燥肌や敏感肌でも、自分んお肌をしっかり守ってくれそうな成分が入っていっるか確認しましょう。

また、医薬部外品に指定されているものは、一般の除毛クリームに比べて低刺激なので、刺激が強そうで心配という方は、医薬部外品に指定されているものをおすすめします。

今回、私が使ったEpiBeauteも医薬部外品に指定されている除毛クリームです♪


②使える部位を確認

一般の除毛クリームは顔やデリケートゾーンには使えないので、デリケートゾーンのムダ毛を処理したい方は、デリケートゾーン用の除毛クリームを使いましょう。

顔に使える除毛クリームは、まだ聞いたことがありません(; ・`д・´)

顔のムダ毛を処理したいなら、カミソリか脱毛サロンという選択肢になってしまいそうです。


③香り付きを選ぼう

顔汗止める

私が使ってみたEpiBeaute(エピボーテ)もローズの香りがするのですが、このように香りがついている除毛クリームがおすすめです。

ドラッグストアでよく見かけるヴィ○テの除毛クリームはニオイがきつく、お風呂で使うと、その日は浴室が除毛クリームのニオイで充満しているというくらいニオイがきついです。

香りがついている除毛クリームは、除毛クリーム特有のツンとした香りが少ないので、絶対に香り付きをおすすめします。

では、実際に私が使ってみたEpiBeauteをご紹介します(/・ω・)/


「EpiBeaute(エピボーテ)」ってどんなブランド??

EpiBeaute

「EpiBeaute」って、あまり聞きなれないですよね??

最近は、雑誌にも掲載されているようですが、私はネットで「除毛クリーム」を探しているときに、初めて知りました。

まずは、EpiBeauteがどんなブランドなのか簡単に紹介していきます。


お肌に優しい除毛クリーム

除毛クリームって、ツンとしたニオイで、刺激が強くて、肌がいたみそう、といったイメージがありませんか??

私だけかな(;^ω^)??

私は、昔ヴィ○テの除毛クリームを使って、肌にぶつぶつが出来たことがあって、その時から除毛クリームに良いイメージがありませんでした。


サロンは高いし、毛深すぎて恥ずかしい、カミソリを使うたびに切り傷が増えていく、一時は毛深さを受け入れるしかないのかと諦めかけたときに、お肌ケアを同時に出来る除毛クリーム「EpiBeaute(エピボーテ)」に出会いました。

EpiBeauteがお肌に優しい理由

✔保湿成分たっぷり
✔お肌に優しい無添加
✔10種の厳選天然成分配合

配合されている天然成分

ダイズエキス、アルニカエキス、セイヨウキズタエキス、スギナエキス、オトギリソウエキス、セージエキス、セイヨウノコギリソウエキス、アルテアエキス、カモミラエキス、トウキンセンカエキ


特に、ダイズエキスやカモミラエキスは高い保湿力を持つ成分なので、除毛後のケアも同時に出来るんです。

よく除毛クリームと抑毛ローションをセットで売っているけど、これなら除毛クリームだけで除毛後のケアも出来るからコスパもいい♪

でも、お肌に優しいと、除毛効果ないかも?毛深くても大丈夫なの?と疑心暗鬼になってしまいますよね?

効果面ではどうなのかみていきましょう♪


毛深い女子でも大丈夫?

フィルナチュラント

私、毛がふさふさなほうなので、毛深くても大丈夫なのか気になるところです。

EpiBeaute

EpiBeauteは厚生労働省に認可されている「医薬部外品の除毛クリーム」です。

除毛有効成分「チオグリコール酸カルシウム」は、除毛成分の中でも一番除毛効果の高い成分なので、どんな剛毛でもしっかり処理できるそうです!!


期待が高まりますね(/・ω・)/


公式サイトを見ると、除毛効果を実感した人たちの口コミも見れました。▶公式サイトはこちら

口コミも詳しく書いてくれていて、ムダ毛の悩みも共感できるものばかり。

世の中には同じようにムダ毛で悩んでいる人が多いんだなあと仲間意識が芽生えました(笑)

じっくり悩んだ結果、美容成分、保湿成分が配合されていて、お肌にも優しい、そして毛深くても大丈夫ということで、実際に購入してみることに(^^♪


EpiBeaute(エピボーテ)を使ってみた感想

EpiBeaute(エピボーテ)の使い方から、気になる除毛効果など、詳しくお伝えしていきます。

使い方

使い方は、簡単にいうと「塗る」→「待つ」→「流す」です。

  • STEP1 除毛したい部分に除毛クリームを塗る
  • EpiBeaute

    購入特典でついてくるスパチュラ(ヘラ)を使うと塗りやすいです。


    EpiBeaute

    スパチュラで毛が覆われる位の厚さに、均等にムラなく伸ばしてください。

    なめらかなテクスチャのクリームなので、伸びも良く、塗りやすいです。

    EpiBeaute

    こんな感じです!!

    除毛

  • STEP2 5~10分間放置した後、付属のヘラ、ガーゼ等で擦らずに、ふき取ります。
  • 毛根の深さ、毛深さによって時間は調節してください。

    ただし、最長15分までとなっているので、15分以上の使用は避けましょう。

    EpiBeaute

    私は5分では足りず、結局10分間放置しました。

    EpiBeaute

    10分後、ヘラでふき取ると、こんな感じになります。

    除毛 除毛

    まだ毛が残っている気もするけど、ここで洗い流します。

    もうちょっと置いときたい場合は、15分まで置いてみましょう。


  • STEP3 肌にクリームが残らないように洗い流す
  • 擦らずに、さするような感じで洗い流しましょう。

    個人的にはぬるま湯がおすすめです。

    冷たい水よりぬるま湯のほうがさらっと落ちてくれます。

    さっきは、除毛出来てる?!と思ったけど、洗い流してみると、きれいになってました!


    除毛の効果は??

    今回は指の毛とすね毛で試してみました。

    指のビフォーアフターはこんな感じ。

    除毛

    黒いポツポツもなく、肌が赤くなることもありませんでした。

    某女優さんがドラマの指輪をはめるシーンで、指毛がボーボーだったと言われていましたよね?

    指毛って見てる人は見てるので、きちんとムダ毛ケアしとかないとと思いました。


    カミソリで剃ると、毛穴が目立って、チクチク、ぶつぶつなのですが、除毛クリームだと毛先が丸くなるので、毛穴が目立つこともありませんでした(/・ω・)/

    すね毛はこんな感じです。

    除毛

    除毛の効果を紹介したく、すねの一部分だけ除毛した結果、円形脱毛症みたいになってしまいました(笑)

    指毛より、除毛効果が分かりやすいと思います。

    除毛後、つるつるしていて、さわり心地が良かったので、感動しました。

    今、除毛後3日目くらいなのですが、チクチクすることもなく、除毛後のお肌を保っています。

    カミソリよりもムダ毛処理頻度が少なくてよさそうです♪

    抑毛効果あるダイズエキスも入っているので、使い続けたら毛が生えてくるスピードも遅くなりそうです!!

    正直な口コミレビュー

    私が、除毛クリームを使うとき、気になるニオイと肌荒れについてお伝えします。

    除毛クリーム特有のニオイ

    女性

    さっきから何度も言っているのですが、ヴィ○テの除毛クリームのニオイが本当に苦手で、除毛した部分まで除毛クリームのニオイになってしまう経験から除毛クリームがトラウマだったのですが、EpiBeaute(エピボーテ)の除毛クリームは、多少ツンとした香りはあっても、お風呂場ににおいが充満したり、お肌にまでニオイがつくということはありませんでした。

    ローズが配合されているおかげで、香りもマイルドになり、刺激の強そうな鼻にくるニオイではないので、一安心。

    香り配合の除毛クリームを使うのは初めてだったのですが、普通の除毛クリームより断然おすすめです。

    肌荒れ

    ブースター化粧品

    カミソリでムダ毛処理した時は、カミソリ負けしちゃうし、ヴィ○テの除毛クリームを使った時もお肌がかゆくなってしまったので、今回も肌荒れが少し心配でした。

    でも、使ってみると、除毛クリームを置いているときも、洗い流した後も、かゆみもなく、肌が赤くなることもありませんでした。

    除毛後のケアもしてくれる美容成分が含まれているし、医薬部外品に指定されているので、低刺激なんですね♪

    ただ、人によっては肌に合わない場合があるので、使用前にパッチテストをして、使用中にかゆみを感じるようなことがあれば、すぐに洗い流しましょう。

    毛を溶かすものなので、低刺激と言っても、化学物質を使っているものなので、特にお肌が弱い方は注意してくださいね。

    毛の周期に合わせて除毛しよう

    私たち女性に生理の周期があるように、毛も生え変わる周期があります。

    除毛

    カミソリで処理する場合は、成長期で出てきている毛をそるだけなので、次の日また毛が生えてきてしまったりもします。

    しかし、EpiBeauteの除毛クリームの場合は、抑毛効果のあるダイズエキスが毛穴に浸透してくれるので、継続してお手入れをしていくと、毛が生えてくるスピードが遅くなっていくそうです。


    きちんと毛根にまで、浸透するので、継続的に使うと効果がありそうですね。

    そして、カミソリと違って、毛先が細くなっていくので、目立たないムダ毛になっていくのも嬉しいです。

    カミソリ

    よく、カミソリで処理すると毛が太くなると言われますが、毛自体が太くなるのではなく、毛をカットすることによって、毛の断面の表面積が大きくなってしまうことから、毛が濃くなったように見えてしまいます。


    EpiBeaute(エピボーテ)を継続的に使うと毛先も細くなり、毛が生えてくるスピードも遅くなり、カミソリと違って毛根まで成分がしんとうするので、バラバラだった毛の周期も合ってくるので、こまめにムダ毛処理をする必要がなくなってくるので魅力的です。

    使うなら、根気強く、ずっと使っていきたい除毛クリームですね。

    気になる価格は?

    hariplacenta

    EpiBeauteは単品購入と定期便コースが選べるのですが、、わざわざ注文しなくても、定期的に送られてくる定期便が便利です。

    買い物に行くのも面倒な私には嬉しいシステムです♪

    毛が生えてくる間隔があいてきたら、定期便のお届けの周期も変更でき、自分のムダ毛処理の周期に合わせられるので、使ってない除毛クリームが溜まっていく心配もないですね。

    そして、現在キャンペーン中で、通常価格よりだいぶ安く買えます(*^^)v


    単品で購入する場合

    EpiBeaute(エピボーテ)単品購入の価格はこちらです。


  • 通常価格:4,480円(税込)
  • キャンペーン価格:3,480円(税込)【WEB限定】
  • 送料:500円※5,000円以上購入で送料無料

  • もっとお得な定期購入

    EpiBeaute(エピボーテ)は、定期購入で購入するともっとお得です。


  • 通常価格:4,480円(税込)
  • キャンペーン価格:2,980円(税込)【約40%オフ】
  • 送料無料

  • 私は毛が多く、1か月で1本くらいは使いきってしまうので、定期便コースに申し込んでいます。
    定期的のお手入れするなら、月1自動的に送ってもらったほうが手間も省けるし、単品購入よりお財布にも優しいので嬉しいですね。

    あなたも一緒にムダ毛0女子を目指しましょう(^O^)


    EpiBeaute(エピボーテ)はどこで買える?

    スマホ

    EpiBeaute(エピボーテ)の除毛クリームは、楽天などのネット通販サイトでは取り扱っていません。

    購入するなら▶EpiBeaute(エピボーテ)公式サイトへ


    公式サイトで購入すると、WEB限定の割引価格や40%割引価格で購入出来る定期いコースでの購入も可能です!
    自宅でのムダ毛セルフケアを実践してみようという方は、EpiBeaute公式通販サイトへ!

    Epibeauteボタン


    まとめ

    久しぶりに挑戦してみた除毛クリームでしたが、最近のものは臭くないし、お肌にも優しいんですね。

    これなら私でも続けられそうです。

    ムダ毛って見られてないようで、見られている部分だと思うので、これからもちゃんとムダ毛処理していこうと思います。

    来年の夏は、ムダ毛を気にせず洋服もプールも楽しみたいなあ☆彡

    EpiBeaute




    キーワード